Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

分かり辛いMicrosoft Office のプロタクトキー どれがインストール用なのか?

Microsoft Office 2016のパッケージ版(永続ライセンス)を購入するとCD-ROMやDVD-ROMが入ったパッケージ(箱)が送られてくることはなく、「プロダクトキー」が書かれた紙が入ったパッケージ(箱)が送られてきます。

f:id:officekun:20180403111922p:plain

Microsoft Office のプロタクトキー

その、Microsoft Office 2016 のプロタクトキーをMicrosoft アカウントに関連付けて、Office 2016をダウンロード、インストールできます。

Microsoft Office 2016 をダウンロード完了後に、マイクロソフトアカウントから「プロタクトキーの表示」をクリックして確認すれば、POSAカードに書かれているプロタクトキーとマイクロソフトアカウントに表示されているプロタクトキーが異なります。

f:id:officekun:20180403114806p:plain

プロタクトキーの表示

「何?プロタクトキーが間違いなのか?」

実は、マイクロソフトオフィス2016には2つのプロタクトキーがあります。1つは、Microsoftアカウントに関連づけるためのプロタクトキー。もう1つは、インストール用プロダクトキー(インストールキー)です。また、CDを作る時に書き込むのはインストール用プロダクトキーです。

マイクロソフトアカウントに関連付け用プロダクトキー

Microsoft Office 2016のパッケージ版に入っている「プロダクトキー」が書かれた紙、POSAカードに書かれているプロタクトキーは、Microsoftアカウントに関連付けて、オフィスソフトをダウンロードします。関連付けプロタクトキーが Microsoft アカウントに関連付けされると、インストール用プロタクトキーキーが生成されてインストールされます。2回目以降のダウンロードは Microsoft アカウントでサインインするだけなので、関連付けキーは実際には最初の1回しか使用しない。この関連付けキーはパソコンの中には記録されない。

この、関連付けプロタクトキーがマイクロソフトアカウントに一回だけ関連つけます。別のアカウントで使えません。

または、どの関連付けプロダクトキーが、どのインストールプロダクトキーを生成したのかを判別する方法はありませんので、1つのマイクロソフトアカウントで複数のMicrosoft Office 2016プロタクトキーを関連付けるをオススメしません。

インストール用プロタクトキー

マイクロソフトアカウントから確認できます。インストール時にパソコンの中に記録されるプロタクトキーです。オフィスソフトをアンインストールして、再インストールなどで使われます。Microsoft Office 2016は、このインストールキーを元にライセンス認証される仕組みになっています。

最後に

永続ライセンスMicrosoft Office 2016(Office 365 Solo などのサブスクリプション(月/年契約)を除く。)には2つのプロタクトキーがあります。マイクロソフトアカウントに入力して、関連つけているのは 関連付けキーであり、一回のみ使えます。別のマイクロソフトアカウントで使えません。インストールプロダクトキーは、マイクロソフトアカウントから確認できます。再インストールやCDを作成するには必要です。

そして、POSAカードが手元にあっても、マイクロソフトアカウントを忘れてしまったら、Microsoft Office 2016を再インストールできなくなる場合があります。

そのため、Microsoft Office 2016マイクロソフトアカウントのユーザーとパスワードを必ず保存しましょう。

今回は、Microsoft Office 2016のプロダクトキーの違いとどれが実際にインストールして、認証に必要なのかを整理してみました。