Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office Home & Business 2016 for Macを購入して分かったこと

家でも会社でもMac使い、会社の仕事のファイルを家に持ち帰ってOfficeで編集するような場合もよくあるから、今回はOffice Home & Business 2016 for Macを購入しました。

以下では、Office Home & Business 2016 for Macを実際に購入して分かったことをみんなにお伝えします。

f:id:officekun:20171017182323j:plain

 

永続ライセンス型Office

Office Home & Business 2016 for Macは、買い切り型で、サポート終了まで(サポート終了期間は2026年)、最新Officeを使わない場合、追加費用が発生しません。

Macユーザーや小規模ビジネス向けに設計されたOffice

Macで最大二台までインストールできます。家でも仕事でもMacを使っているから、仕事を家に持ち帰ってすることもでき、とても便利です。

Microsoft社のオンラインストレージ「OneDrive」を15GB使用できますが、筆者にとって、これでかなり十分です。

利用できるアプリとして、Word・ExcelPowerPointOneNoteの他、メールソフトのOutlookも含まれています。

Outlookとは、企業で使われるExchange Serverのクライアントソフトです。即ち、社内外のメール管理、スケジュール調整、連絡先管理等に使われるグループウエアです。

筆者は会社でよくOutlookを使います。プッシュ メール機能によって受信トレイは常に最新の状態に維持され、スレッド ビューではメッセージがスレッドごとに自動的に整理されます。
また、カレンダーを並べて表示できるため、効率的にプランを立てることも可能です。

これで、Office Home & Business 2016 for Macは、ご家庭での基本的な作業に加え、仕事でも使用する方に最適です。

新機能と強化された機能

Retinaディスプレイのフルサポート

MacRetina ディスプレイで、ドキュメントのテキストや画像がこれまで以上に鮮明になりました。プレゼンテーションの表示も息をのむ美しさです。

各種OneDriveへの対応

Office のユーザーIDでサインインすると、Mac や他のデバイス上のファイルにアクセスできます。

Office for Mac 2011から採用されたリボンUIの配置や大きさ等の大幅な見直し

デザインを一新したリボンメニューでは、各機能が直観的に把握できるように配置され、必要なものをすぐに見つけることができます。

他に、Wordでは「デザインタブ」の追加。Excelではグラフの推奨機能、オートコンプリート機能、大量のデータをフィルタリングしてパターンの発見に役立てる「PvotTable Sliver」の追加。PowerPointではアニメーションペインの改善など。

以上、Office Home & Business 2016 for Macを購入しようかどうかの参考になればと思います。

ようやく分かった!Office StudentとBusiness 2016 for Macが違う3つのポイント

Office for Mac 2016を使うには、個人向けのOffice Home & Student 2016 for Macと個人でも仕事でも使えるOffice Home & Business 2016 for Macの二つの選択肢があります。

筆者は以下の三つのポイントから、Office StudentとBusiness 2016 for Macを比較しました。

f:id:officekun:20171012120240j:plain

 

Office for Mac 2016は、買い切り型で、サポート終了まで(サポート終了期間は2026年)追加費用が発生しません。
Mac最大二台までインストールすることができます。ただし、Windowsにはインストールできません。
Microsoft社のオンラインストレージ「OneDrive」を15GB使用できるようになります。

Office for Mac 2016には、Office Home & Student 2016 for MacとOffice Home & Business 2016 for Macの二つの種類があり、
以下では、Office StudentとBusiness 2016 for Macが違う三つのポイントを並べました。

Outlookがあるか否か

Office Home & Business 2016 for Macは、Word2016、Excel2016、PowerPoint2016、 OneNote2016及びOutlook2016が利用できます。

Outlookとは、企業で使われるExchange Serverのクライアントソフトです。即ち、社内外のメール管理、スケジュール調整、連絡先管理等に使われるグループウエアです。

これに対し、Office Home & Student 2016 for Macの利用できるOfficeアプリはWord2016・Excel2016・PowerPoint2016・OneNote2016に限られる。

商用利用できるか否か

商用利用とは仕事に使うことです。会社員が会社で使う場合や個人事業主が仕事に使う場合は当然、商用利用になります。
さらに会社員が会社の仕事のファイルを家に持ち帰ってOfficeで編集するような場合も商用利用に含まれます。

Office Home & Student 2016 for Macは名前の通り、家庭と学生向けであり、商用利用ができません。

Office Home & Business 2016 for Macは、ご家庭での基本的な作業に加え、仕事でも使用する方に最適です。

価格による違い

価格的に、公式サイトではOffice Home & Student 2016 for Macを25,704円(税込)、Office Home & Business 2016 for Macを37,584円(税込み)で発売されています。

ネットでは、正規品のOffice Home & Business 2016 for Macを最安12,050円(税込み)で発売している店もあり、Office Home & Student 2016 for Macよりも安いです。

これから見ると、やはり個人でも仕事でも使え、かつ価格が安いOffice Home & Business 2016 for Macの方がお得でしょう。

本当ですか!今でもWindows 10へ無料アップグレードできるの!

Windows 10無償アップグレードは2016年で終了しましたが、公式によると、条件に当てはまれば引き続き無料アップグレードできそうです。その件について調べてみました。

f:id:officekun:20171014181317j:plain

 

Windows 10の無料アップグレード期間はすでに終了

過去、Windows 7 Windows 8 (8.1)だったPCは、期間内(2016年07月29日まで)に、Windows 10へ無料アップグレードできます。

当初の無償アップグレード期間の際に、公式からはVistaがアップグレード不可との発表でした。

ですので、Windows Vistaをお使いの方はそもそも無償アップグレードは受けられません。

無料アップグレード期間中に、一度Windows 10へアップグレードしておくと、 1カ月以内ならばWindows 7/8.1に戻せるほか、仮に戻して2016年7月29日を過ぎてしまっても、後から好きなタイミングでWindows 10に無料アップグレードできます。

そのため、一度アップグレードしてからWindows 7/8.1に戻してしばらく使い続け、いつでもWindows 10に無料で移行できる環境を作っておくという選択肢もある。

まだWindows 10にアップグレードできるの!!

Microsoftによると、2016年8月2日に提供が開始される「Windows 10 Anniversary Update」では一般的な機能の強化や追加に加え、アクセシビリティを高めるための機能が大きく強化されています。そのメリットを十分に受けることを可能にするために、例外措置的に無料での提供が継続されている、ということになっております。

出典:障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 アップグレード

 

以上の条件に当てはまらない方に、Windows 10へのアップグレードが有料となります。

心配しないでね。Windows 10を激安く購入する方法がありますから……

それではこのへんでー!

Microsoft Windows 10はこちら

www.e-soft.net

www.e-soft.net

Office Macを買うなら永続ライセンスの『Office Mac 2016 』がお得!

Mac 2台までインストールできる永続ライセンス型のOffice Mac 2016 。そのお得度をOffice 365 Solo と比べてみた!

現在Office for Mac 2011サポート終了し、マイクロソフトの提供している Mac版のOfficeには、パッケージ版の『Office  Mac 2016 』と、サブスクリプション版の『Office 365 Solo』がある。パッケージ版Officeは、一般的なソフトと同様に買い取り式でや価格が高い反面、購入後は無期限で利用できる。それに対し、サブスクリプション版のOffice 365 Soloは、1ヶ月または1年間の契約制で、契約期間中だけ利用できるので安価に運用できる。

パッケージ版のOffice  Mac 2016は、公式サイトなら、最も安価な『Office Home & Student 2016 for Mac 』が25,704円(税込み)で、利用できるOfficeアプリはWord 2016、Excel 2016、PowerPoint2016、 OneNote 2016に限られる。それに対しOffice 365 Soloは、Officeシリーズの全アプリが利用できるにもかかわらず、1ヶ月1274円、または1年1万2744円と、安価に設定されている。契約期間は自由に設定できるのも特徴で、例えば、使いたい時に1ヶ月間だけ契約し、使用後に契約を解除することができる。

Office  Mac 2016は2台までMacにインストールすることができます。ただし、Windowsにはインストールできません。一方のOffice 365 Soloですが、こちらもPC2台までインストールすることができます。単体版と根本的に違うのは、WindowsでもMacでも良いこと。

Office   Mac 2016は最新版Officeを無料で使えません。これに対し、Office 365 Soloは、Officeの新製品が出た時に新たな購入費用が発生しません。今まで通。月払いか年払いで同じライセンス料金を支払えば良いだけ。

これで、MacWindowsの両方でOfficeを使いたい
AccessやPublisherを使いたい(Office  Mac 2016 に付いてない)
常に最新版Officeを使いたい方にとっては、Office 365 Soloは最適です。

しかし、Office 365 Soloを年額払いで長年利用すると、値段めちゃくちゃ高くなってしまいます。soloは1年1万2744円で、三年目で38,232円となり、Office   Mac 2016の価格を上回ります。

Office Home & Business 2016 for Macが35,705円で買い取り、もちろん、(新しいバージョンを使わないなら)後の追加料金もありません。

そして、どうせMacだけOfficeを使うし、Office 2016バージョンのまま使いたいならOffice Mac 2016 がおすすめだ。

それは、使い慣れたから、ずっと元のバージョンでいい、AccessやPublisherも使わないし、仕事でも家でもMacしか使わない方々も多くいるでしょう。

注意してほしい!Office Home & Business 2016 for Macを激安で買える方法もあります。ネットショップで調べてみたら、12,050円で発売されている店もありますが、超安いでしょう。

安すぎるので、インストールとライセンス認証できるかなと心配する方もいるでしょう。

インストール方法について、最新版のOffice2016をMacでインストールする方法をご参照ください。

長年使うユーザーにとっては、やっぱりパッケージ版のOffice  Mac 2016の方がお得でしょう!

激安 Office ブログ「Office価格比較」のおすすめ記事7選

激安 Officeに関するブログを始めてから、随分多くの記事がたまってきました。いくつも記事があると、その中でも特におすすめしたい記事もあります。
でも、初めてだと探しにくいですよね。
このページでは、Office価格比較でぜひ読んでいただきたい、とっておきのおすすめの記事をまとめました! 

 

f:id:officekun:20171010122840j:plain

Office価格比較

 目次

Officeの種類・機能・価格に対する考え方に関しての記事

私自身がどのような考え方をしているのか、Officeに対してどう思っているのかを知っていただけると、他の記事に対する理解も早くなるのかな、と思います。
ということで、一番おすすめなのは、Officeの販売種類の記事から読んでいただくことです。

参考:【Office 価格】MS Office 2016 の3つの販売形態や価格まとめ

Office価格比較は、私がOffice 2016の提供が始まったところから、複数の購入方法を比較して、どれがお得なのかと思い立ったところから始まったブログです。

Officeには、パッケージ版のMicrosoft Office 2016 と、サブスクリプション版のOffice 365 Soloがある。さらに、パソコンにプレインストールされているOffice Premiumが存在。

そんなややこしいタイプから、どうやって激安Officeを選ぶことができたのか、そのためにやってきたことは、以下のページでまとめています。

officekun.hatenablog.com

Office2016 はWindows版だけでなく、Mac版でも利用できるようになりました。
それでWindows版を使いながらMac版も利用したいならどれを選ぶとお得なのか?
私がどうやってOfficeを選んでいたのかについては、以下のページが詳しいですよ。

officekun.hatenablog.com

できれば無料Officeを使ってお金を使わない

知らず知らずのうちにお金を使ってしまっていることって、結構あるものです。

知識や経験があれば、使わなくて済んだところなのに使ってしまって、結局それがムダ使いだったということもありがちなんですよね。

そういった出費はなるべく減らしていきましょう。
一番大事なのは、Officeの利用範囲を分かっていれば、それが必要なのかどうかを考えることです。

officekun.hatenablog.com

officekun.hatenablog.com

 

Officeのインストールとダウンロード方法を覚える

Officeをダウンロードとインストール方法はかつての方法と異なりました。
クイック実行を行い、DVDを使わないのはメリットだ。
さらに、購入した種類によりインストール方法も異なります。
いくつかのインストール方法については、以下のページが詳しいですよ。

officekun.hatenablog.com

officekun.hatenablog.com

officekun.hatenablog.com

 

さいごに:まずは激安Officeの購入から始めよう

いろいろおすすめ記事はありますが、やはり激安Officeをテーマにしていることもあって、Officeに関する記事や、私の考え方については知っていただきたいと思っています。
考え方を理解していただいた上で、他のページもいろいろ読んでいただけるとうれしいです^^