Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

【大学生必見!】Microsoft Office を除いてパソコンを買うと3~6万円お得!

入学にあたり、パソコンが必要かどうか、また買うならどれがいいかと、電器店の店頭、ノートパソコン売り場には、ノートパソコン選びをしている学生さんの姿をよく見かけます。

f:id:officekun:20170323181042j:plain

 

論文、レポートなどの提出は「Word」と指定されていたり、表計算ソフトも必須となる大学生活。ソフトは不可欠ですが、マイクロソフト社のWordやExcelといったオフィスソフトを付けて買うなら、価格は3~6万円程度アップする。

「Office」を除いてパソコンを安く買う

「Office」を除いてパソコンを買うと価格が3万円程度節約でいる。比較的お手軽な「Office Personal 2016」も3万円程するからだ。

あとからパソコンに、Microsoft Officeを安く使う方法と無料交換ソフトを紹介します。

 

大学で包括でランセンス契約を行い、学生は在学期間中、無償で「Office」を利用できるケースが増えている!
無償で利用できる場合、入学時の案内資料などで説明があります。出費を抑えられますので、見逃さないように!

 

無料で利用できるWordやExcelもある!
レポートや論文の提出時に指定される「Word」(ワープロソフト)や、何かと使用頻度の高い「Excel」(表計算)ソフトですが、Office Online などは無償で同様の機能を利用できます。
厳密には異なるものですが、基本的な機能は利用できる、「Word」や「Excel」方式でファイルを保存することができ、出費を抑えたい方には強い味方です。

officekun.hatenablog.com

 

Microsoft Officeは安く購入可能!

「Office」が必要になったら、いつでもダウンロード購入が可能で、手間も時間も掛かりません。WordやExcelに詳しくない方なら、無料の「Open Office」よりも、マイクロソフト社の「Office」を選ぶのが良いでしょう。

取扱説明書よりも分かり易い参考書がたくさん出版されていますし、雑誌で「使い方」や「便利技」の特集をしていることが多く、基本操作をスムーズに習得できるはずです。

 

最後に

「Office」搭載モデルを選んで、後から高く購入したと後悔するより、パソコンだけ購入して、あとから無料ソフト、安いソフトを検討するとよいと思いますよ。