Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 2016 の購入形態から初心者向け解説

Microsoft Office は、どれを購入すればいいのかわからんのじゃ」という方がいるので、Office 2016 の各プランの違いを図解していこうと思います。

 

f:id:officekun:20161015123029j:plain

 目次

Office 2016 の購入形態は大きく分けて3種類

 Office 2016のバージョンが新しくなっただけでなく、ダウンロードやパッケージなど複数の購入形態が導入されました。

Office 2016(パッケージ版)

● Office Personal 2016

● Office Home and Business 2016

● Office Professional 2016

Office Premium

● Office Personal Premium

● Office Home and Business Premium

● Office Professional Premium

Office 365 Solo

このようなMicrosoft Office 製品がある中で、どれを使いたいかということはすごく大事です。

どの購入形態がいいのかを考えよう

この3種類がMicrosoft Office の用意している個人向けプランです。ひとつずつ見ていきましょう。

価格と機能面を考えていきましょう。

Office 2016(パッケージ版)の特徴

または、買い切り型とも言います。

三つのエディションがあります。

共通の特徴

 Office 2016のサポートが終了するまで追加費用が発生しないまま、永久に使える。

Windows版は、PC 2台、Mac版は、Mac 2台までインストールできます。

エディションの違い

Office Personal 2016

 Word 、ExcelOutlookが使えます。

表計算や文書作成など、基本的なツールをご家庭で使いたいという人に向けたエディションです。

単体プランよりもOffice Personal 2016を契約するだと安いので、Word 、ExcelOutlookを使いたいだけならこちらがオススメ。

価格:¥32.184円(税別)

Office Home and Business 2016 

Word 、ExcelOutlookPowerPointOneNoteが使えます。

個人や個人事業主のビジネス向け ソフトウェアです。

ご家庭 での基本的な作業に加え、プレゼンテーションなど、仕事でも使いたいならこちらがオススメ。

価格:¥37.584円(税別)

Office Professional 2016 

Word 、ExcelOutlookPowerPointOneNoteAccess 、Publisherが使えます。

仕事を効率化するのに最適なビジネス向けの ソフトウェアです。

Microsoft Access を必要な方におすすめ。

価格:¥64.584円(税別)

Office Premiumのメリット

パッケージ版と同じ、永続ライセンスとなります

1台のパソコンのみでインストールできます。

次バージョンへのアップグレードが無料になります。

「Office 365 サービス」を「1年間限定」で利用できます。

Office 2016と同じ三つのエディションがあります。使えるアプリも同じです。

普通は、パソコンにプレインストールされている。しかも、アマゾンなどで販売されてるところもいる。価格は販売サイトによって異なります。

Office 365 Solo 機能と価格

月額または年額課金によるサブスクリプション契約の新しい形態のOfficeです。

 契約期間内は、次バージョンへのアップグレードが無料です。

Word 、ExcelOutlookPowerPointOneNote、 Access 、Lyncなどのアプリを2台のWindowsまたMacスマートフォンタブレットでもインストール可能。年間契約は11.800です。

さらに、「Office 365 サービス」、OneDrive の1TBものストレージと毎月60分間 Skype から固定電話や携帯電話の無料通話が付いてきます。

 

結局どの型式にすればいいの?

バージョンアップを気にしない方は、Office 2016(パッケージ版)を選ぶでしょう。


Officeの永久版を利用したいがバージョンアップを気にする方は、Office Premiumを選ぶと最適と思います。


Office 2016をパソコンとマークで両方使う方はOffice 365 Soloを利用すればお得と思います。