Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Windows 10から無料配布された「Office Mobile」、Office 2016と異なるもの!

先日、無料で使えるMicrosoft Officeクラウドサービス版「Office Online」を紹介致しました。Office 2016と比べて、機能制限はありますが、簡単な作業であれば問題なく利用すると好評でした。今回は、Windows 10では無料で使える「Office Mobile」を紹介したいと思います。

 

f:id:officekun:20170317194743p:plain

 

どちらもMicrosoft Officeが提供するオフィスフトで、しかも完全無料です。


有料のMicrosoft Officeに代わり、無料で使える「Office Mobile」とはどの様なソフトなのでしょうか。

 

 Office Mobileとは?

 

Office MobileはMicrosoftが提供するタッチ操作や狭い画面でも使いやすく最適化したOfficeアプリケーションであり、 iOS / Androidタブレット版 Office の Windows 10タブレット版に対応しています。

なお、Windows 10版 Office Mobileは、10.1インチ以下のタブレットならば無料で全機能が利用可能。10.1インチ以上に関しては無料で入手はできますが、編集・保存にはOffice 365 加入が必要です。

 

Office 365といえば、個人では、Office 365 Solo を契約すれば、最新のOffice 2016を2台のパソコンまたは、マーク(PC・スマートフォンタブレット)へインストールでき、1TBのクラウドストレージが付与されている。あるいは、Office Premiam を購入するとOffice 365サービスが一年間無料で利用でき、スマートフォンタブレットなどに、Office 2016をインストールできます。または、1TBのクラウドストレージと無料のSkype60分が利用できます。

 

Office2016とOfficeMobileの違い?

 

Microsoft Officeに代わり、無料でOfficeが使えるということで、パソコンではOfficeを購入しなくても大丈夫と思うかもしれない。確かにWordで簡単な資料を作ったり、Excelでちょっとしたグラフを作成する程度なら「Office Mobile」、「Office Online」でまったく問題ないだろう。共有機能もあるので、仕事仲間とのドキュメントの共有も簡単だ。

しかし、業務効率化や労働生産性の向上するように高度な機能を使うならOffice 2016が必要だ。というのも、OfficeMobileは普通に編集する程度の基本的な機能以外をバッサリ切り落としてあり、マクロなどを使用したファイルを開いても正常に表示できないからだ。Microsoft謹製ということで従来のOfficeと互換性は高いが、機能が少ないのは非常に残念。


Microsoft Officeを使いこなさなければならない仕事では、Office2016でさらなる快適化を目指してみてはいかがでしょうか?