Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Microsoft Officeは必要か?WordやExcelなどを使うならOffice 2016がオススメ!

Microsoft Office とはマイクロソフト社から発売されているWordやExcelなどのことであり、事務仕事に欠かせないもの。数年ごとに新しいバージョンが発売されて、現在の最新バージョンはMicrosoft Office 2016である。利用方法として永続ライセンスの「Office 2016」とサブスクリプション版の「Office 365」が挙げられる。

f:id:officekun:20180112185154p:plain

目次

Microsoft Office とは

Office 2016がおすすめの理由を紹介する前に、まずは「Microsoft Office」とは何かについてご説明します。

Microsoft Office」とは、マイクロソフトから発売されているビジネス用のアプリケーションソフトの総称です。

Microsoft Officeは「Office」と呼ばれることもあり、文書作成のためのWord、表 計算のためのExcel、メールソフトのOutlookを基本に、プレゼンテーション資料作成の PowerPoint・データベースソフトのaccessなどを追加したバージョンもある。

もともとDVDが入ったパッケージ版で販売されていましたが現在はパッケージ版が廃止で、POSAとダウンロード提供になりました。

ExcelとWordの購入方法

ワープロの「Word」と表計算の「Excel」。Microsoft Officeはオフィススイートにおける代名詞になった。マイクロソフトExcelとWordは単体でも販売されていますが、単体で購入すると高いように思われます。

現在のMicrosoft Office の入手方法は、かつてのパッケージ版(永続ライセンス)のOffice 2016と、Word、PowerPointExcel などの Office アプリケーションの Office 2016バージョン が含むうえ、 追加のオンライン ストレージ、継続的な技術サポート (追加料金なし) なども用意されている、月単位または年単位で契約できるOffice 365 Soloサブスクリプションがあります。

どれを選ぶのは人によってそれぞれですが、実際にMicrosoft OfficeExcelとWordのみを使いたいときに知っておきたいそれぞれの違い をご紹介します。

Office 2016がお得な理由

Excel2016単体版を購入価格は¥15,984円となっています。Word2016を追加購入するとさらに¥15,984円必要になり、高くなります。そのため、ExcelとWordを単体で購入するをおすすめしません。

Office 365 solo は、Word、PowerPointExcel のような使い慣れたフル機能の Office アプリケーションの Office 2016 が含まれており、常に最新バージョンの Office も使える、 追加のオンライン ストレージなどのサービスも無料で付くのは大きな特典です。が、月単位または年単位でお支払いすることで、長年ExcelとWordなどのアプリを Office 2016 バージョンのまま 使う方に年間12,744円という料金が高いでしょう。

最後に、パッケージ版(永続ライセンス)のOffice 2016は、「Personal 2016」、「Home&Business 2016」「Professional 2016」の三つの種類があり、それぞれの含まれる Office アプリケーションが 異なります。

Office Personal 2016 :Word 、ExcelOutlook ¥32.184円


Office Home and Business 2016 :Word 、ExcelOutlookPowerPointOneNote ¥37.584円


Office Professional 2016 :Word 、ExcelOutlookPowerPointOneNoteAccess 、Publisher ¥64.584円


Microsoft OfficeExcelとWordを安く運用したいなら「Personal 2016」を選ぶと、単体版を購入するよりお得でしょう。

さらに、PowerPointも使いたいなら「Home&Business 2016」を選択するでしょう。比較的に値段はアップしますが単体で購入よりお得し、Office 365 solo のような毎年の料金を払う必要もなし。

企業、ビジネスでMicrosoft OfficeAccessまで使うなら「Professional 2016」を選ぶ。

という考え方でMicrosoft Office が必要になり、ExcelとWordなどのアプリを入手するならOffice 2016永続ライセンスお得とオススメしました。