Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

無料Officeモバイルで十分なの?Office必要な方は必見!

Officeモバイルは、タブレットスマートフォンでWord、ExcelPowerPointのファイルを無料(画面サイズが10.1インチ以下のモバイル端末)で閲覧したり、作成・編集できるアプリで、いつでもどこでも気軽にOfficeが使えます。

f:id:officekun:20170922101002j:plain

 

Officeモバイルの特徴

Officeモバイルは、Microsoft社が提供するモバイル端末向けのOfficeアプリケーションです。
スマートフォンタブレットに最適化されたOfficeで、iPhone版、Android版とも日本のストアから無料でダウンロードできます。

Word、ExcelPowerPointOneNoteファイルを、いつでもどこでも新規作成、編集、閲覧できます。

基本編集機能を使用するには、Microsoftアカウントでのサインインが必要です。サインインしていない場合、閲覧機能しか使えません。

図形、スタイル及びレイアウトなどの高度な編集機能を使用する場合は、Office 365を購入する必要があります。

外出中でも、モバイル端末でOfficeを気軽に使えるのが超便利でしょう。

Officeモバイルを無料で使えるって、本当?

Officeモバイルをスマートフォンタブレットで無料で使えますが、画面サイズが10.1インチ以下のモバイル端末のみです。

10.1インチ以上のモバイル端末を持っている場合、無料で使えるのは閲覧機能のみで、編集機能も使いたいなら、Office 365を購入する必要があります。

PCでOffice 365のサブスクリプションを契約している方は、画面サイズの大きさを問わず、モバイル端末で基本編集機能に加えて、追加の高度な編集機能も使用できます。

特にビジネスでモバイル端末を使用している方は、Office 365を契約し、最新Officeや様々なアプリケーションを同時に使用できる方がメリットが多いでしょう。

最後に

いかがでしょうか?

いつでもどこでも気軽にOfficeが利用できる無料Officeモバイルアプリは、よく外出する方にとって、時間を有効活用でき、超便利でしょう。

 

Officeモバイルアプリのダウンロードは、以下のURLからご実行ください。 https://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/device/tablet/download.aspx

無料ですよ!WordやExcelの代わりとして使える「Libre Office」

Libre OfficeはMicrosoft Officeと互換性が高く、WordやExcelの代わりとして使える無料のオフィススイートです。

f:id:officekun:20170919165513j:plain

 

Libre Officeは、Open Office.orgから派生して、本ソフトには

ワープロソフト「Writer」→Word
表計算ソフト「Calc」→Excel
プレゼンテーションソフト「Impress」→Power point
データベースソフト「Base」
ドローソフト「Draw」
数式編集ソフト「Math」

の6つのソフトが含まれています。

Microsoft Officeと互換性が高いLibre Office

Libre OfficeをWordやExcelとして使いたい場合は、「新規作成」の項目にあるWriter、Calcなどをクリックします。

ワープロソフト「Writer」は、Microsoft Officeの「Word」に当たります。
プロパティが右にあり、Wordで開く時にフォントの大きさが変わりますが、内容が正しく表示されます。もちろん、「.docx」で保存できます。

f:id:officekun:20170919165754j:plain

 

表計算ソフト「Calc」は、Microsoft OfficeExcelに当たり、Excelにある機能が、Calcにもほとんど揃っています。「.xlsx」で保存可能です。

f:id:officekun:20170919165928j:plain

上から見ると、Writerと Calcの操作方法はMicrosoft OfficeのWordとExcelと大差なく、使えばすぐに慣れると思います。

互換する時の注意点

 Libre OfficeはMicrosoft Officeと互換性が高いといっても、ファイルを互換して開く時、多少の差異が発生します。

 例えば、Microsoft Officeで作成した図表や複雑なレイアウトなどがLibre Officeで再現できないことがあります。

 Libre Officeファイルを他人に渡したいなら、PDF 形式で保存すると、レイアウトを崩さずに渡す事ができます。

最後に

これから見ると、会社の業務などビジネスの世界では、やはりMicrosoft Office製品がスタンダードですが、

普通は、Officeをあまり使わない、WordやExcelでちょっとした編集や閲覧をしたいだけであれば、オフィスソフトを購入しなくて、フリーソフトであるLibre Officeで代用してもいいでしょう。

 

以下のURLからインストールをご実行ください。
http://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-fresh/

あなたは大丈夫?一太郎派からWord派に乗りかける方法

f:id:officekun:20170916190945j:plain

この前一太郎文書を使っていましたが、今からWord派になりたい、どう変換すればいいかとネット上で聞いている方が多いです。
これで、一太郎文書をWordに変換するいくつかの方法について紹介しようと思います。

一太郎って誰?

一太郎って誰ですかと思う方もいらっしゃるでしょう。
それは、人の名前ではなく、ソフトの名前です。

一太郎とは、縦書きやルビなど日本語での執筆に重要な機能が充実し、日本国内でよく利用される用紙のテンプレートが標準で用意され、日本語文章を作成しやすいワープロソフトです。

実は、Wordがワープロソフトとして一般的になる前に、一太郎が主流だったのですが、今は、世界的なMicrosoft Wordに座を奪われました。

この数年、一太郎からWordへ変換する人が多くなりましたが、その方法について紹介します。

一太郎ファイルをWordに変換する方法

Word2007前のバージョンに、一太郎ファイルを読み込む機能が付いています。
一太郎をWord 2010、Word 2013、Word 2016に変換したい方は下の方法を試してみてください。

一太郎ファイル→PDFファイル→Wordファイル

まず、一太郎ファイルをPDFファイルに変換します。
1、 一太郎ファイルを開き、左上の「ファイル」→「印刷」
2、「印刷」画面のプリンタ名の一覧から「Cube PDF」を選択
このように、一太郎ファイルからPDFファイルに変換できました。

次に、PDFファイルからWordファイルへ変換します。

Open Officeの拡張機能を使う

まず、「OpenOffice.org Writer」(Open Officeをインストールする)で一太郎ファイルを読み込む。
1、OpenOffice.org Writerを開き、「ファイル」→「開く」をクリック
2、「開く」画面の右下にある「すべてのファイル」をクリックし、読み込みたい一太郎ファイルを選択する。
一太郎ファイルの拡張子が「.jtd」或いは「.jtt」です。

これで、OpenOffice.org Writerで一太郎ファイルが表示されます。

次は、読み込んだばかりのOpenOffice. org WriterからWordへ変換する。
1、 右上の「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリック
2、 ファイルの種類からWordの拡張子「.doc」のものを選択
3、 好きな名前を付けて保存

このようにすれば、一太郎ファイルをWordで開いて、編集できるようになります。

文字化けになったOffice Word文書を気軽に修復する方法

f:id:officekun:20170915103512j:plain

PCでOffice Word文書を開いたら、四角だらけの文字化けになってしまいました。大切なファイルですが、どうすればいいのと困っている方がいるでしょう!心配しないでね、気軽に修復する方法があります。

文字化けとは

文字だったWord文書が、何らかの原因で四角や点で構成された謎のコードのようになってしまった状態です。 その原因と修復方法について紹介しよう。

文字化けが発生する原因

文字化けが発生する原因としては、主に以下の三つが考えられます。

Officeバージョンの違・互換性による文字化け

開いたWord文書のバージョンが、作成した時のWordバージョンと違う時、文字化けが起こることがあります。
 例えば、Word 2013で作成した文書をWord 2016開くと、文字化けが発生する可能性があります。

文字コードが違う

同じ文字が、使っている文字コードによって対応する数値が異なります。一度保存したデータを別の文字コードを使って書かれたものとして読み込もうとすると文字化けが発生します。WindowsMacOSとの間でデータをやりとりする時に、扱う文字コードの違いで、文字化けが発生することもあります。

Word文書自体の破損

Word文書が、何らかの原因によって、自体破損して、文字化けを起こすことがあります。

文字化けを修復する方法

Word文書が文字化けになるのは、多くの場合、Officeバージョンの違・互換性が原因ですが、以下の方法によって簡単に修復できます。

1、Word文書の左上の「ファイル」をクリックします。

f:id:officekun:20170915101247j:plain

 

2、「開く」から、「参照」をクリックして、ファイルを選択します。

f:id:officekun:20170915101546j:plain

3、「開く」ボタンの右側にある「▼」をクリックすると「開いて修復」という項目がありますが、それをクリックします。

f:id:officekun:20170915101751j:plain

このようにすれば、ほとんどの文字化けが気軽に修復できます。

Office 2016 の共通編集機能が面白い!!

試してみましたOffice 2016 の共通編集機能。Office 2016とOffice 2013は見た目も機能も全く変わらないといっていいほど変化は少ない。だが、仕事同士で同時に編集できる共通編集という便利な機能がありましたから早速やってみました。

f:id:officekun:20170905175141p:plain

 

Office 2016の共同編集機能

Word、ExcelPowerPoint で編集中の内容を複数人が一斉に編集できる、作業中の人、変更履歴、コメントなどがひと目でわかるものです。

実行方法

手順 1

編集中のWord 2016画面右上にある[共有]タブをクリックし、クラウドに保存をクリックします。

f:id:officekun:20170905181443j:plain

手順 2

共有したいメンバーのメールアドレスを入力してユーザーを招待します。

f:id:officekun:20170906112849j:plain

手順 3

 友達が招待され共通編集ができるようになりました。

f:id:officekun:20170906113542j:plain

いかがでしょうか?
レポート書く、資料を作成するに、友達と共通に編集できるから楽しいでしょう。何か分からないこと、共通で相談してから完成したいならぜひ試してください。
この記事では、Word 2016を例にしましたがWord 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016 共通に使える機能ですよ。