Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 365 はお得?メリット・デメリットをまとめてみました。

Office 365 を契約してそろそろ1年になります。のこ1年間の利用経験からOffice 365 のメリット・デメリットをまとめてみました。

f:id:officekun:20180704190240p:plain

みんなが知っているように、Microsoft Office は「買い切り型」でした。一度購入したら、以降は料金を支払わなくてもずっと利用できたわけです。一方、Office 365 は毎月または毎年、一定額の料金を支払うことで継続的に利用できます。

しかし、毎月または毎年、Office 365の料金を払い続けるといつかパッケージ版のMicrosoft Office の購入価格を上回るという悩むが非常に多かったです。

そんなMicrosoft Office の購入で、Office 365の購入を検討している方々に送る、Office 365を使った経験からOffice 365のメリット・デメリットをまとめてみたいと思います。

Office 365 のメリット

Microsoft Officeサブスクリプション版Office 365 には、以下のようなパッケージ版のMicrosoft Officeにないメリットがあります。

1. つねにOfficeの最新バージョンが利用できる

Office のバージョンは大切です。Office にはサポート期限があります!サポート期間終了後は、セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなります。セキュリティ更新をせずソフトウェアを利用し続けることは、脆弱性を解決しないままで使用し続けることになり、セキュリティ上、非常に危険な状態になります。

または、Microsoft Office は3~4年おきに新しいバージョンが発売されます。その時買い換えるには数万円掛かります。

Office 365 は常にOffice の最新バージョンを利用できるため、Office 買い替えるコストを節約できます。

Office 365 で今年後半でリリースのOffice 2019へ無料アップをお待ちしています。

2. 複数のデバイスでOffice を使える

Office 365 は一ライセンスにつき最大5台(Windows PC または Mac)、5 台のタブレットおよび 5 台のスマートフォンまでインストールできます。

最近では家でWindows PC、外出でノートPC、または『iPad』を活用している方も少なくありません。Windows PCと『iPad』などのスマホ、両方をお持ちの方は分かると思いますが、同じアプリやソフトでもPCとスマホでそれぞれ使えるようにするためには別々にインストールをする必要があります。

例えば、Windows PCの永続ライセンスのOffice 2016を購入するとWindows PC 2台までインストールできますが、Macipadなどで使えません。その代わりに、Office 365 を契約していれば、それぞれのデバイスでOffice ソフトをインストールして使えます。

3. Office 365 で One Drive を1TB使える

Office 365 はマイクロソフトが提供しているクラウドストレージサービス『OneDrive』を1TBまで無料で使えます。Office 365を契約していないなら、マイクロソフトアカウントをお持ちしていれば、『OneDrive』を15 GBまで無料で使えます。

OneDrive は、Word、ExcelPowerPoint、写真や動画なのファイルを 1 か所にまとめて保存でき、どこにいても、どのデバイスからでも、無料で写真、ビデオ、ドキュメントなどにアクセスして便利にお使いいただます。

OneDrive の利用料金は50GBあたり249円/月です。そのため、数百GBも増やすつもりがあるなら、Office 365を契約すれば1 TBまで無料で使えるのでお得になります。

4. Office 365で無料Skype 世界通話できる

Skype アカウントを使用して、 Microsoft Office 365 ホーム] または [ Office 365 の個人アカウントをリンクすると、世界 60 か国以上世界中で、毎月 mobile や landlines を無料で通話の 60 分を楽しむことができます。

5. Office 365は月間または年間契約できる

Office 365はサブスクリプション版であり、月額、年額の利用料金を払うことでMicrosoft Office を使えます。その反面、パッケージ版のMicrosoft Officeは買い切り型であり、購入するには数万円掛かります。

例えば、事務仕事などでMicrosoft Officeをあまり使わないですが、急に使うことがあった時、Office 365を一ヶ月契約すると千円くらい掛かります。パッケージ版のMicrosoft Officeを購入すると数万円掛かります。ということで、短期的にMicrosoft Officeを使うにはOffice 365はお得に運用できます。

Office 365 のデメリット

Office 365はMicrosoft Office の新しい利用方法です。そのデメリットといえば、価格面のことと思います。

Microsoft Office は、今まではパッケージ版を主に販売していました。1度購入すればサポートが終了するまで追加費用が発生しません。一方、Office 365はサブスクリプション版であり、使い続ける限り費用が発生します。Office 365の料金は1年間1万円くらいであり、3年以上使い続けるとパッケージ版Officeの価格を上回ります。

最後に

Office 365のメリットとデメリットを紹介しました。上記のようにOffice 365の機能面でのメリットもありますが価格面で高く感じることもあります。