Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 365、OutlookなどMicrosoftアカウントで大規模障害発生(現在は復旧)

Microsoftは、3月7日夜からOutlookをはじめとするMicrosoftの関連サービスでログインできない問題が出たようだ。

f:id:officekun:20170308184839p:plain

 

 原因は、Microsoftアカウントのサーバが一部ダウンしていることと言われている。

 

それによって、メールサービスでパスワードを要求されるが、入力してもそのアカウントが存在しないと返され、ログインに使われるlogin.live.comの接続も不安定になった。

 

午後12時、Microsoft広報担当者が「一部の顧客が一部のサービスにサインインしにくい状態だった可能性がある。この問題は解決した」と発表した。

 

もし、iOSなどでパスワード再入力が何度も促される場合は、「設定」-「メール」から正しいパスワードを入力し、サービス連携を再度行う。

 

ログインできないサービスは、Outlookだけでなく、Microsoftアカウントを使用しているXboxSkype、OneDrive、Office 365でも同様の障害が起きているという報告もある。

 

Office 2016 の32bit版と64bit版の違いは?32bit版をダウンロードする理由を紹介する

Office 2016をダウンロードするには、互換性の問題などから64ビット版よりも32ビット版の選択をオススメします。

f:id:officekun:20170304185607p:plain

 目次

 Office 32bit版と64bit版の違いは?

Office 2016をインストールするときに、32bit版と64bit版があることに悩むと思います。

さて、Office の32bit版と64bit版の違いはなんでしょう。

まずbit(ビット)ですが、これは1度に処理できるデータの量です。

ということは、64bit版は、32bit版よりも多くのメモリにアクセスできるということになります。

64bit(ビット)版 Office のメリット

1. 64 ビット版の Office では、複雑な計算、多くのピボットテーブル、外部データベースへの接続、PowerPivot、PowerMap、3D マップ、PowerView、Get & Transformなどを利用している複雑な Excel ワークシート の作業をする場合パフォーマンスが向上する。

2. PowerPointで大容量の画像、ビデオ、またはアニメーションを処理する場合に適している。

3. 特に大規模なプロジェクトを構成する多数のサブプロジェクトを扱う際に 2 GB 以上の Project ファイルを使う場合。

4. アドインやドキュメント レベルのカスタマイズなど、社内 Office ソリューションを開発している場合は、64bit(ビット)版Office を使用すると64bit版、32bit版2つのソリューションを提供できるようになる。

5. 組織が Office アプリケーション用のハードウェア データ実行防止 (DEP) を必要とする場合、64 ビット版が、常に DEP が自動的に選択されます。

 

以上です。

32bit(ビット)版 Office のメリット

1. 代替の 64 ビット版のない 32 ビット COM アドインの場合。
2. 代替の 64 ビット版のない 32 ビット版のコントロールを使用している場合。

3. VBA コードが Declare ステートメントを使用する場合。

4. Outlook 用の 32 ビット MAPI アプリケーションがある場合。
5. 32 ビット OLE サーバーまたはオブジェクトをアクティブ化している場合。

6. SharePoint Server 2010 を使用していて、[データシートで編集] ビューが必要な場合。

7. 32 ビット版の Microsoft Access.mde、.ade、.accde データベース ファイルが必要な場合。

8. 従来の数式エディターや Word の WLL (Word アドイン ライブラリ) ファイルが必要な場合。

9. PowerPoint プレゼンテーションに古い埋め込みメディア ファイルがある場合 

 引用;

64 ビット版と 32 ビット バージョンの Office 間での選択します。 - Office のサポート

 

Office 32bit 版と 64bit 版の互換性の問題

マイクロソフトとしては、64bit版のOfficeは特別な理由が無い限り使わず32bit版の利用を推奨するみたいな情報を公式に出しています。

Office をインストールするときに、利用しているPCの32 ビットか64 ビットを確認してください。

32 ビット版の Windows を使用している場合は、32 ビット版の Office のみをインストールできます。

64 ビット版の Windows を使用している場合は、32 ビット版の Office または 64 ビット版の Office をインストールすることができます。

また、32bit版向けに開発さたアプリケーションやアドインは64bitで動作されないことが多いので、互換性の問題が発生すため、32bit版のインストーリをオススメしている。

 

 最後に、32bit版のダウンロードをおすすめ

Microsoft から推奨されている のは、Office 32bit 版 です。

理由は、互換性の問題が発生すためです。

 互換性の問題について詳しく内容は、次の記事でまとめて書こうと思っています。

こちらは、Office Premium からオフィス2016をインストールする際のOffice 32bit 版と 64bit の選択画像を提示している。

 

Office 365 Solo 無料試用版の自動有料化ををキャンセルする

Office 365 Solo 無料試用版をサインアップから 30 日以内にキャンセルすると、請求されません。

 

Microsoft Office365 Solo無料試用版は、1 か月無料で利用できるソフトです。しかし、1 か月の無料試用期間が終了すると、¥1,274/月相当でのご利用となります。体験版をダウンロードして放置しておくと有料料金が発生する仕様になっています。

 

ここは、体験版の無料期間が切れたら自動更新させずに契約を終了させる方法を紹介します。

 

Office 365 Solo 試用版に関連付けられている Microsoft アカウントを使って、https://account.microsoft.com/services のページにサインインします。

1.「サインイン」をクリックします。

f:id:officekun:20170304115849p:plain

 

2.「メールアドレスまたは電話番号」と「パスワード」に、Office365 Soloの体験版登録時に使ったMSNアカウント情報を入力し、「サインイン」を選択します。

f:id:officekun:20170304115958p:plain

 

3.「アカウントの管理」を選択します。

f:id:officekun:20170304120840p:plain

4.「自動更新をオフにする」を選択します。

 

 

f:id:officekun:20170304121109p:plain

5.「自動更新をオフにする」をクリックします。

f:id:officekun:20170304121735p:plain

 

6.「続行」をクリックして完了します。

f:id:officekun:20170304122643p:plain

 

Office 365 Solo 試用期間の終了後もしばらくは Office の使用を継続することができます。

最終的には、Office は表示のみのモードが実行され、ライセンスのない製品の通知が表示されます。

まだドキュメントを開いて印刷することはできますが、それらを編集したり、ファイルを新規作成することはできません。

追加の OneDrive ストレージや Skype 通話プランなど、サブスクリプションに含まれているサービスを利用することができなくなります。

 

Office 365 Solo 試用版とは?30日間使い続けた感想など

f:id:officekun:20170303104825j:plain

Office 365 Solo を無料で30日間試すというサービスをご存知ですか?

30日間無料で利用した経験者が、Office 365 Solo の特徴や感想、利用できる機能を皆様にお伝えします。

 目次

Office 365 Solo 試用版の特徴

 

• Office 2016 バージョンの Word、ExcelPowerPointOutlook などのフル機能のアプリケーション。

• 最大 2 台の PC または Mac へのインストール

• 最大 2 台のタブレットと 2 台のスマートフォンへの Office モバイル アプリのインストール

• 1 TB の OneDrive クラウド ストレージ。

• クレジット カードが必要です。Office 365 Solo は、1 か月の無料試用期間が終了すると、¥1,274/月相当でのご利用となります。いつでもキャンセルできます。

 

officekun.hatenablog.com

従来のパッケージ版のOffice製品と比べると、Office 365 Soloは、利用期間に応じて料金を支払う、“サブスクリプション型”の製品となっています。

いつでもキャンセルできるということで、個人的に利用するにはコストを低下します。

 

次は僕が30日間で利用したOffice 2016 アプリと、実際に利用しての感想などを記します。

使えるOffice 2016 アプリ

最新版のOffice 2016 アプリが利用可能。

 Word 

Excel

Outlook

PowerPoint 

OneNote 

Access 

Lync

 最大2台のPC と Macで利用可能

デスクトップ上に Office 2016 アプリを無料でダウンロードしてインストールできます。Word、ExcelPowerPointOutlook などの無料試用版が含まれます。

例えば、ノートPCとタブレットPCを持っている場合でも、双方にOffice 365 Soloをインストールして同時利用できるのだ。加えて、WindowsだけでなくMacでも利用可能。

こちらは、Office 365 Soloの魅力のひとつ。

 

常に最新バージョンにアップデート

Office 365 サブスクリプション期間中はいつでも最新の Office アプリケーション、機能、サービスが利用できます。

例えば、今後Office 2019(?)といった、新しいOffice製品が出た場合でも買い替える必要が無いことを考えると、パッケージ版にはない特典と思います。

 

Office 2016 最新機能について

 

共同作業が簡単に

Word、PowerPointOneNote の共同編集機能で、他のユーザーの編集内容を表示します。編集中のドキュメントもワンクリックで共有できます。

 

いつでもどこでも Office と一緒に

 

デスクトップ PC に限らず WindowsApple®、Android™ の各デバイスで、ドキュメントのレビューや編集、分析、プレゼンテーションが行えます。

 

Windows 10 に最適

「自分にはどうも合わない」と判断したら有料に移行する前にキャンセルしたら良いんですよ。

 

 

Office と Windows 10 の組み合わせは、シンプルなサインインから組み込みの共有機能やストレージまで、作業の生産性を高める機能を備えた最高のソリューションです。

 

1か月無料だし、利用しないならいつでもキャンセルOK

 

「自分にはどうも合わない」と判断したら有料に移行する前にキャンセルしたら良いんですよ。

 

というわけで今回は、Office 365 soloの内容を紹介しました。

 

やっぱり長く使い続けるほど、Office 365 soloのコストはどんどん高額になりますね。しかし、最大2台のPC と Macで利用することを考えば、お得とも感じる。もし、1台のパソコンだけで利用するならOffice Premium をオススメします。

 

Microsoftをかたるフィッシングメールが出回っている「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」

「警告!!マイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされている恐れがあります。」または「警告!!ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています。」という、マイクロソフトセキュリティチームをかたるフィッシングメールにご注意。

 

 

フィッシングメールの内容は、

「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」

「お客様のOfficeのプロダクトキーが不正コピーされていることが日本マイクロソフトに検出されました。正規版の利用者であれば、日本マイクロソフトの認証にご協力ください。でなければ24時間後に当プロダクトキーを無効にします」

と表示し、Microsoftアカウントとパスワードの入力を促す。

 

画像:フィッシングメールの内容
フィッシングメールの内容

 

「今すぐ認証」をクリックすると、Microsoftアカウントのサインイン画面が表示される。

Microsoftアカウントのメールアドレスとパスワードを入力すると表示される「詳しいお客様情報の追加」の画面は、氏名、住所、電話番号、クレジットカード情報の入力を促すものとなっている。

 

 

該当のメールは開かず、削除してほしい。万が一アクセスしてしまった場合も、Microsoftアカウントのメールアドレス、パスワード、クレジットカード情報などを絶対に入力しないよう注意してほしい。

フィッシング対策協議会では、偽サイトのURLとして「http://popular-●●●●.com/」「http://dudu●●●●.com/」「http://taste-●●●●.com/」「http://support-securityprotection-●●●●.com/」「http://support-securityteam-●●●●.com/」といったものを挙げている。

Microsoftをかたるフィッシングメールが、1月12日と1月30日にも出回っていた、2月27日時点で停止されていることが確認されていたが、その後、2月28日に再稼働が確認されたという。

マイクロソフトをかたるフィッシングメールについては、、フィッシング対策協議会が注意を喚起している。