Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 2019の価格がわからん!初心者が戸惑う概要・料金まとめ

2019年1月22日より、Microsoft Officeの最新バージョン、家庭向け「Office 2019」の販売が始まりました。「Office 2016すら使ったことがないのに」「最新Office 2019ってどんな感じ?」という方も多いのではないでしょうか。今回はOffice 2019についての概要、商品の構成、価格をご説明いたします。

Office 2019 概要・構成・価格

Office 2019 概要・構成・価格

マイクロソフトオフィスといえば、みんなが知っているようにワード、エクセル等の入った、ビジネス統合型ソフト。ほとんどの方が、普通にExcelやWordは単体で買わず、Officeとして購入しているのではないでしょうか。Office Premium が予めプレインストールされたパソコンも多く販売されています。

Windows3.1の時代から約3年ごとにバージョンアップを続けてきたマイクロソフトOffice。95、97、2000、XP、Office 2003、Office 2007、Office 2010、Office 2013、Office 2016、Office 2019ときて、今回発売されたのがOffice 2019です。さらに、Office 365というサブスクリプション版もあります。

ただし、Office 2007までのサポートが終了しているのでOffice 2010、Office 2013、Office 2016、Office 2019のどのバージョンを使っているでしょうか。

もちろん、新しいバージョンに変わるたびに新機能を搭載してデビューしてきたわけですが、実感としてはOffice 2016あたりで「機能はもう現状で十分」と思われた方も多いのではないでしょうか。 では、Office 2019は、一体どんな新機能が追加され、どう変わったでしょうか。

 

Office 2019の特徴

Office 2019で充実した点は、Office 2016 の発売後にOffice 365でアップデートされた新機能、新しいインクツール、データ型、関数、翻訳および編集ツール、モーション グラフィックス、使いやすい機能などが追加されました。

これらの新機能に加えて、次の変更点に注意する必要があります。

Office 2019 は Windows 10 のみ対応

Office 2019 は Windows 10 でサポートされていますが、Windows 7 または Windows 8.1 ではサポートされていません。

Windows インストーラー (MSI) で提供しない

インストールを構成して実行するには、Microsoft ダウンロード センターから無料でダウンロードできる Office 展開ツールを使用します。 以前 Windows インストーラー (MSI) に使用していた Office カスタマイズ ツールは使用されなくなりました。

Office 2019 のサポート期間は合計7年

Office 2019は、メインストリームサポートが発売から約5年間設定されていて、延長サポートが2年間と設定されています。

Office 2019稼働環境

Office 2019は、Windows 7 または Windows 8.1 では稼動しませんので、ご注意ください。 また、Office 2019 for Mac は、macOS の 3 つの最新バージョンでサポートされます。 macOS の新バージョンがリリースされた場合、Office 2019 for Mac のオペレーティング システム要件は、 その時点での最新の 3 つのバージョン (macOS の新バージョンとそれ以前の 2 つのバージョン) になります。

Office 2019 Windows製品
オペレーティングシステム Windows 10
CPU 1.6 GHz、2 コア
メモリ 4 GB (64 ビット)、2 GB (32 ビット)
ハードディスク 4 GB の空きディスク領域
画面解像度 1280 x 768 の画面解像度
Office 2019 For Mac 製品
オペレーティングシステム 10.12以降。macOS の 3 つの最新バージョン。
CPU Intel プロセッサ
メモリ 4 GB RAM
ハードディスク 使用可能ディスク領域 10 GBHFS+ ハード ディスク フォーマット
画面解像度 1280 x 800 の画面解像度

Office 2019 製品群

Office 20196バージョンに引き続き、いくつかのパッケージがあります。少しずつ構成が異なりますので、下の表を参考にご検討ください。

Office 2019 の種類と販売形態

Office 2019 の種類と販売形態
Office Personal 2019 POSA版 、ダウンロード版、プレインストール PC版。
Office Home & Business 2019 POSA版 、ダウンロード版、プレインストール PC版。
Office Professional 2019 ダウンロード版、プレインストール版、POSA版の販売無し。
Office Home & Student 2019 for Mac POSA版 、ダウンロード版、プレインストールの販売無し。
Office Professional Academic 2019 POSA版 、ダウンロード版、プレインストール PC版
Office Academic 2019 for Mac POSA版 、ダウンロード版、プレインストールの販売無し。

Office Academic 2019 for Mac、Office Professional Academic 2019は、学生、教育向け製品です。学生証明を提示することで安く購入できます。

Office 2019 アプリケーションの構成と価格

Office 2019 アプリケーションの構成と価格
機能と価格 Personal 2019 Home & Business 2019 Professional 2019 Home Student 2019 for Mac
Word 2019
Excel 2019  
Outlook 2019
PowerPoint 2019  
Access 2019      
Publisher 2019      
インストール台数 2台 PC 2台 Mac/PC 2台 PC 2台 Mac
価格 (税込) 32,184円 37,584円 64,584円 25,704円

Office 2019 製品選択時の注意事項

AccessとProfessionalが必要か

AccessとProfessionalが必要なくであれば、Office Personal 2019とOffice Home & Business 2019を選択するでしょう。

Macで使うか

Macで使うならOffice Home & Student 2019 for Mac 、Office Home & Business 2019を選ぶでしょう。特に、MacWindows両方使うことであればOffice Home & Business 2019がオススメです。

Office 2016 との互換性

Office 2016 と互換性があるアドインおよびその他の機能拡張ソリューションは、Office 2019 と互換性がある場合がほとんどか、または最小限のテストのみ必要になります。

以上、簡単にOffice 2019の特徴、構成、価格をご説明いたしました。  この記事は、筆者がOffice 2019の紹介セミナー等で得た情報をまとめたものです。  詳細は必ず、マイクロソフトのサイト等でご確認いただきますよう、お願い申し上げます。