Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office2016 を買うならどの形態を選ぶべき?価格面で比較

Office 2016 には、ダウンロード版ンやパッケージなど複数の購入形式が 導入されましたが、どれを選ぶとお得でしょうか?。ここは、Office 2016 を購入する3つの形態を機能と価格面で比較して、最安値で購入方法を教えます。

 




Office365 の価格

 

 買い物するとき、商品のすべての種類をそろえて、その中から自分の好きなもの買うのは当然でしょう。あるいは、ヤフーショッピング!や楽天オークションなどを利用して、同じ商品の値段を比較しながら、良い物を安く購入するのって楽しいですよね。

 最近、仕事でWord、Excelが必要になり、ネットで通販されているいろいろ種類のOffice製品の中からOffice365ProPlusを最安値で契約しました。

 

■1, Office 2016 の導入形式は3種類に分けれる

 

今回は、Office 2016を使うには何を買えばいいのか、現在家庭向けに販売されているOfficeについて価格や販売形態についてまとめてみました。

わかりやすくするために家庭用Officeの販売形態の種類、独自の分類分けにしています。

 

● Office Premium(プリインストール版)
● Office 2016(永続ライセンス版)
● Office 365 (サブスクリプション版)

 

Office 2016の発表に伴い、パッケージ版の代わりとしてライセンスキーが書かれたPOSAカードが提供されるようになり、マイクロソフトアカウントの取得が必須になっています。ネットワークにて、購入したプロダクトキーを入力して、ダウンロードするようになりました。 

 

f:id:officekun:20161015123029j:plain

目次にもどる

 

■2, Office Premium(プリインストール版)

プリインストール版はパソコンにあらかじめインストールされた形での提供形態です。したがって、「インストールされていたパソコンが壊れるまで」永続的に使用することができます。買ったパソコンでのみ使用可能で、他のパソコンへのライセンス移管などは不可能です。最新版Officeへのアップグレードも可能です。

Office2016のアップグレードに料金はかかりません。

しかし、Office2016にアップグレードすると、2013は消えてしまう。

 

「Office Premium」には、三種類のエディションが用意されていて、含まれるソフトが違います。

 それぞれに分けると以下の通りです。

 

● Personal;Word,Excel,Outlook

● Home&Business;Word,Excel,OutlookPowerPoint,Onenote

● Professional;Word,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote,Publisher,Access

 

他にも1TBのオンラインストレージや毎月60分間の無料Skype通話サービスなどのOffice365サービス(1年間)が付属します。2年目以降もサービスを受ける場合は、年額\6,264(税込み)のサブスクリプション契約として継続できます。Office 365サービスを延長しない場合はOffice Mobileの利用権を失います。しかし、デスクトップ版Office本体は利用できます。

f:id:officekun:20161015123217j:plain

目次にもどる

 

■3, Office 2016(永続ライセンス版)

 

永続ライセンス版はパッケージ版のことです。購入すると、そのまま2016のサポートが終了するまで使い続けることができます。

しかし、従来バージョンからのアップグレードはできません。Office 365サービスも付いていません。

契約は2ライセンス。Windows版であれば2台のWindowsパソコン、Mac版であれば2台のMacにインストールできます。

また、Office 2016をインストールするときに必要な「Microsoftアカウント」を取得すれば、Microsoft社のオンラインストレージ「OneDrive」を15GB使用できるようになります。

 

Office 2016のラインナップは「Office Premium」と同じです。しかし、価格は別です。

 

● Personal;Word,Excel,Outlook 32184円

● Home&Business;Word,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote, 37584円

● Professional;Word,Excel,Outlook,PowerPoint, Onenote, Publisher,Access 64584円

 

パッケージ版は、永続ライセンスなので、ずっと使い続けることは可能ですが、最新版へのアップグレードができないため、マイクロソフトのサポート が切れる点は留意しておきましょう。

Office 2016は、今までの通り「買いきり型」で発売されていますが、マイクロソフトの戦略がサブスクリプション版をパッケージの主流にしている節があり、今後も発売されるかは微妙なところです。

 

 

f:id:officekun:20161015123404j:plain

目次にもどる

 

■4, Office 365 (サブスクリプション版)

Office 365 とは、月額支払の企業向けクラウドグループウェアサービスです。しかし、個人でも利用できるプランがあります。たとえば、Office 365 Soloと法人向けと言いつつ一般利用も出来るOffice 365 Business,Office 365 ProPlus が存在する。


利用できるアプリケーションWord,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote,Publisher,Accessをすべて。しかも、次バージョンへのアップグレードが無料です。つまり、サブスクリプション契約を継続すれば、いつでも最新バージョンのOffice を使用できるわけです。

 

さらに、「Office 365 サービス」という名称で、下記の4つのサービスをサブスクリプション契約期間中に利用できます。「Office Mobile」は、ガイド記事「iPad/iPhoneExcelはここまで使える!詳細レビュー」でも紹介した無料アプリ。無償使用の場合、使用できる機能に制限があり、商用利用できませんでしたが、Office 365 サービスによって、全ての機能が商用利用可能になります

 

価格と利用できる機能は下図の通りです。

 

f:id:officekun:20160523170307p:plain

 

公式サイトの価格は

● Office 365 Solo   11.800円

● Office 365 Business 10.800円

● Office 365 ProPlus  15.720円

となっています。

 

Amazon、オンラインショップ通販でも「2年間ライセンス」が販売されていて、ソフトをインストールしライセンス認証してから2年間使用できるという形がとられています。

 

公式よりも、こういった通販サイトからOfficeを買うのほうが安くて高機能なソフトを購入できます。

 

f:id:officekun:20161015123753j:plain

目次にもどる

 

 

■5, オンラインショップでの価格

 

Microsoft Office 365 ProPlus [WindowsMacソフト ダウンロード版]

特別価格
¥ 6,100 /2年間契約税込

• 最新版のOfficeを1ユーザー5台まで利用可能
•「PCやMacでも使える」を利用可能
• Office Mobileの利用できる。
•「Microsoft Store」とは異なり、月額制はなし。2年版のみ。

 

f:id:officekun:20160229111452j:plain

目次にもどる

■6, 結局、どの導入形式がいい?

Office Premium(プリインストール版)は、新しくパソコンを購入する予定があり、次バージョンへのアップグレードを考えばオススメです。

 

Office 2016(永続ライセンス版)は、Word・Excelなどを利用して、「Office 365 サービス」をいらないという方にオススメです。

 

Office 365 (サブスクリプション版)は、すでにあるパソコンにインストールする、もしくは、PublisherやAccessまで必要ならサブスクリプション版をお勧めです。

 

Office 365をほしいが、値段の安さ に悩んでいる人はオンラインショップの製品はいかがでしょうか?

 

Office 2016でどれがいいか迷った人はとりあえず、この選び方を目安にすればそこまで失敗もないでしょう。

 

目次にもどる

 

人気ブログランキングへ