Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Windows 10 の入手方法(価格、購入、インストール方法)

Windows 10 の価格・購入方法のご紹介。

自作パソコンを作る、またはPCにWindows 10を入れる場合に、どの方法で購入すればよいでしょうか?

この記事では、Windows 10を無料で使う方法と3つの購入方法を紹介していますのでWindows 10 の購入に悩んでいる方はぜひ参考してください。

Windows 10 価格・購入方法

Windows 10 価格・購入・インストール方法

 

目次

Windows 10 へ無料アップグレードする方法

Windows 7以上のOSがお持ちであれば、Windows 10 へ無料アップグレードをオススメします。

アップグレードできる条件は以下の通りです。

  • Windows 7 SP1、Windows 8.1
  • Windows 10 のシステム条件を満たしている
  • メーカー等のサポート対象であること

上記の3つの条件を満たしている場合、Windows 10 に無償でアップグレードできます。

自作PCに使用するならWindows 10 DSP

自作PCに使用することであれば、パーツとセットで買えるWindows 10 のDSP版がオススメ。

価格は、

  • Windows 10 Home DSP版 32 bit LANアダプターバンドル は、17,580円
  • Windows 10 Home DSP版 64 bit LANアダプターバンドル は、15,388円
  • Windows 10 Pro DSP版 32 bit LANアダプターバンドル は、29,765円
  • Windows 10 Pro DSP版 64 bit LANアダプターバンドル は、20,172円

値段が安いですが、他のPCに勝手に移動できません。同時購入したパーツが壊れると使えなくなるデメリットがあります。

すぐ使いたいならWindows 10 ダウンロード版

パソコンにWindows 10 をすぐ使いたいならダウンロード版がオススメ。Amazonなら安く購入できます。

 Microsoft 公式での価格は、Windows 10 Home が19,360円、Windows 10 Pro が28,380円です。

Amazonでは、Windows 10 Home を17,600円と1,760円安く、Windows 10 Pro を2,5325円と3,055円安く購入できます。

 

でも、Windows 10 Pro ダウンロード版を8,900円と販売しているサイトもあり、Windows 10 Home パッケージ版を選ぶより安くなっているのも見逃せません。

 

DVD、USBメモリが必要ならWindows 10 パッケージ版

DVD、USBメモリが必要な方にWindows 10 パッケージ版がオススメ。

価格は、

郵送時間がかかります。

Windows 10のインストール方法

1. インストールDVDを挿入しての直接起動

コンピューターの電源を入れ、光学ドライブWindows 10のインストールDVDを挿入します。画面に「Press any Key to boot From CD or DVD...」と表示されましたら、表示されている間に「スペース」キーなど何かキーボードのキーを何度か押します。

Windowsインストールメディアを挿入するタイミングで表示が出てこない場合、そのままコンピューターを再起動し、表示がされたら同様にキーボードの操作をします。

Windows 10 インストールDVDを挿入 イメージ画像

 

2. インストール言語の選択

下記画面になりましたら各項目を確認の上、変更項目がなければそのまま[次へ(N)]をクリックします。 (上から「日本語」「日本語(日本)」「Microsoft IME」「日本語キーボード(106/109キー)」の設定です)

インストール言語の選択

 

3. Windows 10 のインストール開始

画面中央部に表示されている[今すぐインストール(I)]をクリックします。

Windows 10 のインストール開始しました。

 

4. [プロダクトキーがありません]をクリックします。

プロダクトキーを持っていても、ここに入れないでください。
マザーボード交換歴がない場合、マザーボード上に内蔵されたプロダクトキーで識別するので、ステップ5、6が表示されず、そのままステップ7に進みます。

プロダクトキーがありませんを選択します。

 

[次へ]をクリックします。

次の画面へ移動する。

 

5. ライセンス条項の確認

ソフトウェアライセンス条項が表示されますので、お読みいただき、[同意します(A)]にチェックを入れて[次へ(N)]をクリックします。

f:id:officekun:20170928170451j:plain

 

6. インストールの種類の選択

インストール方法の選択画面となります。[カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)(C)]を選択します。

Windows 10 の種類の選択画面

 

7. インストール場所の選択

ここでパーティションの削除の作業を行いますと、削除を行なったパーティション内のデータはすべて消去されます。 削除する前に、大事なデータのバックアップし忘れが無いか、ご確認下さい。

ウインドウ右下の「ドライブオプション(詳細)(A)」をクリックしますと、下記のような画面に変わります。 Windowsがインストールされているパーティション(下記の場合は951.5GBのドライブ0パーティション2)にカーソルを合わせて「削除(D)」をクリックします。 削除をするかどうか確認の画面が表示されますので「はい」をクリックします。 次に「システムで予約済み」と書かれているパーティション(下記の場合は500MBのドライブ0パーティション1)に合わせ、同様に削除を実行します。

インストール場所の選択

 

※500MBのパーティションは、Windowsの起動に使用される特殊なパーティションです。
削除が完了すると、下記のような画面になります。削除したら、「未割り当て領域」にカーソルを合わせて、そのまま「次へ(N)」をクリックします。

インストール場所の選択、次へ進む

 

※500MBのパーティションWindowsがインストールされるパーティションは自動的に作成されます。

8. Windows 10 のインストール開始

Windows 10 のインストール画面となり、数十分間はDVDドライブからHDDへファイルがコピーされインストールが進みます。 インストール途中、数回再起動されますがその間は何もしないでください。

インストール

 

9. コンピューターの初期設定

Windowsの設定を行います。PCのご利用において特殊な設定などがなければ、[簡単設定を使う(E)]をクリックしてください。

設定

 

10. パソコンの所有者の設定

通常は「私が所有しています」をクリックして、[次へ]を押して下さい。

設定2

 

11. ログイン アカウントの設定

Microsoftアカウントでログインしたい場合は、こちらにお客様Microsoftアカウントを入力してサイインをすると、Windows 10のインストールは完了となります。ローカルアカウントでご利用されたい場合は、「この手順をスキップ」をクリックし、次の手順へ進みます。

アカウント設定

 

12. ユーザー名とパスワードの設定(ローカルアカウントの作成)

ユーザー名とパスワードの入力を行い[完了(F)]をクリックします。

パスワードを入れる

 

13. Windows 10のインストール完了

設定が完了してしばらくしますと、Windows 10のスタート画面が表示されます。スタート画面が表示されましたらWindows 10部分のインストールは完了となります。

インストール完了

まとめ

Windows 10 を公式サイトの価格より安い値段で 購入 してインストールまで紹介しました。

Windows 7のサポート終了に伴って、Windows 10 の 購入 を検討している人は参考にしてください。