Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 2016 の32bit版と64bit版の違いは?32bit版をダウンロードする理由を紹介する

Office2016

office2016

Office 2016をダウンロードするには、互換性の問題などから64ビット版よりも32ビット版の選択をオススメします。

f:id:officekun:20170304185607p:plain

 目次

 Office 32bit版と64bit版の違いは?

Office 2016をインストールするときに、32bit版と64bit版があることに悩むと思います。

さて、Office の32bit版と64bit版の違いはなんでしょう。

まずbit(ビット)ですが、これは1度に処理できるデータの量です。

ということは、64bit版は、32bit版よりも多くのメモリにアクセスできるということになります。

64bit(ビット)版 Office のメリット

1. 64 ビット版の Office では、複雑な計算、多くのピボットテーブル、外部データベースへの接続、PowerPivot、PowerMap、3D マップ、PowerView、Get & Transformなどを利用している複雑な Excel ワークシート の作業をする場合パフォーマンスが向上する。

2. PowerPointで大容量の画像、ビデオ、またはアニメーションを処理する場合に適している。

3. 特に大規模なプロジェクトを構成する多数のサブプロジェクトを扱う際に 2 GB 以上の Project ファイルを使う場合。

4. アドインやドキュメント レベルのカスタマイズなど、社内 Office ソリューションを開発している場合は、64bit(ビット)版Office を使用すると64bit版、32bit版2つのソリューションを提供できるようになる。

5. 組織が Office アプリケーション用のハードウェア データ実行防止 (DEP) を必要とする場合、64 ビット版が、常に DEP が自動的に選択されます。

 

以上です。

32bit(ビット)版 Office のメリット

1. 代替の 64 ビット版のない 32 ビット COM アドインの場合。
2. 代替の 64 ビット版のない 32 ビット版のコントロールを使用している場合。

3. VBA コードが Declare ステートメントを使用する場合。

4. Outlook 用の 32 ビット MAPI アプリケーションがある場合。
5. 32 ビット OLE サーバーまたはオブジェクトをアクティブ化している場合。

6. SharePoint Server 2010 を使用していて、[データシートで編集] ビューが必要な場合。

7. 32 ビット版の Microsoft Access.mde、.ade、.accde データベース ファイルが必要な場合。

8. 従来の数式エディターや Word の WLL (Word アドイン ライブラリ) ファイルが必要な場合。

9. PowerPoint プレゼンテーションに古い埋め込みメディア ファイルがある場合 

 引用;

64 ビット版と 32 ビット バージョンの Office 間での選択します。 - Office のサポート

 

Office 32bit 版と 64bit 版の互換性の問題

マイクロソフトとしては、64bit版のOfficeは特別な理由が無い限り使わず32bit版の利用を推奨するみたいな情報を公式に出しています。

Office をインストールするときに、利用しているPCの32 ビットか64 ビットを確認してください。

32 ビット版の Windows を使用している場合は、32 ビット版の Office のみをインストールできます。

64 ビット版の Windows を使用している場合は、32 ビット版の Office または 64 ビット版の Office をインストールすることができます。

また、32bit版向けに開発さたアプリケーションやアドインは64bitで動作されないことが多いので、互換性の問題が発生すため、32bit版のインストーリをオススメしている。

 

 最後に、32bit版のダウンロードをおすすめ

Microsoft から推奨されている のは、Office 32bit 版 です。

理由は、互換性の問題が発生すためです。

 互換性の問題について詳しく内容は、次の記事でまとめて書こうと思っています。

こちらは、Office Premium からオフィス2016をインストールする際のOffice 32bit 版と 64bit の選択画像を提示している。