Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Mac版Office互換ソフト!無料で使える「Office Online」

ずっと使っているMac。Officeをゴリゴリ使うワケじゃないけど、ちょっとは使いたいときもある。そんな時にMicrosoft Officeを購入したいですが、お金も極力かけたく無い。そんな方に役に立つ「Office Online」。

f:id:officekun:20171018182128p:plain

 

目次

「Office Online」とは

Office Onlineは、マイクロソフトから提供される「Web上でOffice製品が無料利用できるサービス」です。

従来のWordやExcelと高い互換性があり、家庭で使うなら十分な機能が備わっています。

インターネットに接続すれば、どのようなデバイスでも場所を問わずアクセスすることができ、無料でWord、ExcelPowerPointOneNoteのドキュメントを表示、編集、共有できます。

「Office Online」使うには、Microsoftアカウントだけが必要

Office Onlineはオンライン版なので、アプリのダウンロードが一切不要。

Microsoftアカウント」に登録するだけで利用できます。登録はもちろん無料です。

ほとんどの方が持っていると思うが、あまり使っていない方はこの機会にぜひMicrosoftアカウントは無料で作成してください。

Microsoftアカウントの新規作成はこちらへ

Office Onlineの機能は十分なのか?

Macで無料のOffice Onlineを使う場合、以下の機能が備わっています。

Office OnlineはWordやExcelはもちろん、PowerPoint及びOneNoteも無料で使える。

無料のMicrosoftアカウント取得で利用可能

ブラウザさえ対応していればOSに関係なく使える

既存のOfficeファイルと高い互換性を誇ります

一つのファイルを共有して複数名で編集することもできる

Office Online で使えるアプリは通常版のOfficeと比べていくつかの機能が限定されています。
たとえば Excel Online とExcel 2016 を比べた場合、リボンに配置されている「ページ レイアウト」「数式」などが省かれています。

が、家庭で使用する分にはほぼ十分だと言える機能は備わっています。企業で使うなら、機能面ではOffice Mac 2016が圧倒的にオススメです。