Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

ソースネクスト、Microsoft Officeとほぼ同じで3,980円・(税別)の「Polaris Office for Mac」を発売

ニュースまとめ

office2016

ソースネクスト株式会社は、Microsoft Officeと高い互換性を持ち、見た目も、操作性も似せたMac用のオフィスソフト「Polaris Office for Mac」を発売した。

 

f:id:officekun:20170313175959p:plain

 ソースネクスト株式会社

 

発売日は、3月13日(今日)。

税別価格は 3,980円・税別(ダウンロード版)。

パッケージ版は4月5日に発売予定。

対応OSはmacOS Sierra(v10.12)、OS X El Capitan(v10.11)、OS X Yosemite(v10.10)。

 目立つ特徴はMicrosoft Officeと高い互換性がある総合オフィスソフトで、Word/ExcelPowerPoint形式でファイルの作成や編集ができる。最新版のMicrosoft Office 2016はもちろん、1997から2013までのファイル形式に対応する。「Polaris Drive」と連携することで、1GBまでファイルをオンライン上に保存し、オフィスソフトが無くでも、Webブラウザでファイルを閲覧できる。

 

表計算ソフト 「Sheet」は、Microsoft Excelと同じxls、xlsx形式に対応する。330種類の関数を使える。フィルタと並べ替え、グラフ、チャートの挿入、ピポットテーブル、ドキュメント保護と言った機能を利用できます。

 

ワープロソフト「Word」は、対応形式は.doc/.docx。ドキュメント内の検索と置換に対応し口座番号、住所などの個人情報を安全に保護できる。句読点などを含めた日本語での縦書きにも対応する。

 

プレゼンテーションソフト「Slide」は、ppt/.pptx/.ppsx(閲覧のみ)形式対応。オブジェクトの位置合わせをサポートするグリッド・ガイドを搭載。動画や音楽、画像、ハイパーリンクなどさまざまな素材を挿入できる。