Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

パワーポイントとは?価格・購入方法・使い方徹底解説

プレゼン資料を作るに必須とも言えるプレゼンテーションソフトウェアであるパワーポイントをご紹介。価格や購入方法、便利な使い方もお伝えします。PowerPointを無料で使う方法も紹介しているで是非参考にしてください。

パワーポイント

パワーポイント

目次

 

パワーポイント(PowerPoint)とは?

PowerPoint 2019

PowerPoint 2019

パワーポイント(PowerPoint)とは、マイクロソフト社が提供している分かりやすく、印象的で効果的な資料作成に最適なプレゼンテーション ソフトウェアです。

プレゼンテーションソフトといえば、マイクロソフト社のパワーポイント以外にも、「Googleスライド」「Impress」「Prezi」「keynote」なども挙げられますが、パワーポイントは代表的なソフトです。

パワーポイントは、プレゼンテーションの代表的なソフトで、特徴的な機能が備わっているため、資料作成を行う際にとても便利なツールです。

特に、パワーポイント(PowerPoint)の最新バージョンはPowerPoint 2019では、スライドを作る際に役立つ変形切り替え効果、テキストの蛍光ペンを使える、3D モデルの挿入等々の便利な機能が追加されています。

パワーポイント(PowerPoint)の購入

パワーポイントの購入方法はいくつかあるので順番にみていきましょう!

PowerPoint 2019 単体製品の購入

PowerPoint 2019 単体製品の購入

PowerPoint 2019 単体製品の購入

PowerPoint 2019 を単体で購入できます。2台までのWindows 10 PCまたは Macにインストールできます。WindowsMac間の互換性を考慮する必要はありません。そのため、ビジネスの場ではとてもに重宝することでしょう。

しかし、PowerPoint 2019の単体製品は1万5千円もしますので安くありません。

パソコンにOffice Personal 2016やOffice Personal 2019が入っていて、PowerPoint 2019のみが欲しいという方は購入しますね。

Office Home and Business 2019の購入

Office Home and Business 2019の購入

Office Home and Business 2019の購入

こちらは、Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019をセットにして販売している製品です。2 台の Windows 10 PC または Mac にインストールできます。

特に、Office Home and Business 2019は、 Windows 10 PC または Mac に両方対応できるのでPowerPoint 2019をはじめ、Word 2019、Excel 2019、Outlook 2019を WindowsMacで使う方にお勧めです。

Office Home and Business 2019の値段は3万7千円もしますが4つのアプリを含めているのでお得用に感じます。

Office Professional 2019の購入

Office Professional 2019の購入

Office Professional 2019の購入

Office Professional 2019は、Word、ExcelPowerPointOutlook、Publisher、Accessのアプリを含まれていますが価格は非常に高い。6万円以上もするのでPowerPointを利用するために購入する必要ありませんと思います。

さらに、Office Professional 2019製品は2台のWindows 10のみ対応します。Macに対応しません。

Office Home and Student 2019 for Macの購入

Office Home and Student 2019 for Macの購入

Office Home and Student 2019 for Macの購入

Office Home and Student 2019 for Macは、Mac対応製品でWord、ExcelPowerPointの3つの アプリケーションを含まれます。MacPowerPointを使う方にお勧めです。

Mac 2 台にインストールできます。

Office 365 Soloを契約する

Office 365 Soloを契約する

Office 365 Soloを契約する

Office 365 Soloは個人向けのOffice 365 サブスクリプション版です。月額または年額の契約が必要です。永続ライセンスではありません。追加料金が発生します。

常にWord、ExcelPowerPointOutlook (Publisher と AccessWindows PC のみ) の最新バージョンを使えます。

パワーポイントを使う費用・価格

上記は、パワーポイント単体製品の購入からセットで入手する方法を紹介しました。パワーポイント単体製品とOffice 2019製品は永続ライセンスで一回購入すれば永久に使えます。しかし、Office 365 Soloはサブスクリプション版であり、毎月の料金が発生します。そして、パワーポイントを使うための価格と費用を確認してみましょう。

パワーポイントを使う費用・価格
  PowerPoint 2019 Office Home & Business 2019 Office Professional 2019 Office Home and Student 2019 for Mac Office 365 Solo
Word 2019  
Excel 2019  
Outlook 2019  
PowerPoint 2019
Access 2019      
Publisher 2019      
価格(税込み) 15,984円 37,584円 64,584円 25,704円 12,744円/年間
Windows 10 2台 2台 2台   無制限
Mac 2台 2台   2台 無制限

表によれば、パワーポイントを単体製品で購入すると15,984円です。

でも、Office Home & Business 2019を購入すれば、37,584円でWord 2019、Excel 2019、Outlook 2019、PowerPoint 2019の4つのアプリを使えます。PowerPoint 2019を単体製品で購入したよりお得ように思われます。

しかも、Office Home & Business 2019はWindows 10/Mac両方で使えます。

PowerPoint 2019をMacのみで使うならOffice Home and Student 2019 for Macがお得です。

Office 2019バージョンはWindows 10のみ対応して、Windows 8.1 / 7には対応しません。しかし、今もWindows 8.1 / 7を利用しているユーザーが多いですね。そして、Windows 8.1 / 7パソコンでOfficeを使うにはOffice 365 Soloを選択することにするでしょう。

パワーポイントを無料で使う方法

無料パワーポイント

無料パワーポイント

プレゼンテーション資料作成のためにPowerPointを購入したいですがPowerPointを単体で購入しても1万5千円以上かかります。そんなお金を使いたくない方にPowerPointを無料で使う方法を紹介します。

マイクロソフトアカウントを取得していれば、「PowerPoint Online」を無料で使えます。

PowerPoint Online」は、マイクロソフトが無料で提供しているため、PowerPointのすべての機能が使えるわけではなく、機能を制限しています。

まとめ

パワーポイントを購入する6つの方法を紹介しました。

それらの入手方法を機能や価格で比較してみました。

個人的な意見ですが、パワーポイントを購入するには、パワーポイント単体製品を購入するより、パワーポイントが入っているOffice 2019を購入したほうがお得です。

お得といえば、「PowerPoint Online」は無料ですがやっぱり機能面で十分ではないと思います。

Office 365 Soloは機能面で優れていますが価格的に高いと思います。