Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

1つのMicrosoftアカウントで複数のOfficeを管理する方法

パッケージ版のOffice 2016に付いているプロダクトキーは、Microsoft アカウントに紐づける時に必要です。紐づけが完了するとマイアカウントページに製品名が出てきますが、使ったプロダクトキーの情報はページ上には出てきません。

Microsoft アカウントの一部を表示する

複数のものを比較

そのため、1つのアカウントに複数のOfficeを購入・登録した場合、マイアカウントのページに登録本数分、列記されますが、どのプロダクトキーのものかが表示されないのでどのOfficeの項目からインストールしてよいのかがわかりません。

例えば、社内でインストールする複数のOffice(Excel,Word,PowerPoint)を1つのMicrosoftアカウントに紐付けしました。すると、同じ複数の製品が関連付けられ、どのプロダクトキーを使ったかを分からなくなります。

最初の1台のインストールはうまくいっても、再インストールが必要になった時にどのボタンを使ってどの PC にインストールしたのかわからないのです。 1つのプロタクトキーを2台以上インストールすると「インストール台数上限に足しました」とエラーがでてインストールできなくなります。

そこで、誤って、1つのアカウントに複数のOffice プロダクトキーを関連してしまった場合の管理方法は、「インストール用プロタクトキー」で確認する方法です。

「インストール用プロタクトキー」は、マイクロソフトアカウントから「プロタクトキーの表示」をクリックすると表示されます。そのプロタクトキーをメモして控えます。

f:id:officekun:20180621174002p:plain

Microsoft アカウントの一部を表示する

次に、「ディスクに書き込む」というページの中で「インストールディスク」用の img ファイルもダウンロードできます。 ダウンロードした img ファイルを右クリックして「ディスクイメージの書き込み」で DVD に焼くことができます。

作った「インストールディスク」でインストールをすると、途中で「ディスク用プロダクトキー」を求められます。ここで、インストール用プロタクトキーを入力することでOfficeプロタクトキーを管理できます。

また、この「ディスク用プロダクトキー」はインストール後でもプロダクトキーの一部を確認することができます。コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行すると、プロダクトキーの下5桁が確認できます。

www.e-soft.net