Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Mac で Word 2019を使うには?価格・料金・購入方法!

Mac を入手したあと、勉強や仕事で Word 2019使う場合に、どのバージョンを導入すればいいのでしょうか?今回は、Macで使うWord ソフトで有名なフリーのOffice Onlineと有料のMS社製アプリの Wordなど価格・購入方法を説明します。

f:id:officekun:20171117164352j:plain

 

 Mac Word を無料で使う方法

Mac で簡単な文章を作成するなら、無料の「 Word Online 」がオススメ。

Microsoft アカウントをサインインすると、Wordをブラウザ上で使用できます。

「 Word Online 」は、Microsoft 社から提供している無料サービスであるため、デスクトップ版のWordに比べて一部の機能が制限されています。

縦書き文章の作成、罫線、リンク先の編集、マクロの記録・実行などができませんので複雑な作業をする場合、インストール版のWordが必要です。

他のアプリを使わないなら単体製品の Word 2019 for Mac

Officeアプリにおいて、Mac でWordしか使わないなら、Word 2019 for Mac単体製品がオススメ。

価格は15,984円。

しかし、Excelも必要であれば、アプリケーションをセットにしたOfficeスイートがお得になる。

ExcelもほしいならOffice Home and Student 2019 for Mac

MacでWordとExcel両方を使うならOffice Home and Student 2019 for Macがオススメ。

価格は、25,704円。

この金額でPowerPointも付いていますよ。

つまり、Excel、WordとPowerPointを単体購入すると47.952円かかりますが、Office Home and Student 2019 for Macを購入すれば、25,704円と22,248円安くなります。

MacWindows 両方で使うならOffice Home and Business 2019

Office Home and Business 2019の価格は37.584円。

WordをはじめExcelPowerPointOutlookまで付いている。

さらに、2台のMacまたはWindows 10にインストールできます。

たとえ、Windows 10向けのOffice Personal 2019とMac 向けOffice Home and Student 2019 for Macを両方購入すると63,288円。しかし、Office Home and Business 2019はそれより安い37.584円でWindows 10とMac両方にOffice 2019を使えます。

最も重要なのはOffice Home & Business 2019を激安で購入できますよ。

公式サイトで、37,584円の高い値段で発売されていますが、ネットショップからは最安14,600 円で購入できます。

そして、Office Home & Business 2019は、買い切り型で、最新Officeを使わない場合、追加費用が発生しません。

即ち、Office Home & Business 2019 を14,600 円で買い切り、サポート終了の2026年まで使えるということです。

最新バージョンが必要ならMicrosoft 365 Personal

Windows PC、Macタブレットスマートフォン (WindowsiOSAndroid) など、複数のデバイスで常に最新バージョンのOffice が必要ならMicrosoft 365 Personal(旧称 Office 365 Solo)がオススメ。

料金は、 1 か月あたり 1,284 円ですが、年間契約をすれば12,984円と月額契約で12っか月使ったより2,424円安くなります。

そして、月額契約より年間契約がオススメ。

Microsoft 365 Personalでは、WordやExcelなどすべてのOfficeアプリケーションの常に最新バージョンを使えるうえに、OneDrive 1 TB、毎月 60 分の Skype 無料通話が付いてくるというメリットがある。

まとめ

Mac でWordを使う方法を安いから高い順にまとめると、

  • 無料の「 Word Online 」を使う
  • Word 2019 for Mac単体製品を購入する
  • Office Home and Student 2019 for Mac永続ライセンスを買う
  • Office Home and Business 2019永続ライセンスを買う
  • Microsoft 365 Personalを契約する

の5つの方法がある。

値段が高くなるほど、使える機能面でのメリットが多い。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。