Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Microsoft Officeは必要か?WordやExcelなどを使うならOffice 2016がオススメ!

Microsoft Office とはマイクロソフト社から発売されているWordやExcelなどのことであり、事務仕事に欠かせないもの。数年ごとに新しいバージョンが発売されて、現在の最新バージョンはMicrosoft Office 2016である。利用方法として永続ライセンスの「Office 2016」とサブスクリプション版の「Office 365」が挙げられる。

f:id:officekun:20180112185154p:plain

目次

Microsoft Office とは

Office 2016がおすすめの理由を紹介する前に、まずは「Microsoft Office」とは何かについてご説明します。

Microsoft Office」とは、マイクロソフトから発売されているビジネス用のアプリケーションソフトの総称です。

Microsoft Officeは「Office」と呼ばれることもあり、文書作成のためのWord、表 計算のためのExcel、メールソフトのOutlookを基本に、プレゼンテーション資料作成の PowerPoint・データベースソフトのaccessなどを追加したバージョンもある。

もともとDVDが入ったパッケージ版で販売されていましたが現在はパッケージ版が廃止で、POSAとダウンロード提供になりました。

ExcelとWordの購入方法

ワープロの「Word」と表計算の「Excel」。Microsoft Officeはオフィススイートにおける代名詞になった。マイクロソフトExcelとWordは単体でも販売されていますが、単体で購入すると高いように思われます。

現在のMicrosoft Office の入手方法は、かつてのパッケージ版(永続ライセンス)のOffice 2016と、Word、PowerPointExcel などの Office アプリケーションの Office 2016バージョン が含むうえ、 追加のオンライン ストレージ、継続的な技術サポート (追加料金なし) なども用意されている、月単位または年単位で契約できるOffice 365 Soloサブスクリプションがあります。

どれを選ぶのは人によってそれぞれですが、実際にMicrosoft OfficeExcelとWordのみを使いたいときに知っておきたいそれぞれの違い をご紹介します。

Office 2016がお得な理由

Excel2016単体版を購入価格は¥15,984円となっています。Word2016を追加購入するとさらに¥15,984円必要になり、高くなります。そのため、ExcelとWordを単体で購入するをおすすめしません。

Office 365 solo は、Word、PowerPointExcel のような使い慣れたフル機能の Office アプリケーションの Office 2016 が含まれており、常に最新バージョンの Office も使える、 追加のオンライン ストレージなどのサービスも無料で付くのは大きな特典です。が、月単位または年単位でお支払いすることで、長年ExcelとWordなどのアプリを Office 2016 バージョンのまま 使う方に年間12,744円という料金が高いでしょう。

最後に、パッケージ版(永続ライセンス)のOffice 2016は、「Personal 2016」、「Home&Business 2016」「Professional 2016」の三つの種類があり、それぞれの含まれる Office アプリケーションが 異なります。

Office Personal 2016 :Word 、ExcelOutlook ¥32.184円


Office Home and Business 2016 :Word 、ExcelOutlookPowerPointOneNote ¥37.584円


Office Professional 2016 :Word 、ExcelOutlookPowerPointOneNoteAccess 、Publisher ¥64.584円


Microsoft OfficeExcelとWordを安く運用したいなら「Personal 2016」を選ぶと、単体版を購入するよりお得でしょう。

さらに、PowerPointも使いたいなら「Home&Business 2016」を選択するでしょう。比較的に値段はアップしますが単体で購入よりお得し、Office 365 solo のような毎年の料金を払う必要もなし。

企業、ビジネスでMicrosoft OfficeAccessまで使うなら「Professional 2016」を選ぶ。

という考え方でMicrosoft Office が必要になり、ExcelとWordなどのアプリを入手するならOffice 2016永続ライセンスお得とオススメしました。

Office 365 Home Premiumってなに?格安で購入できるようですが、日本でも認証できるの?

Office 365 Home Premiumって結局何なの?Office 365 Soloより安く購入できますが日本でダウンロード、認証することは可能でしょうか。今回、マイクロソフト社の日本で売っていないOffice 365 Home Premiumを解説します。

f:id:officekun:20180106124912p:plain

目次

Office 365 Home Premiumはマイクロソフト社の日本で提供していないエディション

Office 365 Home Premium は、マイクロソフト社が、日本以外の国に提供しているサブスクリプション版の家庭向けOffice 365。1年間契約でOfficeを最大5台まで使えるので、多くのパソコンをお持ちの家庭にOfficeの利用コストを確実に削減します。

何が入ってるの?何ができるの?

Office 365 の共通の特徴である、PC と Mac で新しい Office 2016 アプリケーションが利用できるうえ、いつでも最新のOfficeデスクトップアプリケーションを使うことができるので、 バージョンが変わるたびにOfficeを買い替える必要がありません。

利用できる機能
  • 1ユーザあたり15台のPC(Win/Mac)
  • 最新バージョンのアプリケーションにアップグレード可能
  • 1TB OneDrive雲のストレージスペース続いて獲得・更新
  • 日本語を含む世界各国の言語に対応
  • iPadAndroidタブレットiPhoneAndroid利用可能でも。
  • Microsoft Store」とは異なり、月額制はなし。1年版のみ。

日本で購入できるの?

日本マイクロソフトの公式サイトから購入できません。Amazon、ネットショップで販売されています。マイクロソフトアカウントでライセンス認証をしますが、日本から出来ませんということです。そしてどうやって、インストールして、認証するのでしょうか。

インストールと認証方法もあるようです

Office 365 Home Premiumについては中国VPNとかから認証してインストールできるように記事がありました。Office 365 Home Premiumをパソコンにインストールする場合は、マイクロソフトアカウントページ へサインイン、プロダクト キー入力し、言語を日本語に変化する必要があります。

記事で、VPNの設定方法も書かれているのでパソコン初心者の分かるようです。詳しくはこちら

VPNに接続してインストールするということは、海外のIPを使ってライセンス認証を行っているのことだろう。

最後に

多少インストールにVPNなどに接続必要があり、複雑なようですが、普通のOfficeとして利用可能のようなコメントもあります。3台以上のデスクトップ、ノートPC、タブレットPCと持っていると日本限定で販売されているOffice 365 Soloより安く使えるんです。

Excelの起動が遅い原因は?試してみる 4つの対処法


毎日使っているExcelですが起動 や動作が遅くなったことありませんか?その原因はいろいろあると思いますが、私は、以下の4つの方法で解決できました。

f:id:officekun:20171201155609p:plain

Excelの起動が異常に遅い

目次

Excelファイル容量を確認する

Excelファイルが500kbを越えると、かなり重たいです。500kbを超えているということは、データ量が1000行近く入力されているはずです。

Excel重い現象

・ファイルがなかなか開けなくなる
・コピー&ペーストに時間がかかる
・ファイルの保存に時間がかかる
・スクロールしたとき、動作が遅い
・フリーズしやすい
もし、上記の特徴が見られたら、ファイル容量を確認しましょう。

Excelファイル容量をチェック方法

 

Excelファイルに右クリックして、プロパテイをクリックするだけです。

f:id:officekun:20171201162003p:plain

Excelファイル容量をチェック方法

私の場合は、Excelファイル容量は500kbを越えることがあまりなかったので遅い原因は別のことだと思います。もし、500kbを越えていれば、ファイルサイズを小さくするように試してください。

ExcelファイルをOneDriveに保存しない

Excelファイルをどこでも開けるためにOneDriveに置いてあると、保存や読み込みなどでどうしてもタイムロスが発生してしまいます。なるべくファイルをパソコン内に作成するようにすると、ワンドライブでネットワークにアクセスする時間をスキップできると思います。

スタートアッププログラムを無効化する

現象

パソコンを起動してすぐにExcelを開いた時に起動が遅い、その後はそんなに気になりません。という現象の場合スタートアッププログラムを無効化してください。

無効化する手順

1. スタート画面をクリックし、すべてのプログラムをクリックします。
2. 開いた画面の「スタートアップ」タブを選択します。
3. 必要のない項目の「有効」の上で右クリックし、スタートアップを「無効」にします。
無効化が完了しましたら、パソコンを再起動していただきExcelの起動時間などに改善が見られるかご確認をお願いします。

f:id:officekun:20171201165654p:plain

スタートアップを「無効」

この方法で開くのは早くなった気が付きますがやっぱり遅いなと思ったら次の方法げチャレンジしましょう。

ツールバーファイルの修復

Excelの起動が遅い原因として ツールバーファイル(Excel.xlb) もしくは クイックアクセスツール バーファイル(Excel.qat) が破損して起動が遅くなっている可能性があります。

修復方法

1.[ファイル]タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

2.[Excelのオプション]が表示されるので、[保存]カテゴリーをクリックします。[自動回復用ファイルの場所]にあるパスを選択してコピーします。

f:id:officekun:20171201170705p:plain

3.エクスプローラーまたはIEのアドレスバーにパスを貼り付けて、移動ボタンをクリックします。あるいは、Enterキーを押します。

4.フォルダーが開きます。既定では下の2個ですが、他のファイルも保存されている場合があります。この2つをリネームします。

5.ここにある Excel.qat を任意 に変更します。 スタートメニューから Excel を起動し、新規ブックを作成します。名前を付けて保存するなど、動作を確認できればOKです。

f:id:officekun:20171201171351p:plain

これでExcelの起動は早くなると思います。
[XLSTART]と[Excel14.xlb]は、Excelを起動したときに自動生成されます。
[Excel14.xlb]はバージョンによって数字が違います。
[Excel14.xlb]は、削除後 Excelを起動して閉じるとフォルダ内に現れます。
XLSTARTフォルダは、起動時にフォルダー内のブックを読み込みます。
Excel14.xlbには、ツールバーやメニューバーの情報が格納されています。

「Windows 10不具合」WordやExcelなどのオフィスファイルが開けない時の対処方法4選

Windows 10でWordやExcelなどのオフィスファイルが開けなくなったというケースが多くありますが、以下ではその対処方法についてご紹介して行きます。

f:id:officekun:20171127163111j:plain

 

オフィスを修復する

WordやExcelなどのファイルが開けないときは何らかの原因でオフィスソフトのデータが破損しており、オフィスソフト自体に問題があるかもしれません。
以下の手順で実行してみてください!

「スタート」メニューを右クリック → 「コントロールパネル」→ 「プログラムと機能」の順にクリック

プログラム一覧から「Microsoft Office」を右クリック → 「変更」→ 「修復」を選択して実行

修復後は一度PCを再起動して、再度ファイルの読み込みを試してみましょう。

保護ビューを外す

保護ビューのセキュリティが効きすぎていれば、ファイルが開けなくなることがあります。

Word、ExcelPowerPointいずれも、それぞれのソフトで保護ビューをはずしてみましょう。

各ソフトを起動 → 「ファイル」→「オプション」→「セキュリティセンター」→「セキュリティセンターの設定」→「保護ビュー」の順にクリック

右に出てくる項目で、3つともチエックを外し、「OK」を押します。

f:id:officekun:20171127161459p:plain

 

これで保護ビューにより引っかかっていたファイルは開けるようになるはずです。

ファイル制限を確認する

同じく各ソフトで、「ファイル」→「オプション」→「セキュリティセンター」→「セキュリティセンターの設定」→「ファイル制限機能の設定」の順にクリック

ここではいろんなドキュメント、テンプレートを開いたり保存するかどうかを設定できます。チェックされていると、その種類のファイルを開いたり保存できません。

f:id:officekun:20171127162139p:plain

 

今一度この設定がチェックされていないか確認。場合によってはチェックをはずしておきましょう。

ファイルのブロックを解除する

この方法は、外部から送信されたファイルが開けない時に有効です。

まずファイルをファイルエクスプローラ上で右クリックし、「プロパティ」を選択します。

表示されたダイアログ下部に、
「このファイルは他のコンピューターから取得したものです。このコンピューターを保護するため、このファイルへのアクセスはブロックされる可能性があります。」
とあるので、横にある「ブロックの解除(K」にチェックを入れます。

f:id:officekun:20171127162553p:plain

 

「OK」を押してダイアログを閉じ、再度ワードやエクセルファイルを開いてみましょう。

ここまでご紹介した対処方法を試していただければいずれかの方法で、WordやExcelなどのオフィスファイルを開くことができます。

困った時のお役に立てれば幸いです。

MacでWordを使う5つの方法と最得のOffice Home & Business 2016 for Mac

MacMicrosoft Wordを利用するには、主に5つの方法がありますが、最も買い得というと、やはり激安で購入できるOffice Home & Business 2016 for Macでしょう。

f:id:officekun:20171117164352j:plain

 

ちょっと使いたいなら、無料の「Word Online」

Macで Wordをちょっと使いたいとき、無料の「Word Online」をお勧めします。

Word Onlineは、アプリをインストールすることなく、「Microsoftアカウント」に登録するだけでWordをブラウザ上で動作させることができます。

作成した文書ファイルは、「Dropbox」やMicrosoft社のオンライン・ストレージの「OneDrive」に保存できます。もちろん、Macのローカルに保存して編集することもできます。

他のアプリを使わないなら単体製品のWord 2016 for Mac

Officeアプリにおいて、Wordしか使わないなら、単体製品のWord 2016 for Macをお勧めします。

公式サイトでは、Word 2016 for Macが15,984円で発売されていますが、Office製品をやはり、セットで購入した方がお得です。

個人で使うならOffice Home & Student 2016 for Mac

家庭用Macで Wordを使うなら、個人向けのOffice Home & Student 2016 for Macをお勧めします。

Word以外にも、ExcelPowerPointOneNoteのアプリケーションを利用できます。企業用アプリのOutlookが付属されていないから、商用利用できなく、個人しか使えません。

公式サイトでは、Office Home & Student 2016 for Macを25,704円で発売されています。

仕事で使うなら2つの選択肢がある

会社用のMacMicrosoft Wordを利用する場合は、パッケージ版のOffice Home & Business 2016 for Macサブスクリプション型のOffice 365 Soloをお勧めします。

お買い得なOffice Home & Business 2016 for Mac

Office Home & Business 2016 forMacは、最大二台のMacでインストールできます。家でも仕事でもMacを使っている方にとって、仕事を家に持ち帰ってすることもでき、とても便利です。

Microsoft社のオンラインストレージ「OneDrive」を15GB使用できます。

利用できるアプリとして、Wordの他、ExcelPowerPointOneNoteOutlookも含まれています。

最も重要なのはOffice Home & Business 2016 for Macを激安で購入できますよ。

公式サイトで、37,584円の高い値段で発売されていますが、ネットショップからは最安12,050円で購入できます。

 

そして、Office Home & Business 2016 for Macは、買い切り型で、最新Officeを使わない場合、追加費用が発生しません。

即ち、Office Home & Business 2016 for Macを12,050円で買い切り、サポート終了の2026年まで使えるということです。

最新バージョン使いたいならOffice 365 Solo

Office 365 Soloは、最大2台までインストールできますが、MacだけでなくWindowsPCでも利用できます。MacWindowsを両方利用しているユーザーにとっては、どちらの製品も利用できるというメリットがあります。

Wordだけではなく、すべてのOfficeアプリが利用可能です。一ヶ月或いは一年間で契約して利用できますが、契約期間内に、最新バージョンのOfficeを無料で使えます。

ただし、月額或いは年額で契約するなら、長年使うと、料金が大変高くなります。Office 365 Soloの一年間の利用費は12,744円ですが、2026年まで使うと、12744×9=114,696円になりますが、大変高いでしょう。

やはり、12,050円で2026年まで使えるOffice Home & Business 2016 for Macが最得でしょう。

これで、MacMicrosoft Wordを利用するなら、機能から見ても価格から見てもOffice Home & Business 2016 for Macが最も買い得でしょう。