Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

あなたは大丈夫?一太郎派からWord派に乗りかける方法

f:id:officekun:20170916190945j:plain

この前一太郎文書を使っていましたが、今からWord派になりたい、どう変換すればいいかとネット上で聞いている方が多いです。
これで、一太郎文書をWordに変換するいくつかの方法について紹介しようと思います。

一太郎って誰?

一太郎って誰ですかと思う方もいらっしゃるでしょう。
それは、人の名前ではなく、ソフトの名前です。

一太郎とは、縦書きやルビなど日本語での執筆に重要な機能が充実し、日本国内でよく利用される用紙のテンプレートが標準で用意され、日本語文章を作成しやすいワープロソフトです。

実は、Wordがワープロソフトとして一般的になる前に、一太郎が主流だったのですが、今は、世界的なMicrosoft Wordに座を奪われました。

この数年、一太郎からWordへ変換する人が多くなりましたが、その方法について紹介します。

一太郎ファイルをWordに変換する方法

Word2007前のバージョンに、一太郎ファイルを読み込む機能が付いています。
一太郎をWord 2010、Word 2013、Word 2016に変換したい方は下の方法を試してみてください。

一太郎ファイル→PDFファイル→Wordファイル

まず、一太郎ファイルをPDFファイルに変換します。
1、 一太郎ファイルを開き、左上の「ファイル」→「印刷」
2、「印刷」画面のプリンタ名の一覧から「Cube PDF」を選択
このように、一太郎ファイルからPDFファイルに変換できました。

次に、PDFファイルからWordファイルへ変換します。

Open Officeの拡張機能を使う

まず、「OpenOffice.org Writer」(Open Officeをインストールする)で一太郎ファイルを読み込む。
1、OpenOffice.org Writerを開き、「ファイル」→「開く」をクリック
2、「開く」画面の右下にある「すべてのファイル」をクリックし、読み込みたい一太郎ファイルを選択する。
一太郎ファイルの拡張子が「.jtd」或いは「.jtt」です。

これで、OpenOffice.org Writerで一太郎ファイルが表示されます。

次は、読み込んだばかりのOpenOffice. org WriterからWordへ変換する。
1、 右上の「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリック
2、 ファイルの種類からWordの拡張子「.doc」のものを選択
3、 好きな名前を付けて保存

このようにすれば、一太郎ファイルをWordで開いて、編集できるようになります。