Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 2019を買うなら『Office Home & Business 2019 』がお得!

Office 2019の家庭や小規模企業向けの製品であるOffice Home & Business 2019は一番お得。そのお得度をOffice 2019の他のプランやOffice 365 Solo と比較してみました。

2019年1月22日に、家庭向け Office 2019がWindows 版、Mac 版共に販売されました。

2 台の Windows PC または Macに対応した「Office Home & Business 2019」、2 台の Windows PCのみに対応し「Office Personal 2019」、「Office Professional 2019」、「Office Professional Academic 2019」、 2 台の Macのみ対応した「Office Home & Student 2019 for Mac」、「Office Academic 2019 for Mac」などの6つのプランがあります。

その中でOffice Home & Business 2019は、Word、ExcelPowerPointWindows 10 向け Outlook が含まれているうえ、 2 台の Windows PC または Macで利用できます。 37,584円で購入後、追加料金なしで、Windows PC 、 Mac両方にインストールできるのでお得でしょう。

そこでお勧めしたいのが、今回紹介する『Office Home & Business 2019』です。

Windows PCに対応製品
機能と価格 Office Personal 2019 Office Home & Business 2019 Office Professional 2019
Word 2019
Excel 2019
Outlook 2019
PowerPoint 2019  
Access 2019    
Publisher 2019    
提供形態 POSA版
ダウンロード版
プレインストール PC版
POSA版
ダウンロード版
プレインストール PC版
ダウンロード版
プレインストール PC版
参考価格(税込み) 32,184円 37,584円 64,584円
インストール台数 2台のWindows PC 2台のWindows PC/Mac 2台のWindows PC

上記の表は、Office 2019の家庭向けのWindows PC対応製品を比較してみました。

次に、Office 2019の家庭向けのMac対応製品を比較してみます。Academic版は学生向けであるためこちら比較していません。

Mac 対応製品
機能と価格 Office Home & Student 2019 for Mac Office Home & Business 2019
Word 2019
Excel 2019
PowerPoint 2019
Outlook 2019  
提供形態 POSA版
ダウンロード版
POSA版
ダウンロード版
参考価格(税込み) 25,704円 37,584円
インストール台数 2台のMac PC 2台のWindows PC/Mac

上記の二つの比較表から見れば、Office 2019の家庭向けの製品の中でOffice Home & Business 2019のメリットは圧倒的ですね。

今まで、Windows PC 、 Mac両方にOffice を必要な場合、Office 365 Solo をお勧めしていました。でも、長期の利用コストを計算すれば、Office Home & Business 2019がお得です。

以下でOffice 365 Solo とOffice Home & Business 2019の機能と価格を表にして比較します。コスト面では、5年間の費用を比較してみます。

Office Home & Business 2019とOffice 365 Soloの『機能』と『価格』比較表
機能/価格 Office 365 solo Home Business
2019
Word
Excel
Outlook
PowerPoint
OneNote ×
Access ×
Publisher ×
OneDirve 1TBまで 15 GB
対応OS すべてのデバイス Windows /Mac
インストール台数 5 台 2 台
Skype無料通話 60分間 ×
価格(税込)(1年目) 12,744円(年) 37,584円
価格(税込)(2年目) 25,488円(年) 37,584円
価格(税込)(3年目) 38,232円(年) 37,584円
価格(税込)(4年目) 50,976円(年) 37,584円
価格(税込)(5年目) 63,720円(年) 37,584円

表からわかるように、Office Home & Business 2019は永続ライセンスなので、購入後追加料金いりません。37,584円でサポートが終了まで使えます。 それに対して、Office 365 Solo はサブスクリプションであり、毎年の利用料金をお支払います。1年の費用は12,744円で、3年間の料金は38,232円、5年間使い続けると63,720円になりました。

つまり、価格面ではOffice 365 Solo を3年間以内で使うならお得ですね。3年以上Officeを利用するならOffice Home & Business 2019がお得です。しかし、Officeソフトを3年しか使うということはありませんね!

Office 365 Solo は機能面で、常に最新のOfficeバージョンを使える、Access、Publisher、OneDirve 1TB、Skype60分間の無料通話、すべてのデバイスでインストールできるなどのメリットがあります。

でも、それらの機能を全部使うことはありませんと思います。普通に使うOfficeアプリは、Word 、ExcelPowerPointOutlook で十分でしょう。インストールするデバイスも、Windows PC 、 Mac でしょう。

それで、Windows PCまたはMacでOfficeを使う方にOffice Home & Business 2019をお勧めします。

Windows 10 DSP版ってなに?

Windows 10 DSP版は、PCパーツとセットで安く購入できるライセンスです。機能面ではWindows 10 のパッケージ版やダウンロード版と同じ製品です。 ここは、Windows 10 DSP版について説明します。

Windows 10 DSP 版

Windows 10 DSP

 

Windows 10 DSP版について

Windows 10 DSP版は、Windows 10 通常版と同じ内容で、価格は安いのはメリットです。しかし、PC パーツとセットで購入するという条件があり、Windows10 DSP版を単体で購入する事はできませんのはデメリットです。

まだ、Windows 10 DSP版では、32bit版/64bit版別々であり、32bit版を購入すると64bit版を使えません。逆に、64bit版を購入すると32bit版を使えません。Windows 10 DSP版を購入する前にバージョンを決める必要があります。

Windows 10 DSP版は、インストールしたパソコンのみで使えます。新しいパソコンにインストールするとライセンス認証ができません。セットで購入したPCパーツと一緒に移動すれば使えます。 セットにしたPCパーツが壊れると使えなくなりますのでご注意ください。

バンドル対象商品

以下でWindows 10 DSP版をセットで購入できる製品をまとめました。

CPU

CPUとは、Central Processing Unitの略。別名:プロセッサー。コンピューターの基本性能を決める重要なパーツです。 コンピューターの中枢部分にあたり、各種装置を制御したり、データを処理します。パソコンには必ず搭載されている部品です。

マザーボード

マザーボード(Motherboard)または、メインボード(Mainboard)とは、コンピュータなどで利用される、電子装置を構成するたに必要となる主要な電子回路基板のことです。 つまり、パソコンの中心となる板です。

メモリ

メモリとは「RAM(ランダム・アクセス・メモリー)」と呼ばれる、データの一時的な記憶場所です。

CPUクーラー

機械や半導体部品から熱を逃がす装置(部品)のことです。CPUを冷ましています。

HDD

HDDはHard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略で、データやプログラムなどを電磁的に書き込んだり読み出したりする記憶装置です。

SSD

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、HDDと同様の記憶装置です。半導体素子メモリを使ったドライブ(記憶媒体)のことを指します。

DVD

大容量データ記憶媒体の一種です。

拡張ボード

コンピュータなどの情報機器で、機能を拡張するための小型のプリント基板を内蔵したカードです。

ベアボーンキット

パソコンの組み立てキットの一種です。

最後に

Windows 10 DSP版についてまとめました。 Windows 10 DSP版のメリットは通常版より価格的に安い。デメリットは、パーツとセットで購入することです。パーツを組み込まない、 もしくは他のパーツに変更された場合、OSのアクティベーションを受けられない場合がございます。

次の記事でWindows 10 OEM版について説明しようと思っています。

MacにWindows 10を入れる方法は?Boot Campを利用する!

Boot Camp を使ってMacWindows 10をインストールできます。Macマシン1台でMac OSWindows OSも使えます。PCの購入にあたりMacWindows の選びに悩んでいる方は参考にしてください。

windows10

画像

目次

Boot Camp とは

Boot Camp とは、Mac 付属のユーティリティです。MacWindows をインストールして、macOSWindows を切り替えて使える便利な機能です。

Boot Camp

Boot Camp 画像

MacWindows 10をインストールするに必要なもの

MacWindows 10をインストールするには以下のものを準備します。

 

Windows 10 ライセンスについては、Windows 10 Pro のパッケージ版を購入すると2万円以上します。 そのため、パッケージ版と比べかなり価格が安く入手できる製品をお勧めします。Windows 10 Pro のDSP版かOEM版を安く入手が可能です。 こちらもWindowsの正規ライセンスです。特にパソコンを自分で組み立てるユーザーに、このWindows 10 Proのライセンスが良く使用されています。

非常に安価なので、おすすめです。詳細はこちらをご覧ください。

BootCampを使って Mac に Windows10 をインストールする

BootCampを使って Mac に Windows10 をインストールする手順を大きく分けると以下の3つの手順で行います。

  • Windows 10用の「メディア作成ツール」をダウンロードする
  • MacBoot Campアシスタントを使った設定
  • Windows 10のインストール

Windows 10の「メディア作成ツール」を入手する

マイクロソフトのWEBサイトから、Windows 10用の「メディア作成ツール」をダウンロードします。

Windows 10 のダウンロード

Windows 10の「メディア作成ツール」を入手するには、Windows10 ISO(ディスクイメージ)を使用する方法とWindows10セットアップファイルを使用する方法の2種類があります。それぞれの作成方法を紹介します。

Windows10 ISO(ディスクイメージ)を使用する方法

ISOファイルやDVD-Rを作成したい場合はこれを選択します。

手順①

マイクロソフトの「Windows 10 のダウンロード」から、メディア作成ツールをダウンロードします。

f:id:officekun:20181129155940p:plain

Windows 10

手順②

ダウンロードしたメディア作成ツール(MediaCreationTool.exe)を起動します。規約を確認し、【同意する】をクリックします。

【同意する】をクリック

【同意する】をクリック

手順③

『他のPC用にインストールメディアを作る』を選択し、【次へ】をクリックします。

他のPC用にインストールメディアを作る

他のPC用にインストールメディアを作る

手順④

Boot Campで使用するWindows 10のバージョン等を選択し、【次へ】をクリックします。

Windows 10のバージョン等を選択

Windows 10のバージョン等を選択する

手順⑤

『ISOファイル』を選択し、【次へ】をクリックします。

『ISOファイル』を選択

『ISOファイル』を選択

手順⑥

ISOファイルの保存先を指定するダイアログが表示されるので、適当なフォルダ名とファイル名(拡張子は.ISOにすること)を指定し、【保存】をクリックします。

保存

保存

手順⑦

Windows 10のダウンロードとメディアの作成が開始されます。

Windows 10のダウンロードとメディアの作成が開始されます。

Windows 10のダウンロードとメディアの作成が開始されます。

手順⑧

この画面が表示されたら、【完了】をクリックします。

完了

完了

これでWindows10 ISO(ディスクイメージ)のダウンロードと作成が完了しました。

 

(3)作成したISOファイルのパス名。これをクリックすると、エクスプローラーでこの場所が開かれるので、仮想マシンにマウントするなどして利用する。
(4)ISOファイルをDVD-Rに書き込むにはこれをクリックする。するとWindows標準の「ISOBURN」という書き込み用コマンドのヘルプが表示される。その指示に従うか、あるいはISOファイルを右クリックしてポップアップメニューから[ディスクイメージの書き込み]をクリックして、DVD-Rに書き込むこと。

 

 

Windows10セットアップファイルを使用する方法

USBメモリを作成する場合はこれを選択します。

手順①

マイクロソフトの「Windows 10 のダウンロード」から、メディア作成ツールをダウンロードします。

f:id:officekun:20181129155940p:plain

Windows 10

手順②

ダウンロードしたメディア作成ツール(MediaCreationTool.exe)を起動します。規約を確認し、【同意する】をクリックします。

【同意する】をクリック

【同意する】をクリック

手順③

『他のPC用にインストールメディアを作る』を選択し、【次へ】をクリックします。

他のPC用にインストールメディアを作る

他のPC用にインストールメディアを作る

手順④

Boot Campで使用するWindows 10のバージョン等を選択し、【次へ】をクリックします。

Windows 10のバージョン等を選択

Windows 10のバージョン等を選択する

手順⑤

『USBフラッシュドライブ』を選択し、【次へ】をクリックします。

『USBフラッシュドライブ』を選択

『USBフラッシュドライブ』を選択

手順⑥

Windows 10のセットアップファイルを保存するUSBメモリを選択し、【次へ】をクリックします。

Windows 10のセットアップファイルを保存する

Windows 10のセットアップファイルを保存する

手順⑦

Windows 10のダウンロードとメディアの作成が開始されます。

Windows 10のダウンロードとメディアの作成が開始されます。

Windows 10のダウンロードとメディアの作成が開始されます。

手順⑧

上の画面が表示されたら、【完了】を押します。クリーンナップが実行され、ツールの終了後USBメモリを取り外します。

【完了】

【完了】

MacBoot Campアシスタントを使った設定方法

手順①

Windows 10のセットアップファイルを保存した USBメモリMac に接続しておきます。 「Finder」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」を開きます。

「ユーティリティ」を開きます。

「ユーティリティ」を開きます。

手順②

Boot Campアシスタントをダブルクリックします。

Boot Campアシスタントをダブルクリック

Boot Campアシスタントをダブルクリック

手順③

Boot Camp アシスタント」画面が表示されたら【続ける】をクリックします。

【続ける】をクリック

【続ける】をクリック

手順④

実行したい作業の選択画面で、『最新のWindowsサポートソフトウェアをAppleからダウンロード』『Windows 7またはそれ以降のバージョンをインストール』にチェックをし、【続ける】をクリックします。

【続ける】をクリック

【続ける】をクリック

手順⑤

サポートソフトウェアの保存先ディスクがUSBメモリになっていることを確認し、【続ける】をクリックします。

【続ける】をクリック

【続ける】をクリック

手順⑥

サポートソフトウェアのダウンロードと保存が開始されます。

保存が開始

保存が開始

手順⑦

Windows用のパーティションを作成します。Windows 10を使用する領域のサイズを設定し、【インストール】をクリックします。

【インストール】をクリック

【インストール】をクリック

手順⑧

パーティション作成後、Windowsのインストールが開始されます。

Windowsのインストールが開始

Windowsのインストールが開始

注意

Boot Camp アシスタントが新しいヘルパーツールを追加しようとしています。」と表示されますが、「パスワード」を入力して、「ヘルパーを追加」をクリックします。

「パスワード」を入力

「パスワード」を入力

Windows 10のインストール方法

手順①

下記画面になりましたら各項目を確認の上、変更項目がなければそのまま[次へ(N)]をクリックします。

インストール言語の選択

インストール言語の選択

手順②

[プロダクトキーがありません]をクリックします。プロダクトキーを持っていても、ここに入れないでください。Windows 10のインストールは完了後にライセンス認証を行います。

[プロダクトキーがありません]をクリック

[プロダクトキーがありません]をクリック

手順③

インストールするOSが選択されていることを確認し、【次へ】をクリックします。

【次へ】をクリック

【次へ】をクリック

手順④

『同意します』にチェックを入れ、【次へ】をクリックします。

[同意します(A)]にチェックを入れて[次へ(N)]をクリック

[同意します(A)]にチェックを入れて[次へ(N)]をクリック

手順⑤

「BOOTCAMP」と表示されたパーティションを選択し、【フォーマット】をクリックします。データ消去の注意を促す画面が表示されたら、【OK】をクリックします。

フォーマットが完了し、手順⑤で選択したパーティションから『BOOTCAMP』の表示が消えたら、【次へ】をクリックすると、Windows 10のインストールが開始されます。

【OK】をクリック

【OK】をクリック

手順⑥

「簡単設定を使う」をクリックします。

「簡単設定を使う」をクリックします。

「簡単設定を使う」をクリックします。

手順⑦

しばらくするとWidonws10 のデスクトップ画面が表示されますが、「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリック

「次へ」をクリック

手順⑧

『使用許諾に同意します』を選択し、【インストール】をクリックします。その後インストールが開始されます。

「インストール」をクリック

「インストール」をクリック

手順⑨

インストールが完了したら、【完了】をクリックして終了します。

「完了」をクリックします。

「完了」をクリックします。

これで Mac に Windows10 をインストールしました。次に、Windows10 のライセンス認証をするだけです。

Windows10 ライセンス認証する手順は 「設定」⇨「更新とセキュリティ」⇨「ライセンス認証」と進め、プロダクトキーを入力しライセンス認証を行います。

 Windows10

Windows10

最後に

MacにBootCampを使ってWindows 10をインストールする方法を紹介しました。こちらは、安いため、Windows 10のOEM版を利用しました。問題なくライセンス認証もできました。 Windows 10ファイルのダウンロードも二つの種類がありますので自分の好きな方法を選んでください。

Windows 10を買うならDSP版の『Windows 10 Pro』がお得!

Windows 10を購入するならビジネス機能が搭載されたWindows 10 Proがおすすめです。ここは、Windows 10のHome版とPro版の違いを説明しました。特に、Windows 10 Proを安く入手できる方法を紹介しているので参考にしてください。

Windows 10には「Home」と「Pro」の二種類があります。

Windows 10 Home は、一般ユーザー向け製品で、Windows 10の基本機能が搭載されています。公式サイトの価格は19,008円 (税込)です。

それに対して、Windows 10 Proは、Windows 10 Home の全機能に加えて、暗号化、リモート ログイン、仮想マシン作成など、ビジネスに必要な機能が搭載されています。公式サイトの価格は27,864円 (税込)です。

両者の機能面で差があるため、Windows 10 Proは8000円も高くなるのは当たり前でしょう。Windows 10を安く入手するために、価格面を考えてWindows 10 Homeを購入する方が多いでしょう。

  • Windows 10 Home (ダウンロード版)
  • 必須プロセッサ:速さが 1 GHz 以上のプロセッサ
  • 必須メモリ:1 GB RAM (32 ビット)/2 GB RAM (64 ビット) 
  • ハード ディスクの必須空き容量:最高 20 GB のハード ディスク容量 
  • 必須ビデオ カード:800 x 600 以上の画面解像度。
  • 必須接続性:インターネット アクセス (利用料が必要な場合もあります)
  • その他のシステム要件:一部の機能では Microsoft アカウントが必要です。
  • 価格:¥19,008 (税込)

 

実は、Windows 10 Proを安く購入する方法があります。

  • Windows 10 Pro のメリット
  • ドメインに参加:会社や学校のドメインや Azure Active Directory に接続しネットワーク ファイル、サーバー、プリンターなどを利用できます。
  • 強固な暗号化:BitLocker を使用してセキュリティを強化し、暗号化およびセキュリティ管理でデータを保護します。 
  • リモート ログイン:自宅や移動中でも、仕事用のコンピューターにリモート デスクトップからログインして利用できるようになりました。 
  • 仮想マシンHyper-V仮想マシンを作成、実行すれば、同一 PC 上で同時に複数の OS が実行可能に。
  • Windows ストアでアプリを管理:会社のアプリケーションにスムーズにアクセスできるよう、Windows ストアに自分だけのプライベート アプリ セクションを作成できます。

 

Windows10の販売形態には、ダウンロード版、パッケージ版、DSP版があります。それぞれの価格も違います。一番高いのはWindows 10ダウンロード版です。次に、Windows10パッケージ版です。一番安いのはWindows 10 DSP版です。

  • DSP版とは?
  • DSP版は、OEM製品のひとつで、PCを構成するパーツとセット(バンドル)の場合だけ購入が可能なOSです。一緒にご購入頂くパーツは、CPU、メモリ、ハードディスクドライブ、SSDマザーボード、DVD-R などのドライブ、拡張ボード、CPUクーラーなどで、DSP版 OSをインストールするPCに組み込んで使用していただく必要があります。

 

Windows 10ダウンロード版は、プロタクトキーを購入し、OSをインターネットからダウンロードするタイプです。MicrosoftAmazonヨドバシカメラ等の家電量販店サイトなどで購入可能です。マイクロソフトの公式サイトでWindows 10 Proダウンロード版を購入すると¥27,864 (税込)です。

Windows10パッケージ版は、もっとも一般的箱に説明書やインストールメディアが入った商品です。パッケージにUSBメモリが入っています。パッケージ版はお店やインターネットで買えます。Windows 10 Proパッケージ版をAmazonで購入すると¥21,218(税込)です。

上記の二つの製品の特長はどのパソコンにインストールしてもいいです。例えば、パソコンを買い替えるまたはパソコンのハードディスクを交換してもWindows 10 Proを再インストールできます。

それらに対して、Windows 10 DSP版は組み込みパーツとセットになったライセンスです。つまり、プロタクトキーをパソコンにインストールすると別のパソコンに再インストールできません。 そのパソコンのみで使えます。パソコンのハードディスクが壊れてしまった場合、新たにハードディスクを購入し、Windows10 DSP版をインストールしたくても、このDSP版は使えません。

そのため、Windows10 DSP版を安く購入できます。販売しているネットショップにより価格が異なります。

そして、Windows 10 Pro DSP版のインストール方法ですが、公式から落としたISOでインストールして、シリアルを適用すればいいだけです。

これまで、Windows 10 Proのダウンロード版、パッケージ版、DSP版の違いをみてきました。まとめると、販売種類により、インストール制限が異なりますね。 ダウンロード版、パッケージ版は価格はやや高いですが、パソコンを買い替えても使えるのはメリットです。それに対して、Windows 10 Pro DSP版は価格的に安いですがパソコンを変えたら使えないのはデメリットです。

以上、Windows10の販売形態の機能と価格について比較してみました。Windows 10 Proを1台のパソコンのみで使いたいならWindows 10 ProのDSP版がお得です。

Mac 版 Office 2019 発売開始。気になる変更点は?

MicrosoftMac 向けOffice 2019を提供しました。Mac Office 2019では、Word、ExcelPowerPointなどに使いやすい新機能が追加されただけでなく、対応Mac OS、価格も変更されました。ここ、Mac Office 2019の変更点を紹介します。

Mac Office 2019

Mac Office 2019

Office 2019 for MacMicrosoftの永続ライセンスです。

Mac 向けOfficeの最新バージョンです。

日本では2019年1月22日からOffice Home & Business 2019、Office Home & Student 2019 for Mac、Office Academic 2019 for Macの三つのエディションで発売されます。

旧バージョンのOffice 2016 for Macと比べて何が変わったのか?

以下でOffice 2019 for Macの変更点を紹介していきます。

目次

Mac Office 2019はMac OS 10.12以降対応

macOS 10.12 Sierral

macOS 10.12

今までのOffice 2016 for MacMac OS X バーション 10.10以降に対応していましたが、Office 2019 for Macからは最新のmacOSを含む3世代のmacOSに対応します。

つまり、現在はmacOS 10.14 Mojave 、macOS 10.13 High SierramacOS 10.12 Sierraに対応することです。

しかし、Appleが来年macOS 10.15をリリースした場合はmacOS 10.12 Sierraに対応しないということです。

Mac Office 2019 のサポート期間は?

Microsoft Officeではメインストリームサポート期間5年と延長サポート期間5年で10年セキュリティ更新が提供されてきたが、Office 2019 では延長サポートが約2年に短縮され、合計約7年になることが発表されています。

でも、Mac Office 2019では、2年の延長サポートが対象になるかどうかまだ分かりません。

この前の、Office 2011 for Mac、Office 2016 for Macでは延長サポートが対象外となり、メインストリームサポート期間5年でサポートが終了しました。

Office 2011 for Macはもともと2016年1月までだったのが2017年10月まで延長されました。

Office 2016 for Macは、メインストリーム2020年10月13日で終了となっています。延長サポートは対象外です。延長されるかはまだ分かりません。

Mac Office 2019 では、延長サポートが対象であれば、2025年10月までです。延長サポートが対象外であれば、2023年10月で終了すると思います。

Mac Office 2019 アプリケーションの新機能

Mac Office 2019 で追加された便利な機能で仕事の質を高めましょう。Mac Office 2019 では、Office 365ですでに実装されているインク ツール、データ型、関数、翻訳および編集ツール、モーション グラフィックス などが追加されています。

通訳機能

Microsoft Translator サービスを使用して単語、語句、その他のテキストの選択範囲を世界のどんな言語でも翻訳できます。翻訳機能は現在、Word、ExcelPowerPoint で使用できます。

アイコンを挿入して文章を視覚的に

アイコン ライブラリには 500 個のアイコンが用意されており、これらを使用してスライドにイラストを挿入すると、プレゼンテーションの視覚的なインパクトを高めることができます。

エクセルに追加した新しい関数

TEXTJOIN、CONCAT、IFS 、SWITCH、MINIFS、MAXIFSの6つの関数が追加されました。Excel での作業がもっと便利になりました。

学習ツールで読解力を向上させる

学習ツールの「列幅」、「ページの色」、「テキストの間隔」、「音節」、「読み上げ」で、文章を読みやすい、理解やすくなります。

3D モデルですべての角度を表示する

Mac Office 2019 のWord、ExcelPowerPointでは、3D モデルが追加されました。ドキュメント、ブック、プレゼンテーションに3D モデルを挿入することで、ポイントを説明することができます。

図形やテキストを手描きするインク機能

Mac Office 2019では、特別な機器必要なく、マウスを本の指で、注釈の手書き入力、テキストの強調表示、図形のすばやい描画ができます。

Mac PowerPoint 2019の変形機能

Mac PowerPoint 2019の変形機能を利用すると、テキスト、図形、図、 SmartArt グラフィック、ワードアート、グラフなど、さまざまな点で動きの外観を作成できます。

Mac Office 2019 では、これ以上の細かい機能も追加されています。こちらは、興味をもって一部の機能を紹介しました。

Mac Office 2019 の価格について

Mac Office 2019は、法人向けのボリュームライセンスは既に提供されており、個人向けは数週間から提供されます。

Microsoftの公式サイトの発表によれば、Office 2019永続ライセンスの価格はOffice 2016より10%あげるようです。個人用のMac Office 2019はまだ発売されていませんので具体的な価格をわかりません。

追記 2019/01/16

2019年1月22日から個人向けOffice Mac 2019が発売されます。現在発表されているプランと価格は以下の通りです。

Mac 対応製品
使えるアプリケーションと価格 Office Home & Student 2019 for Mac Office Academic 2019 for Mac
Word 2019
Excel 2019
PowerPoint 2019
Outlook 2019  
提供形態 POSA版
ダウンロード版
POSA版
ダウンロード版
参考価格(税抜き) 23,800円 16,800円
インストール台数 2台のMac PC 2台のMac PC

Office Home & Business 2019は、Windows PC または Mac に両方対応するようになりました。

例えば、Office Home & Business 2019を1ライセンス購入すれば、Windows PC 1台と Mac 1台で使えます。または、Windows PC 2台で使えます。その場合、 Macでインストールできません。 Mac 2台でインストールした場合、Windows PCでインストールできません。つまり、合計2台で使えることです。

それで、Office Home & Business 2019製品をOffice Home & Student 2019 for Mac、Office Academic 2019 for Macで区別して紹介しました。

Windows PC または Mac に対応する製品
使えるアプリケーションと価格 Office Home & Business 2019
Word 2019
Excel 2019
PowerPoint 2019
Outlook 2019
提供形態 POSA版
ダウンロード版
プレインストール PC版 (1)
参考価格(税抜き) 34,800円
インストール台数 2 台のWindows PC またはMac

最後に

Mac Office 2019永続ライセンスの変更点をまとめました。

Mac Office 2019では、新機能だけ追加されたことではなく、対応バージョンにも変更があります。

今後、Mac Office 2019の価格などの新しい情報を追加していきます。

追加 1月16日
Office Mac 2019の個人向け製品の最新情報を追加しました。価格面で大きな変更は見られていませんが、Office Home & Business 2019はWindows PC または Mac に対応するようになりました。 これは一番大きな変更でしょう。これから、Windows PC、 Mac を両方お持ちの方は1ライセンスで2台でオフィスソフトを使えるようになるでしょう。