Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 2019の価格を安くする方法は?お得な買い方を徹底解説!

最近、Office 2019の提供が始まったが種類が多いので、選択に迷ってしまった人も多いのではないでしょうか。 この記事では、Office 2019の各種類の特徴と最適な買い方について紹介をしています。ぜひ参考にしてみてください。

f:id:officekun:20190222104052p:plain

 

 

Office 2019の種類について説明

Microsoft Office 2019を対応OSで分類するとWindows10向け製品、 Mac向け製品とWindows10/Mac両方対応する製品と3種類があります。

さらに、Windows10、Mac向け向け製品を含まれるアプリケーションにより、個人向け製品、企業、業務向け製品、学生向け製品と3種類に分けられます。

最後に、これらの製品を販売形態により、POSA版 、ダウンロード版、プレインストール PC版の3種類に分類できます。

Microsoft Office 2019はこれらの対応OS、含まれるWord、Excelなどのアプリケーションと販売形態により、ライセンス内容と価格が異なります。

例えば、僕は、Word、Excelしか使わないので安い製品を購入したいです。そのため、価格が安いWindows 10 向けOffice Professional Academic 2019製品を購入しようとしました。 が、この製品を購入するには、学生・教職員向けの製品で購入時に学生証明などを提示する必要があります。それで、社会人はこの製品を買えないです。

もし、Microsoft Office 2019の各種類の内容を理解できれば、 Office 2019を自分の必要に応じて安く購入できると思います。

以下、Microsoft Office 2019について解説します。

Office 2019のWindows PC向け製品に関して

Office 2019の対応するWindows OSは、Windows 10のみです。以下でそれぞれの製品名と機能、価格を紹介します。

Windows PCに対応Office 2019製品
機能と価格 Office Personal 2019 Office Professional 2019 Office Professional Academic 2019
Word 2019
Excel 2019
Outlook 2019
PowerPoint 2019  
Access 2019  
Publisher 2019  
インストール台数 2台 PC 2台 PC 2台 PC
価格 (税込) 32,184円 64,584円 30,024円

Office Personal 2019

Office Personal 2019は、ご家庭、個人向け製品です。

Word 2019、Excel 2019、Outlook 2019の3つのアプリが含まれます。

価格 (税込)は、32,184円です。2台のWindows 10 PCにインストールできます。

Office 2019 のWindows PC向け製品の中で一番安い製品です。

Office Professional 2019

Office Personal 2019は、家庭向けおよび法人向けライセンスです。

Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019、Publisher 2019、Access 2019といったマイクロソフトオフィスのすべてのアプリをご利用できるため、価格は64,584円 (税込)と高く設定されています。

Windows 10 PC 2台でインストールできます。

Office Professional Academic 2019

Office Professional Academic 2019は学生、教職員向け製品です。

Office Professional 2019と同じようにマイクロソフトオフィスのすべてのアプリをご利用できますが価格は30,0244円 (税込)とすごく安くなっています。

それは、Office Professional Academic 2019は学生、教職員向け製品で社会人が購入できない、商用利用できないという制限があるからです。

Office 2019のMac向け製品に関して

Office 2019 for Macの対応OSは、現在、macOS 10.12、macOS 10.13、macOS 10.14です。Appleが来年macOS 10.15をリリースした場合はmacOS 10.12 Sierraに対応しなくなります。 Office 2019 for Macは最新のmacOSを含む3世代のmacOSに対応します。

Mac 対応Office 2019製品
機能と価格 Office Home & Student 2019 for Mac Office Academic 2019 for Mac
Word 2019
Excel 2019
PowerPoint 2019
Outlook 2019  
インストール台数 Mac 2台 Mac 2台
価格 (税込) 25,704円 18,144円

Office Home & Student 2019 for Mac

Office Home & Student 2019 for Macは、家庭向けライセンス です。

Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019をMac 2台でご利用できます。

価格は、25,704円 (税込)です。

Office Academic 2019 for Mac

Office Academic 2019 for Macは、は学生、教職員向け製品で社会人が購入できない、商用利用できないという制限があるからです。 そのため、価格は、Office Home & Student 2019 for Macより安くなっています。

価格は、18,144円 (税込)です。

Office 2019のWindows/Mac両方対応製品に関して

マイクロソフトのOffice 2016バージョンでは、Office Home & Business 2016 for MacとOffice Home & Business 2016 for Windowsの2種類ありました。

今回のバージョンアップで、Office Home & Business 2019というWindows/Mac両方対応製品が提供されました。

以下は、Office Home & Business 2019の機能と価格をまとめた表です。

Windows PC または Mac に対応Office 2019製品
機能と価格 Office Home & Business 2019
Word 2019
Excel 2019
PowerPoint 2019
Outlook 2019
インストール台数 2 台のWindows PC またはMac
価格 (税込) 37,584円

Office Home & Business 2019

Office Home & Business 2019は、Windows/Mac両方対応します。Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019を利用できます。

価格は、37,584円 (税込)です。

Office 2019 のPOSA版 、ダウンロード版、プレインストール PC版の選び方

Office 2019 は、各製品でPOSA版、ダウンロード版、プレインストール PC版の3つが販売されます。それぞれ価格や販売方法やライセンス等が異なります。

以下で、Office 2019のPOSA版、ダウンロード版、プレインストール PC版の違いについて見ていきます。

POSA版とは?

POSA版とは、ライセンスキーが書かれたPOSAカードのことで、パッケージ版の代わりとしてこちらが提供されています。

コンビニや家電量販店などで購入できます。

Office 2019 POSAカード

Office 2019 POSAカード

Office 2019POSA版の 価格はダウンロード版と同じです。

実は、POSA版は、かつてのCD-ROMやDVD-ROMが入ったパッケージの変わりに販売されている製品です。CDなしの製品なので、プロタクトキーをマイクロソフトアカウントにセットアップして、Office 2019をダウンロードしてインストールします。

Office 2019のPOSA版で販売されている製品は、Office Home & Business 2019、Office Personal 2019、Office Professional Academic 2019、Office Home & Student 2019 for Mac、Office Academic 2019 for Mac です。

Office Professional 2019は、POSA版で販売されていません。

ダウンロード版とは?

ダウンロード版は、文字通りインターネットからダウンロード購入する商品です。MicrosoftAmazonヨドバシカメラ等のオンラインサイトで購入可能です。

Office 2019のすべての製品がダウンロード版で販売されていません。

購入後に、すぐに、プロタクトキーがメールで発行されますのですぐに使えるのはメリットです。

プレインストール版とは?

パソコンに予めからインストールされています。別のパソコンへ移動できません。インストールされているパソコンのみでインストールできます。インストール台数は1台のみです。

価格は、ダウンロード版、POSA版より安く販売していますが、パソコンが壊れると使えなくなるのはデメリットです。

Office 2019を安く買う方法、最適な選び方

以上、Office 2019について説明しました。

以下で自分の必要に応じてOffice 2019を選択しましょう。

1.Windows10 PCでOffice 2019を利用する場合、Office Personal 2019を選ぶでしょう。Access 2019まで利用する場合、Office Professional 2019を選びましょう。

学生の場合は、Office Professional Academic 2019をお得に購入できます。

2.Mac でOffice 2019を利用する場合、Office Home & Student 2019 for Macはお得です。

学生の場合は、Office Academic 2019 for Macをお得に購入できます。

3.Windows10 PC、Mac でOffice 2019を利用する場合、Office Home & Business 2019が一番お得です。

さらに、PCを買い替えるタイミングであれば、プレインストール版のOffice 2019付きパソコンを購入する選択もあります。

Office 2019 の購入を検討中の方に向けて、Office 2019 の複数の種類の機能や価格を比較しながらどれがおすすめなのかについて説明しました。以上のOffice 2019 の価格と機能を了解すれば、購入後の「満足度」が高い製品を探すことができます。