Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Excel2016の文書をPDF形式にして使う!

Portable Document Format (PDF)とは、電子上の文書に関するファイルフォーマットのことです。

f:id:officekun:20170503175156j:plain

PDF形式の文書は、特定の環境に左右されず、全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っており、無料のリーダーソフトさえあれば、Windows 7Vista、XPなどOS(基本ソフト)のバージョンが異なる場合や、Mac OSなど違うOSの環境でも見ることができます。

Excel2016で作った文書をPDF形式で保存する

 最新のExcel2016は、PDF形式で保存する機能を最初から備えています。PDF としてエクスポートまたは保存するには、[ファイル] メニューの [エクスポート] または [名前を付けて保存] をクリックします。ここでは、手順を確認しておきます。

① エクセルを使って、文書を作成しました。

f:id:officekun:20170503180643p:plain

 

② [ファイル]タブをクリックし、[エクスポート]をクリックします。

f:id:officekun:20170503181127p:plain

 

③ [PDF/XPSドキュメントの作成]をクリックし、[PDF/XPSの作成]ボタンをクリックします。

f:id:officekun:20170503182221p:plain

 

④ [ファイル名]を入力したら、[ファイルの種類]で[PDF(∗.pdf)]が選ばれていることを確認して、[発行]ボタンをクリックします。

f:id:officekun:20170503182551p:plain

 

⑤[発行後にファイルを開く]にチェックを入れておくと、PDF形式で保存後すぐに、Adobe Readerが起動してファイルが読み込まれます。元のファイルと見比べてみて、イメージが再現されていることを確認してください。

f:id:officekun:20170503182941p:plain

 

エクセルやワードをはじめ、PDF形式への保存に対応するソフトウェアも増えてきました。この記事では、安心して変換できる代表的な方法を簡単に説明しました。

 

 

広告を非表示にする