Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

無料で使えるオススメMac Office 編集ソフト3選

無料で使えるMac Office 編集ソフト3つを紹介します。Macで文書作成、データ分析などをする場合、Mac Officeは必須です。MacでOfficeをインストールしておけば、Word、Excelを使って文書作成するビジネス作業が便利からです。

Free soft

Free soft

Macを使って家庭用、ビジネス用の文書作成、表計算をする上で、「Microsoft Office for Mac」は、非常に便利です。LibreOfficeOpenOffice等の無料で文章を作成するソフトもありますが、「Microsoft Office for Mac」ほど進化した機能がないので、主流となっていないでしょう。

そんな背景もあり、今や文書作成や表計算を行う場合だけでなく、ネット会議、電話通話などでもマイクロソフトオフィスを利用するようになってきました。

Mac Office を利用する際、Officeアプリとしては、文書作成のためのWord、表計算のためのExcel、プレゼンテーション資料作成のPowerPointを活用されている方が多いと思います。 Word、ExcelPowerPointは、年賀状や名刺、表計算、図形や写真、文字を様々に組み合わせてスライドを作るには非常に便利です。一方、Mac Office を購入価格が高いので手を出せないこともあります。

そこで、今回は、Macで使えるMicrosoft Officeと高い互換性がある無料のOffice ソフトを紹介します。Microsoft Officeに比べて一定の機能の制限がありますが日常的にオフィスソフトを使う人には十分だと思います。

 

1,Microsoft Office Online(マイクロソフトオフィスオンライン)

MacでOffice を無料で使いたいならMicrosoft Office Onlineがオススメです。Word Online、Excel Online、PowerPoint Online などが含まれていて、無料で使用することができます。

このOffice Onlineは、Microsoft が提供している純正のマイクロソフトのOfficeなので、レイアウト崩れなどの問題点が発生しません。

オンライン版なので、インストールする必要なく、マイクロソフトアカウントをお持ちしていればAndroid/iOS/Windows関係なく、どのデバイスからも使えます。

デメリットといえば、有料のMicrosoft Officeと比べて機能が限定されており、たとえば、Excelやマクロ、一部の関数は動作しないことです。

Office Onlineは、作成したデータはリアルタイムに保存され、OneDrive に保存されます。

Word Online

Word Online

公式サイト:無料の Office Online アプリ

以下は、Office Online の利用方法について案内です。

『Office Online』マイクロソフトから提供する無料の Office! - Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

2,LibreOffice

LibreOfficeは、Microsoft Office と互換性のある海外製オフィスソフトですが、標準で日本語に対応しています。

Macにインストールして、文書ソフトの「Writer」、表計算ソフトの「Calc」、プレゼンテーションソフトの「Impress」のほか、図形描画の「Draw」、数式エディターに対応する「Math」、データベースソフトの「Base」の各機能を無料で利用できます。

Microsoft Officeとの互換性については、簡単な表などを開く分にはレイアウトの崩れもありません。

Libreoffice

Libre office

公式サイト:LibreOfficeをダウンロード

LibreOfficeMacにインストールする方法は、LibreOfficeのサイトに行き、Downloadへ移動。 プルダウンメニューが「Mac OS X」と「ja - 日本語」になっているのを確認し、「LibO_3.3.1_MacOS_x86_install_en-US.dmg 」と「LibO_3.3.1_MacOS_x86_langpack_ja.dmg」の2種類をダウンロードします。

ダウンロードした「LibO_3.3.1_MacOS_x86_install_en-US.dmg 」をダブルクリック。出てきたLibreOfficeのアイコンを、Applicationsと書かれたフォルダにドラッグすると、インストールされます。

3,Apache OpenOffice

Microsoft Office と互換性を持ち、Word や Excel などで作成したファイルをオープンオフィスで開いて閲覧・編集することができます。反対に、オープンオフィスで作成・編集したファイルを Microsoft Office で開くこともできます。

基本的な操作方法は Microsoft Office とほとんど変わりません。 Microsoft Office の代わりにMacで使える無料ソフトです。

Writer(ライター)、Calc(カルク)、 Impress(インプレス)、 Draw(ドロー)、Base(ベース)Math(マス)を用いて、文書作成のためのWord、表計算のためのExcel、プレゼンテーション資料作成のPowerPointの代わりに使えます。

OpenOffice

OpenOffice

公式サイト:OpenOffice

最後に

以上、Macで使えるMicrosoft Officeに代わるフリーソフトを紹介しました。

これらの機能で不十分という方はマイクロソフトの有料ソフトである、Office For MacOffice 365をご利用することになります。