Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office Mac(オフィスマック)を買うなら永続ライセンスの『Office Mac 2016 』がお得!

Office Mac(オフィスマック)といえば、Mac マシン2台でOfficeをインストールできる永続ライセンス型のOffice Mac 2016が一番お得 。そのお得度をOffice 365 Solo と比べてみた!

現在Office for Mac 2011サポート終了し、マイクロソフトの提供している Mac版のOfficeには、パッケージ版の『Office  Mac 2016 』と、サブスクリプション版の『Office 365 Solo』がある。パッケージ版Officeは、一般的なソフトと同様に買い取り式で価格が高い反面、購入後は無期限で利用できる。それに対し、サブスクリプション版のOffice 365 Soloは、1ヶ月または1年間の契約制で、契約期間中だけ利用できるので安価に運用できる。

パッケージ版のOffice  Mac 2016は、公式サイトなら、最も安価な『Office Home & Student 2016 for Mac 』が25,704円(税込み)で、利用できるOfficeアプリはWord 2016、Excel 2016、PowerPoint2016、 OneNote 2016に限られる。それに対しOffice 365 Soloは、Officeシリーズの全アプリが利用できるにもかかわらず、1ヶ月1274円、または1年1万2744円と、安価に設定されている。契約期間は自由に設定できるのも特徴で、例えば、使いたい時に1ヶ月間だけ契約し、使用後に契約を解除することができる。

Office  Mac 2016は2台までMacにインストールすることができます。ただし、Windowsにはインストールできません。一方のOffice 365 Soloですが、こちらもPC2台までインストールすることができます。単体版と根本的に違うのは、WindowsでもMacでも良いこと。

Office   Mac 2016は最新版Officeを無料で使えません。これに対し、Office 365 Soloは、Officeの新製品が出た時に新たな購入費用が発生しません。今まで通。月払いか年払いで同じライセンス料金を支払えば良いだけ。

これで、MacWindowsの両方でOfficeを使いたい
AccessやPublisherを使いたい(Office  Mac 2016 に付いてない)
常に最新版Officeを使いたい方にとっては、Office 365 Soloは最適です。

しかし、Office 365 Soloを年額払いで長年利用すると、値段めちゃくちゃ高くなってしまいます。soloは1年1万2744円で、三年目で38,232円となり、Office   Mac 2016の価格を上回ります。

Office Home & Business 2016 for Macが35,705円で買い取り、もちろん、(新しいバージョンを使わないなら)後の追加料金もありません。

そして、どうせMacだけOfficeを使うし、Office 2016バージョンのまま使いたいならOffice Mac 2016 がおすすめだ。

それは、使い慣れたから、ずっと元のバージョンでいい、AccessやPublisherも使わないし、仕事でも家でもMacしか使わない方々も多くいるでしょう。

注意してほしい!Office Home & Business 2016 for Macを激安で買える方法もあります。ネットショップで調べてみたら、12,050円で発売されている店もありますが、超安いでしょう。

安すぎるので、インストールとライセンス認証できるかなと心配する方もいるでしょう。

インストール方法について、最新版のOffice2016をMacでインストールする方法をご参照ください。

長年使うユーザーにとっては、やっぱりパッケージ版のOffice  Mac 2016の方がお得でしょう!

※2017年10月12日に公開した記事ですが、Office Mac 2019について新しい機能と価格情報を追記して2018年10月22日に再度公開しました。

Microsoft Office 2019 の発売開始しました。今回、Macユーザー向けのOffice Mac 2019 の永続ライセンスも提供されました。

Office Mac 2019では、デジタル ペン機能、フォーカス モード、学習ツール、翻訳機能などの新しい機能が追加されただけでなく、OSのシステム要件を変更し、同ソフトウェアを2世代前のmacOS以降でサポートすることにしました。(macOS 10.12 Sierra以降対応)

また、今回のバージョンアップにより、Office Mac 2019 の価格は10%引き上げるとの発表もありますが、具体的な価格はまだ分かりません。今週中に発表されるでしょう。

Mac Office 2019 については、以下の記事で紹介しています。

officekun.hatenablog.com