Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

無料ですよ!WordやExcelの代わりとして使える「Libre Office」

Libre OfficeはMicrosoft Officeと互換性が高く、WordやExcelの代わりとして使える無料のオフィススイートです。

f:id:officekun:20170919165513j:plain

 

Libre Officeは、Open Office.orgから派生して、本ソフトには

ワープロソフト「Writer」→Word
表計算ソフト「Calc」→Excel
プレゼンテーションソフト「Impress」→Power point
データベースソフト「Base」
ドローソフト「Draw」
数式編集ソフト「Math」

の6つのソフトが含まれています。

Microsoft Officeと互換性が高いLibre Office

Libre OfficeをWordやExcelとして使いたい場合は、「新規作成」の項目にあるWriter、Calcなどをクリックします。

ワープロソフト「Writer」は、Microsoft Officeの「Word」に当たります。
プロパティが右にあり、Wordで開く時にフォントの大きさが変わりますが、内容が正しく表示されます。もちろん、「.docx」で保存できます。

f:id:officekun:20170919165754j:plain

 

表計算ソフト「Calc」は、Microsoft OfficeExcelに当たり、Excelにある機能が、Calcにもほとんど揃っています。「.xlsx」で保存可能です。

f:id:officekun:20170919165928j:plain

上から見ると、Writerと Calcの操作方法はMicrosoft OfficeのWordとExcelと大差なく、使えばすぐに慣れると思います。

互換する時の注意点

 Libre OfficeはMicrosoft Officeと互換性が高いといっても、ファイルを互換して開く時、多少の差異が発生します。

 例えば、Microsoft Officeで作成した図表や複雑なレイアウトなどがLibre Officeで再現できないことがあります。

 Libre Officeファイルを他人に渡したいなら、PDF 形式で保存すると、レイアウトを崩さずに渡す事ができます。

最後に

これから見ると、会社の業務などビジネスの世界では、やはりMicrosoft Office製品がスタンダードですが、

普通は、Officeをあまり使わない、WordやExcelでちょっとした編集や閲覧をしたいだけであれば、オフィスソフトを購入しなくて、フリーソフトであるLibre Officeで代用してもいいでしょう。

 

以下のURLからインストールをご実行ください。
http://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-fresh/