Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 2019 の発売日はいつ?価格は?

マイクロソフトのOffice 2019。Windows 10のみをサポートします。Office 2019のプレビュー版は既にリリースされており、発売日は2018年後半と予定されています。今回改めてOffice 2019について情報をまとめています。発売日はいつ?価格はいくら?など。

office2019

Office 2019をもっと知りたい

上記の記事で、Office 2019について出ている情報をまとめました。 今回はもう少し深くOffice 2019の機能について、公開されている情報を基に、まとめてみたいと思います!!!

Office 2019とは??

Microsoft Office 永続ライセンスの時期バージョン。こちらがOffice 2019です。

office 2019

office 2019

Office 2019 の対象OSは?

Office 2019を利用できるのは、以下のOSです。

一般的なビジネスユーザーが、Windows 10 Enterprise LTSCやWindows Server 2019をメインOSとして利用することが少ないです。 そのため、多くのユーザーにとって、Office 2019を使う環境は、サポート期間内のWindows 10 SACとなるでしょう。

Office 2019のアプリケーションは?

Office 2019のアプリケーションはこちら。

これを見るとOffice 2019に次のサーバーアプリケーションも含まれていることをわかりますね。

上記のサーバーアプリケーションの説明を引用しました。

Microsoft Exchangeとは - IT用語辞典 Weblio辞書

 

SharePointとは - IT用語辞典 Weblio辞書

 

Skype for Businessとは - Weblio辞書

Office 2019のサポート期間は?

Microsoft Officeではメインストリームサポート期間5年と延長サポート期間5年で10年セキュリティ更新が提供されてきたが、今回Office 2019では延長サポートが約2年に短縮され、合計約7年になることが発表された。

Office 2019の延長サポート期間の短縮は、Office 2016の延長サポート期間が2025年10月14日で終了することに合わせたものだという。

Office 2019 発売日はいつなの?

Office 2019は、2018年後半に発売予定です、ということしか公式からは発表されていません。
続報を待ちましょう。

追記
Microsoftは9月24日 (現地時間)、Microsoft Officeの永続ライセンス版 (スタンドアロン版)「Office 2019」(WindowsMac)の一般提供 (GA: General Availability)開始を発表した。 同日よりボリュームライセンスを先行的に販売、数週間中にコンシューマを含む全ての顧客に拡大する。

Office 2019 価格はどれくらいなの?

Office 2019の価格はまだ公式で発表されていませんが、
Office 2019の市販価格は現行のオンプレミス版から10%ほど値上げと想定されるので、これに近い値段ではないか?と予測されます。

最終的な価格表を2018年9月に発表する予定、実際のところはどうなるのか、続報が待ちどおしいですね。

追記
「Office Home & Business 2019」の米国での販売価格は249.99ドル(約2万8200円)で、先代の「Office 2016」より20ドル高くなる。対応するOSは、Windowsは「Windows 10」以降、Macは「macOS 10.12」以降。

Office 2019のインストールは?

Office 2019のインストールはClick-to-Runのみで、MSIでは提供されません。

最後に

今の時点では、Office 2019に関する情報はココまでです。マイクロソフトがOffice 2019の価格、発売日について情報を発表後に追加して行きます。