Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 365 Solo とOffice premium は違う!

Microsoft Officeクラウドに対応した製品、「Office 365 Solo」と「Office Premium プラス Office 365 サービス」は同じOfficeでも全っ然 違う!2つのライセンスそれぞれにメリットはあるが、筆者としてはOffice Premiumをオススメしたい。

f:id:officekun:20170320155027j:plain

 

日本のみで提供されるMicrosoft Officeの新しい製品Office 365 Solo、Office Premium。前者は、ユーザー自身がライセンスを買って導入するサービス。後者は、パソコンにあらかじめ組み込んだ形で提供されるプレインストール版のサービスです。

Office 365 SoloとOffice Premiumの違いは?

 Office 365 Soloは、Office 2016で提供されるすべてのデスクトップアプリが利用でき、マイクロソフトが提供しているクラウドストレージサービス『OneDrive』を無料で1TBまで使える。

Officeのデータはもちろん、その他のデータも自由に保存できるクラウドストレージで、スマホタブレットと連携すれば、スマホで撮影した写真を自動的にOneDriveに保存して簡単に共有するといった使い方も可能となる。

そして、Skypeの1ヶ月間60分の無料通話権も付く。Skypeをうまく活用すれば電話代も節約できる。しかし、契約が終了すればすべてのアプリが使えなくなってしまう点には注意しよう。また、1ヵ月単位での契約も可能なので、短期間のみ利用する場合には非常に便利だろう。

それに対して、Office Premiumは、Office 2016のWordやExcelをPCにプレインストールしており、PCを使い続ける限り最新版へのアップデートが可能。永続ライセンスなので、従来のOfficeと同じような感覚で使えるだろう。Office 365サービスも1年間無料で付属する。(2年目以降は要契約)

 

 Office 365サービス

Office Premiumの場合はあらかじめ1年間有効ライセンスを付属しており、容量1TBのクラウドストレージ「OneDrive」、Office Mobileとの連携によるマルチデバイス対応(iPhoneAndroid用、Office for iPadも年内に提供される予定)、Skype月間60分無料通話(公衆回線向け)、無償テクニカルサポートと、4つのサービスが提供される。

 

 インストールできる台数の違いは?

Office Premiumの永続ライセンスはプレインストールのパソコンに紐づいているため、PC複数台では利用できない。インストールされたパソコンのみの利用となります。Office 365 Soloのデスクトップアプリは最大2台までのPC/Macで利用可能です。

Office 365 Soloをすでに2台のPCまたはMacにインストールしており、別の端末にインストールしなおしたい場合は、Officeのマイアカウントページに表示される使用しないPC名の「非アクティブ化」タブをクリックし、使用をやめたい端末のOfficeをアンインストールすることで、別のPCまたはMacへOfficeをインストールが可能になる。

 価格面での違いは?

価格については、Office 365 Soloは、1年間の契約で1万2744円となる。プレインストール版のOffice PremiumはPCの価格に含まれるが、2年目以降のクラウドサービスのみを買い足すには6264円がかかる。

もちろん、Office Premiumのデスクトップアプリのみを使うぶんには課金の必要はない。(アマゾンなどでOffice Premiumを単独で販売している)

 最後に

Office 365 Soloはoffice2016、クラウドサービスを利用できるがMicrosoft Officeを利用するには、やはり永続的に使えるライセンスは魅力的だ。
また、Office 365のクラウドサービスをメインで使う場合にも、1年間の利用料はOffice 365 Soloの1/2の金額で済むのだ。
さらに、パソコンにアマゾンなどで購入したOffice Premiumなどをインストールすれば結果的に安く済む場合もあるかもしれない。