Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Microsoft Office の認証された製品情報を確認する方法

Microsoft Office の最新バージョンのOffice 2016では、ExcelやWordなどのアプリケーションの画面から、Office の製品情報、ライセンス認証された製品名、Office(Word、ExcelPowerPointなど)のバージョン、Office 更新情報などを確認することができます。

Microsoft Office の認証された製品情報

Microsoft Office 製品情報

目次

1. Office 製品情報の表示

Office2016では、アカウントからライセンス認証された製品情報、更新プログラム、Office バージョンを確認できます。ここでは例として、Word 2016で案内しています。Excel 2016、Outlook 2016、PowerPoint 2016でも一部画面が異なりますが、ほぼ同様の操作が可能です。

1. Word を開いて、[ファイル]タブをクリックします。

f:id:officekun:20180424160622p:plain

2. 画面左側のメニューから[アカウント]をクリックします。

f:id:officekun:20180424161046p:plain

アカウント

3. 画面右側の「製品情報」欄に表示されている内容を確認します。

f:id:officekun:20180424161636p:plain

ライセンス認証

「ライセンス認証された製品」と表示されます。こちらで、インストールされた製品名、セットアップしているマイクロソフトアカウントのメールアドレス、含まれるOffice アプリを確認できます。

2. Office 2016 の更新オプション

Office2016では、更新オプションから最新の更新プログラムを確認したりインストールすることができます。画面の右側に[Office 更新プログラム]が表示されますが、クリックすると、[今すぐ更新]、[更新を無効にする]、[更新プログラムの表示]、[更新プログラムの詳細]が表示されます。

Office 更新プログラム

Office 更新プログラム

[更新プログラムは自動的にダウンロードされインストールされます。]と表示されています。 [今すぐ更新]をクリックすると更新が開始されます。 [今すぐ更新]をクリックすると、[更新を適用しています...]が表示され、しばらく下のウィンドウが表示されたままとなります。起動中のOfficeは閉じるようにメッセージが表示されます。

また、最新の場合は以下のように[最新の状態です。]というメッセージウィンドウが表示されます。

[更新プログラムの表示]をクリックして新しい機能と改善された機能を確認することができます。

3. Office のバージョンを確認する方法

画面の右側に[Wordのバージョン情報]が表示されます。[Wordのバージョン情報]ボタンをクリックするとバージョン情報を確認できます。

Wordのバージョン情報

Wordのバージョン情報

[Wordのバージョン情報]をクリックすると以下の詳細なウィドウが表示されます。

バージョン情報

バージョン情報

以上で操作完了です。
任意のOfficeアプリを起動してアカウントから認証されたライセンスの製品情報を確認できます。