Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 2016を最安値で買いたい!機能・価格を徹底比較

Office2016

office2016

Office 2016 の最安値は【¥6,100 /2年間契約】が限界です。Office365 の機能・価格を入手 方法ごとでまとめています。オフィス製品を最安値で購入するにはどうすれば良いか?

office365/

 

 Office2016 導入形式で異なる価格差

パッケージ版(POSAカード)とは、買い切り型のライセンスなのでOffice 2016のサポートが終了するまで追加費用が発生しない。

 

Office365はOfficeの新しい利用形態です。お金を払っている期間だけ利用できる、月額制で年間契約のサブスクリプション型ですね。

パッケージ版では、買い切り型ので、購入時イニシャルコストが高い。Office 365では、月額払いでイニシャルコストを低下して、 Office2016を手軽な値段で使えるようになりました。

つまり、Office 2016をどの形式で導入するかで価格の差が生じます。

次の表はOffice365とパッケージ版の値段の比較表です。

年数

Office Home and

Business 2016

Office 365

 Business

1年目

37,584円

11,664円

2年目

37,584円

23,328円

3年目

37,584円

34,992円

4年目

37,584円

46,656円

5年目

37,584円

58,320円

 

インストール台数比較

ライセンスはデバイス単位ではなくユーザー単位で、1ユーザーは最大15デバイスまで、最新版の Office2016 をWindowsまたMacにインストールできる他、スマートフォンタブレット向けの Office アプリ、1TバイトのOneDrive、Skype の無料通話サービスなどが利用できます。(マルチデバイス対応)。

 

office365

 

それに対して、パッケージ版は、WordやExcelなどを最大2台のパソコンにインストールできます。1TバイトのOneDrive、Skype の無料通話サービスなどが利用できません。

 

office365

常に最新 バージョンが使えるうえ、スマホタブレットに対応しているので、時間や場所に とらわれることなく作業ができます。

ちょっと気分を変えて仕事をしたくなった時に、都心のカフェやシェアオフィスを利用するビジネスマンにぴったりです。

f:id:officekun:20160505121729j:plain

 

Office 365ProPlus をお勧め

Office365には複数のプランがあります。僕は利用できる機能と価格を比較した上、以下のプランをお勧めします。

 

f:id:officekun:20160728111957j:plain

Microsoft office365 ProPlusは、すべての最新版Officeアプリケーションが5台のWindows PCかMacで使えます。それに加えて1TB のクラウド ストレージ、 毎月 60 分間の Skype などのサービスが付いてきます。

 

3年ごとにバージョンアップされる最新版に買い替えると思えば、Office365のサービスが使える分だけお得な感じがします。

 

まとめ

Office 2016を購入するには、Office365とパッケージ版と二つの形式から選択できます。

パッケージ版は「永遠ライセンス」だが、購入時のイニシャルコストが高いです。次のバージョンにアップするには同じ金額を料金が発生します。

それに対して、Office365はサブスクリプション型で、利用するだけの料金を払えば使えます。月額千円ぐらいで利用できます。

Office 2016をお手軽に利用できるなったうえ、利用できるサービス、機能が増えたので、絶対お勧めです。

ぜひ、試してください。