Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office for Mac 2016の超進化した新機能にびっくり

Office for Mac 2016を買うのは決めてるけど、実は新機能を把握しきれてない。」という人は、結構多いんじゃないでしょうか。

というわけで、今回はOffice for Mac 2016の超進化した新機能をまとめて見ました。

f:id:officekun:20171107185430j:plain

Office for Mac 2016は旧バージョンのOffice for Mac 2011と比べると、使い勝手が上がり、違和感なく使えるようになりました。

リボンがWindowsと同じになった

Office for Macのリボンは今まで、Windowsと違っていたので、凄く使いづらかったんです。でも、これがOffice for Mac 2016になって、Windowsと同じようになりました。

Windows 版と Mac 版の「リボン」は、必要な機能をすぐに見つけることができるようにするというコンセプトは共通しています。

リボンの並びがWindowsと同じになったことにより、非常に快適にOfficeを使うことができます。職場でWindows、家ではMacという方でも違和感を感じることなく、作業を行うことができるようになりました。

そもそもの「縦の長さ」が短くなりまして、打ち込み画面の幅が増えました。これだけでも見やすく改善されております。Wordを開いて少し打ってみましたが、少しも違和感がなく、非常に良い感じです。

クラウドサービス(OneDrive)への対応

OneDrive はマイクロソフトが運営するオンラインストレージサービスで、Microsoft Office 365では1TB、パッケージ版では15TBのアクセス権が付属します。OneDriveは、Windowsのほか、Mac用のアプリも用意されています。

OneDriveを利用すれば、インターネット上でファイルを保存・共有できます。ファイルの保存ダイアログボックスやファイルを開くダイアログボックスから直接利用できます。また、自分が所有するタブレットスマートフォンからOfficeファイルにアクセスすることもできます。

Retinaディスプレイへの完全対応

MacRetina ディスプレイで、ドキュメントのテキストや画像がこれまで以上に鮮明になりました。プレゼンテーションの表示も息をのむ美しさです。

実はOffice for Mac 2011も、2012年のバージョンアップでRetina解像度に対応しましたが、完全対応ではありません。

フォントリストなどのインターフェース部分は、フォントリストやファイル保存画面の文字がぼやけたり、起動が遅かったりします。また、文書に挿入した画像部分はRetina解像度が有効ではなく、低解像度のままでした。

しかし、Office for Mac 2016では、この点が完全に修正されており、ぼやけませんし、起動も速くなりました。

とにかく、筆者はOffice for Mac 2016のこれらの超進化した新機能にびっくりしています。

以上、Office 2016 for Macを購入しようかどうかの参考になればと思います。