Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 2019はサポート期限あるの?永久に使えないかな!

Office 2019のサポート期限はメインストリームサポートが5年間、延長サポートが2年間の合計7年間です。みんながOffice 2019を永続ライセンスとして購入していますがサポート期限が終了すると使えなくなります。サポート終了後セキュリティ上、非常に危険性があります。

Office 2019はサポート期限あるの?

Office 2019はサポート期限あるの?

Office 2019の延長サポートは2025年10月14日とサポート期間が7年に短縮され、Office 2016と同じ日にサポート終了します。従来なら、Officeのサポート期限は、メインストーリームが5年間と延長サポートが5年間と合計10年間でした。Office 2019では延長サポートが3年短縮されました。

Office 2010からOffice 2019のサポート期限一覧表
Officeバージョン メインストーリームサポート 延長サポート
Office 2010 終了しています 2020年10月13日
Office 2013 2018年4月10日 2023年4月11日
Office 2016 2020年10月13日 2025年10月14日
Office 2019 2023年10月10日 2025年10月14日

Office 2019の延長サポートが2016と同時期に終了するということは、もしかしてOffice 2019は最後の永続ライセンスとなり、AdobeのCCのように、Office 365しか使えないことになるかも知りません。

実は、Microsoft Officeは2、3年ごとに新しいバージョンを出しており、新バージョンのOfficeを使うために、新しいOfficeを買い替える必要があります。

また、サポート期間が終了した Office はセキュリティが更新されないため、脆弱性の塊と化すわけです。まったくセキュリティが更新されませんので、その脆弱性は日が経つにつれ、危険度はグングンと跳ね上がっていくわけです。

マイクロソフトは従来のパッケージ版の永続ライセンスから、毎年または毎月ライセンス料を払って使うOffice 365のサブスクリプション型の販売に移行しようとしています。マイクロソフトOffice 365に移動すると毎月または毎年の料金を払い続けることで常に最新のOfficeを使えることになります。

Office 365はサブスクリプション版で毎年利用料金を払うことで高く感じますが、機能面ではOffice 2019の永続ライセンスを上回るのは間違いないでしょう。