Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 2019の32 bit版・64 bit版違いは?最適な選ぶ方法を紹介!

Office 2019には32bit版・64bit版のように2種類あり、どちらをインストールするかで迷うでしょう。両者の違いを簡単に言えば「PCの情報処理量の違い」です。自分のPCのOS、操作しているデータ量、アドインなどに対応して最適なバージョンを選びましょう。

f:id:officekun:20170304185607p:plain

 目次

32 bit版と64 bit版の違いは?

64bit版と32bit版の違いは、一度に処理できるデータの量とアドインへの互換性です。

Office 2019をインストールする際に、32 bit版と64 bit版の2種類の選択があり、どれを選択といいのかわからないという方は多いでしょう。では、この、「bit」という言葉を理解すれば その違いを分かると思います。

bit(ビット)とは1度に処理できるデータの量です。

そして、64 bit版では32 bit版より大きなデータを処理できるため、64bit版の方が性能が高いです。

64 bit版を導入場合

1. 複雑な計算、多くのピボットテーブル等々、大きなデータセットを操作する場合。

2. PowerPointで大容量の画像、ビデオ、またはアニメーションを処理する場合に適している。

3. 特に大規模なプロジェクトを構成する多数のサブプロジェクトを扱う際に 2 GB 以上の Project ファイルを使う場合。

4. アドインやドキュメントレベルのカスタマイズなど、社内Officeソリューションを開発している場合。

5. 組織が Office アプリケーション用のハードウェア データ実行防止 (DEP) を必要とする場合、64 ビット版が、常に DEP が自動的に選択されます。

32 bit版を導入場合

ARM ベース プロセッサを使用する 64 ビット版のオペレーティング システム。

x86 (32 ビット) プロセッサを使用する 32 ビット版のオペレーティング システム。

4 GB 未満の RAM。

32bit 版と 64bit 版の互換性の問題

Office 2019のインストールでは、 プロセスを始める前に、明示的に 32 ビット版を選択しなければ、64 ビット版の Office が自動的にインストールされます。

Office 2019 をインストールする前に、利用しているPCのOSバージョンを確認してください。

32 ビット版の Windows 10 を使用している場合は、32 ビット版の Office 2019 のみをインストールできます。

32bit版のWindows 10に64bit版のMicrosoft Office 2019はインストールできません。

64 ビット版の Windows 10 を使用している場合は、32 ビット版の Office または 64 ビット版の Office をインストールすることができます。

また、32bit版向けに開発さたアプリケーションやアドインは64bitで動作されないことが多いので、互換性の問題が発生すため、32bit版のインストーリをオススメしている。

 

 最後に

64bit版では32bit版より多くのメモリにアクセスできるため、大きなデータの操作に適しています。

アドインへの互換性については、64bit版、32bit版のどちらかにしか対応していないアドインがあり、32bit版は64bit版より旧来からあるアドインとの互換性に優れています。

Office 2019の標準インストールは64bit版となりますので、必須のアドインがある場合は事前に動作条件をご確認下さい。