Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 365 Solo 無料試用版の自動有料化ををキャンセルする

Office 365 solo

Office 365 Solo 無料試用版をサインアップから 30 日以内にキャンセルすると、請求されません。

 

Microsoft Office365 Solo無料試用版は、1 か月無料で利用できるソフトです。しかし、1 か月の無料試用期間が終了すると、¥1,274/月相当でのご利用となります。体験版をダウンロードして放置しておくと有料料金が発生する仕様になっています。

 

ここは、体験版の無料期間が切れたら自動更新させずに契約を終了させる方法を紹介します。

 

Office 365 Solo 試用版に関連付けられている Microsoft アカウントを使って、https://account.microsoft.com/services のページにサインインします。

1.「サインイン」をクリックします。

f:id:officekun:20170304115849p:plain

 

2.「メールアドレスまたは電話番号」と「パスワード」に、Office365 Soloの体験版登録時に使ったMSNアカウント情報を入力し、「サインイン」を選択します。

f:id:officekun:20170304115958p:plain

 

3.「アカウントの管理」を選択します。

f:id:officekun:20170304120840p:plain

4.「自動更新をオフにする」を選択します。

 

 

f:id:officekun:20170304121109p:plain

5.「自動更新をオフにする」をクリックします。

f:id:officekun:20170304121735p:plain

 

6.「続行」をクリックして完了します。

f:id:officekun:20170304122643p:plain

 

Office 365 Solo 試用期間の終了後もしばらくは Office の使用を継続することができます。

最終的には、Office は表示のみのモードが実行され、ライセンスのない製品の通知が表示されます。

まだドキュメントを開いて印刷することはできますが、それらを編集したり、ファイルを新規作成することはできません。

追加の OneDrive ストレージや Skype 通話プランなど、サブスクリプションに含まれているサービスを利用することができなくなります。