Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office2016 for mac 遅い原因をチェックする5つの方法

Microsoft Officeの最新バージョンであるOffice2016がMacにも使えるようになりました。

が、Office2016にしたために起動や動作が遅くなった場合があります。また、よく落ちる・フリーズするケースもみられます。

そして、この記事ではトラブルを解決するための流れを書きました。

 解決方法

はじめに、コンピュータ名に日本語が使われていないか確認します。コンピュータ名に日本語が使われている場合、正しく起動しないことがある。

次に、フォントフォルダに対応していないフォントがあるか確認します。Finderを起動して「ユーザー名」>「ライブラリ」>「fonts」の順にクリックします。Office2016 for mac 遅い原因の多くはこちらと思います。

次に、ウイルス対策ソフトが何らかの邪魔をしてインストールが正しく行われていない可能性や邪魔をして正しく起動しない可能性がある。ウイルス対策ソフトを一旦終了させて、正しくOfficeが起動するか確認します。

次に、インストールの際に何らかのトラブルが発生して、正しくインストールされていない可能性がある。そこで、アンインストールしてからインストールし、正しくOfficeが起動するか確認します。

最後に、セーフモードでOfficeが正しく起動するのかを確認します。何らかのソフトとの相性が原因で、正しく起動しない原因がある。


セーフモードの起動の仕方は、一旦Macをシャットダウンしてから「Shiftキー」を押しながら電源を入れ、Appleのアイコンが見えたらキーから離します。そして、ログインするとセーフモードの状態でMacを起動することができます。

 

Office2016 for macで困ったときは、とりあえずこれらのことをやって、直せない場合はサポートに頼ってみるといいと思います。