Microsoft 365 と パッケージ版 Office 2019 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2019をMicrosoft 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 2019の価格を安くする方法は?お得な買い方を徹底解説!

最近、Office 2019の提供が始まったが種類が多いので、選択に迷ってしまった人も多いのではないでしょうか。 この記事では、Office 2019の各種類の特徴と最適な買い方について紹介をしています。ぜひ参考にしてみてください。

f:id:officekun:20190222104052p:plain

安値で販売しているおすすめの商品!

 

 

Office 2019 の種類と 価格

Microsoft Office 2019を対応OSで分類するとWindows10向け製品、 Mac向け製品とWindows10/Mac両方対応する製品と3種類があります。

さらに、Windows10、Mac向け向け製品を含まれるアプリケーションにより、個人向け製品、企業、業務向け製品、学生向け製品と3種類に分けられます。

最後に、これらの製品を販売形態により、POSA版 、ダウンロード版、プレインストール PC版の3種類に分類できます。

Office 2019 の価格は、

  • 「Office Academic 2019 for Mac」が18,144円
  • 「Office Professional Academic 2019」が30,024円
  • 「Home & Student 2019 for Mac」が25,704円
  • 「Office Personal 2019」が32,184円
  • 「Office Home & Business 2019」が37,584円
  • 「Office Professional 2019」が64,584円

(いずれも税込み)。

 

以下でMicrosoft Office 2019永続ライセンスの各プランの価格と機能を紹介します。

Windows PC向けOffice 2019 の機能と 価格

Office 2019の対応するWindows OSは、Windows 10のみです。以下でそれぞれの製品名と機能、価格を紹介します。

Windows PCに対応Office 2019製品
機能と価格 Office Personal 2019 Office Professional 2019 Office Professional Academic 2019
Word 2019
Excel 2019
Outlook 2019
PowerPoint 2019  
Access 2019  
Publisher 2019  
インストール台数 2台 PC 2台 PC 2台 PC
価格 (税込) 32,184円 64,584円 30,024円

Office Personal 2019

Office Personal 2019の価格は32,184円と一番安いですが、よく使うWord 2019、Excel 2019、Outlook 2019の基本ソフトが含まれています。

ご家庭や個人のWindows 10 PCにインストールしたい方にオススメ。

Office Professional 2019

Office Personal 2019は、家庭向けおよび法人向けライセンスです。

Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019、Publisher 2019、Access 2019といったマイクロソフトオフィスのすべてのアプリをご利用できるため、価格は64,584円 (税込)と高く設定されています。

Windows 10 PC 2台でインストールできます。

Office Professional Academic 2019

Office Professional Academic 2019は学生、教職員向け製品です。

Office Professional 2019と同じようにマイクロソフトオフィスのすべてのアプリをご利用できますが価格は30,0244円 (税込)とすごく安くなっています。

それは、Office Professional Academic 2019は学生、教職員向け製品で社会人が購入できない、商用利用できないという制限があるからです。

Mac向けOffice 2019 の機能と 価格

Office 2019 for Macの対応OSは、現在、macOS 10.12、macOS 10.13、macOS 10.14です。Appleが来年macOS 10.15をリリースした場合はmacOS 10.12 Sierraに対応しなくなります。 Office 2019 for Macは最新のmacOSを含む3世代のmacOSに対応します。

Mac 対応Office 2019製品
機能と価格 Office Home & Student 2019 for Mac Office Academic 2019 for Mac
Word 2019
Excel 2019
PowerPoint 2019
Outlook 2019  
インストール台数 Mac 2台 Mac 2台
価格 (税込) 25,704円 18,144円

Office Home & Student 2019 for Mac

Office Home & Student 2019 for Macは、家庭向けライセンス です。

Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019をMac 2台でご利用できます。

価格は、25,704円 (税込)です。

Office Academic 2019 for Mac 価格

Mac用の買い切り型の永続ライセンス版、学生と教職員に対応したOffice Academic 2019 for Mac。価格は、18,144円 (税込)となっており、Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019が含まれて非常にお得。

Office Academic 2019 for Macは、は学生、教職員向け製品で社会人が購入できない、商用利用できないという制限があるからです。 そのため、価格は、Office Home & Student 2019 for Macより安くなっています。

Windows/Mac両方対応するOffice 2019製品の機能と 価格

マイクロソフトのOffice 2016バージョンでは、Office Home & Business 2016 for MacとOffice Home & Business 2016 for Windowsの2種類ありました。

今回のバージョンアップで、Office Home & Business 2019というWindows/Mac両方対応製品が提供されました。

以下は、Office Home & Business 2019の機能と価格をまとめた表です。

Windows PC または Mac に対応Office 2019製品
機能と価格 Office Home & Business 2019
Word 2019
Excel 2019
PowerPoint 2019
Outlook 2019
インストール台数 2 台のWindows PC またはMac
価格 (税込) 37,584円

Office Home & Business 2019

Office Home & Business 2019は、Windows/Mac両方対応します。Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019を利用できます。

価格は、37,584円 (税込)です。

Office 2019 のPOSA版 、ダウンロード版、プレインストール PC版の選び方

Office 2019 は、各製品でPOSA版、ダウンロード版、プレインストール PC版の3つが販売されます。それぞれ価格や販売方法やライセンス等が異なります。

以下で、Office 2019のPOSA版、ダウンロード版、プレインストール PC版の違いについて見ていきます。

POSA版とは?

POSA版とは、ライセンスキーが書かれたPOSAカードのことで、パッケージ版の代わりとしてこちらが提供されています。

コンビニや家電量販店などで購入できます。

Office 2019 POSAカード

Office 2019 POSAカード

Office 2019POSA版の 価格はダウンロード版と同じです。

実は、POSA版は、かつてのCD-ROMやDVD-ROMが入ったパッケージの変わりに販売されている製品です。CDなしの製品なので、プロタクトキーをマイクロソフトアカウントにセットアップして、Office 2019をダウンロードしてインストールします。

Office 2019のPOSA版で販売されている製品は、Office Home & Business 2019、Office Personal 2019、Office Professional Academic 2019、Office Home & Student 2019 for Mac、Office Academic 2019 for Mac です。

Office Professional 2019は、POSA版で販売されていません。

ダウンロード版とは?

ダウンロード版は、文字通りインターネットからダウンロード購入する商品です。MicrosoftAmazonヨドバシカメラ等のオンラインサイトで購入可能です。

Office 2019のすべての製品がダウンロード版で販売されていません。

購入後に、すぐに、プロタクトキーがメールで発行されますのですぐに使えるのはメリットです。

プレインストール版とは?

パソコンに予めからインストールされています。別のパソコンへ移動できません。インストールされているパソコンのみでインストールできます。インストール台数は1台のみです。

価格は、ダウンロード版、POSA版より安く販売していますが、パソコンが壊れると使えなくなるのはデメリットです。

Office 2019を安く買う方法、最適な選び方

以上、Office 2019について説明しました。

以下で自分の必要に応じてOffice 2019を選択しましょう。

1.Windows10 PCでOffice 2019を利用する場合、Office Personal 2019を選ぶでしょう。Access 2019まで利用する場合、Office Professional 2019を選びましょう。

学生の場合は、Office Professional Academic 2019をお得に購入できます。

2.Mac でOffice 2019を利用する場合、Office Home & Student 2019 for Macはお得です。

学生の場合は、Office Academic 2019 for Macをお得に購入できます。

3.Windows10 PC、Mac でOffice 2019を利用する場合、Office Home & Business 2019が一番お得です。

さらに、PCを買い替えるタイミングであれば、プレインストール版のOffice 2019付きパソコンを購入する選択もあります。

Office 2019 の購入を検討中の方に向けて、Office 2019 の複数の種類の機能や価格を比較しながらどれがおすすめなのかについて説明しました。以上のOffice 2019 の価格と機能を了解すれば、購入後の「満足度」が高い製品を探すことができます。

Mac で Word 2019を使うには?価格・料金・購入方法!

Mac を入手したあと、勉強や仕事で Word 2019使う場合に、どのバージョンを導入すればいいのでしょうか?今回は、Macで使うWord ソフトで有名なフリーのOffice Onlineと有料のMS社製アプリの Wordなど価格・購入方法を説明します。

f:id:officekun:20171117164352j:plain

 

 Mac Word を無料で使う方法

Mac で簡単な文章を作成するなら、無料の「 Word Online 」がオススメ。

Microsoft アカウントをサインインすると、Wordをブラウザ上で使用できます。

「 Word Online 」は、Microsoft 社から提供している無料サービスであるため、デスクトップ版のWordに比べて一部の機能が制限されています。

縦書き文章の作成、罫線、リンク先の編集、マクロの記録・実行などができませんので複雑な作業をする場合、インストール版のWordが必要です。

他のアプリを使わないなら単体製品の Word 2019 for Mac

Officeアプリにおいて、Mac でWordしか使わないなら、Word 2019 for Mac単体製品がオススメ。

価格は15,984円。

しかし、Excelも必要であれば、アプリケーションをセットにしたOfficeスイートがお得になる。

ExcelもほしいならOffice Home and Student 2019 for Mac

MacでWordとExcel両方を使うならOffice Home and Student 2019 for Macがオススメ。

価格は、25,704円。

この金額でPowerPointも付いていますよ。

つまり、Excel、WordとPowerPointを単体購入すると47.952円かかりますが、Office Home and Student 2019 for Macを購入すれば、25,704円と22,248円安くなります。

MacWindows 両方で使うならOffice Home and Business 2019

Office Home and Business 2019の価格は37.584円。

WordをはじめExcelPowerPointOutlookまで付いている。

さらに、2台のMacまたはWindows 10にインストールできます。

たとえ、Windows 10向けのOffice Personal 2019とMac 向けOffice Home and Student 2019 for Macを両方購入すると63,288円。しかし、Office Home and Business 2019はそれより安い37.584円でWindows 10とMac両方にOffice 2019を使えます。

最も重要なのはOffice Home & Business 2019を激安で購入できますよ。

公式サイトで、37,584円の高い値段で発売されていますが、ネットショップからは最安14,600 円で購入できます。

そして、Office Home & Business 2019は、買い切り型で、最新Officeを使わない場合、追加費用が発生しません。

即ち、Office Home & Business 2019 を14,600 円で買い切り、サポート終了の2026年まで使えるということです。

最新バージョンが必要ならMicrosoft 365 Personal

Windows PC、Macタブレットスマートフォン (WindowsiOSAndroid) など、複数のデバイスで常に最新バージョンのOffice が必要ならMicrosoft 365 Personal(旧称 Office 365 Solo)がオススメ。

料金は、 1 か月あたり 1,284 円ですが、年間契約をすれば12,984円と月額契約で12っか月使ったより2,424円安くなります。

そして、月額契約より年間契約がオススメ。

Microsoft 365 Personalでは、WordやExcelなどすべてのOfficeアプリケーションの常に最新バージョンを使えるうえに、OneDrive 1 TB、毎月 60 分の Skype 無料通話が付いてくるというメリットがある。

まとめ

Mac でWordを使う方法を安いから高い順にまとめると、

  • 無料の「 Word Online 」を使う
  • Word 2019 for Mac単体製品を購入する
  • Office Home and Student 2019 for Mac永続ライセンスを買う
  • Office Home and Business 2019永続ライセンスを買う
  • Microsoft 365 Personalを契約する

の5つの方法がある。

値段が高くなるほど、使える機能面でのメリットが多い。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Office Mac を買うなら永続ライセンスの『Office Mac 2019 』がお得!

MacMicrosoft Officeを使うなら永続ライセンスのOffice Home & Business 2019 が一番お得(12,600円 税込み)。そのお得度をOffice 365 Solo と比べてみた!

現在市販されているMac対応Microsoft Officeには、永続ライセンスの『Office Mac 2019』と、サブスクリプション版の『Office 365 Solo』がある。永続ライセンスの『Office Mac 2019』は、一般的なソフトと同様に買い取り式で価格が高い反面、購入後は無期限で利用できる。それに対し、サブスクリプション版の『Office 365 Solo』は、1ヶ月または1年間の契約制で、契約期間中だけ利用できるので安価に運用できる。

パッケージ版のOffice  Mac 2019は、公式サイトなら、最も安価な『Office Home & Student 2019 for Mac 』が25,704円(税込み)で、利用できるOfficeアプリはWord 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、 OneNote 2019に限られる。それに対しOffice 365 Soloは、Officeシリーズの全アプリが利用できるにもかかわらず、1ヶ月1274円、または1年1万2744円と、安価に設定されている。契約期間は自由に設定できるのも特徴で、例えば、使いたい時に1ヶ月間だけ契約し、使用後に契約を解除することができる。

Office 2019 Macは2台までMacにインストールすることができます。ただし、Windowsにはインストールできません。一方のOffice 365 Soloですが、こちらもPC 5台までインストールすることができます。単体版と根本的に違うのは、WindowsでもMacでも良いこと。

Office 2019 Macは最新版Officeを無料で使えません。これに対し、Office 365 Soloは、Officeの新製品が出た時に新たな購入費用が発生しません。今まで通。月払いか年払いで同じライセンス料金を支払えば良いだけ。

これで、MacWindowsの両方でOfficeを使いたい
AccessやPublisherを使いたい(Office  Mac 2019 に付いてない)
常に最新版Officeを使いたい方にとっては、Office 365 Soloは最適です。

しかし、Office 365 Soloを年額払いで長年利用すると、値段めちゃくちゃ高くなってしまいます。soloは1年1万2744円で、三年目で38,232円となり、 マック オフィス 2019の価格を上回ります。

Office Home & Business 2019 が35,705円で買い取り、もちろん、(新しいバージョンを使わないなら)後の追加料金もありません。

そして、どうせMacだけOfficeを使うし、Office 2019バージョンのまま使いたいならOffice Mac 2019 がおすすめだ。

それは、使い慣れたから、ずっと元のバージョンでいい、AccessやPublisherも使わないし、仕事でも家でもMacしか使わない方々も多くいるでしょう。

注意してほしい!Office Home & Business 2019 for Macを激安で買える方法もあります。ネットショップで調べてみたら、12,600円で発売されている店もありますが、超安いでしょう。

安すぎるので、 マック オフィス のインストールとライセンス認証できるかなと心配する方もいるでしょう。

インストール方法について、最新版のOffice2019をMacでインストールする方法をご参照ください。

長年使うユーザーにとっては、やっぱりパッケージ版のOffice  Mac 2019の方がお得でしょう!

Mac 版 Office 2019 発売開始。気になる変更点は?

Mac版Office 2019永続ライセンスのご紹介です。最新バージョンのOffice 2019 for Macは、旧バージョンのOffice 2016 for Macと比べて何が変わったのか?この記事では、Mac対応するOffice 2019 の価格や内容の変更点を紹介しています。

Mac Office 2019

Mac Office 2019

Mac 向けOffice 2019 の永続ライセンスは、2019年1月22日から発売されました。うちに、Office Home & Business 2019、Office Home & Student 2019 for Mac、Office Academic 2019 for Macの3種類があります。

では、Mac Office 2019の対応する OS、サポート期間、機能や価格の変更点を見てみましょう。

目次

Mac Office 2019はMac OS 10.12以降対応

macOS 10.12 Sierral

macOS 10.12

今までのOffice 2016 for MacMac OS X バーション 10.10以降に対応していましたが、Office 2019 for Macからは最新のmacOSを含む3世代のmacOSに対応します。

つまり、現在はmacOS 10.14 Mojave 、macOS 10.13 High SierramacOS 10.12 Sierraに対応することです。

しかし、Appleが来年macOS 10.15をリリースした場合はmacOS 10.12 Sierraに対応しないということです。

Mac Office 2019 のサポート期間は?

Mac Office 2019 永続ライセンスのサポート 期限 は2023年10月まで。

Mac Office 2019 永続ライセンスのサポート 期限 は2023年10月まで。メインストリームサポート期間は5年間(2023年まで)、延長サポートは対象外です。

Mac Office 2019 アプリケーションの新機能

Mac Office 2019 で追加された便利な機能で仕事の質を高めましょう。Mac Office 2019 では、Office 365ですでに実装されているインク ツール、データ型、関数、翻訳および編集ツール、モーション グラフィックス などが追加されています。

通訳機能

Microsoft Translator サービスを使用して単語、語句、その他のテキストの選択範囲を世界のどんな言語でも翻訳できます。翻訳機能は現在、Word、ExcelPowerPoint で使用できます。

アイコンを挿入して文章を視覚的に

アイコン ライブラリには 500 個のアイコンが用意されており、これらを使用してスライドにイラストを挿入すると、プレゼンテーションの視覚的なインパクトを高めることができます。

エクセルに追加した新しい関数

TEXTJOIN、CONCAT、IFS 、SWITCH、MINIFS、MAXIFSの6つの関数が追加されました。Excel での作業がもっと便利になりました。

学習ツールで読解力を向上させる

学習ツールの「列幅」、「ページの色」、「テキストの間隔」、「音節」、「読み上げ」で、文章を読みやすい、理解やすくなります。

3D モデルですべての角度を表示する

Mac Office 2019 のWord、ExcelPowerPointでは、3D モデルが追加されました。ドキュメント、ブック、プレゼンテーションに3D モデルを挿入することで、ポイントを説明することができます。

図形やテキストを手描きするインク機能

Mac Office 2019では、特別な機器必要なく、マウスを本の指で、注釈の手書き入力、テキストの強調表示、図形のすばやい描画ができます。

Mac PowerPoint 2019の変形機能

Mac PowerPoint 2019の変形機能を利用すると、テキスト、図形、図、 SmartArt グラフィック、ワードアート、グラフなど、さまざまな点で動きの外観を作成できます。

Mac Office 2019 では、これ以上の細かい機能も追加されています。こちらは、興味をもって一部の機能を紹介しました。

Mac Office 2019 の種類や価格比較

Mac Office 2019永続ライセンスには、ご家庭(個人)向け、ご家庭(個人)向けとビジネス(法人)向け、学生/教職員向け(アカデミック版)の3種類があります。

それぞれの製品に含まれるOfficeアプリケーションに違いがありますので表にして比較してみましょう。

Mac Office 2019の価格/種類の比較表

Mac Office 2019永続ライセンスの「Office Home & Student 2019 for Mac」、「Office Academic 2019 for Mac」「Office Home & Business 2019」の価格と機能を比較しています。

Mac 対応製品
使えるアプリケーションと価格 Office Home & Student 2019 for Mac Office Academic 2019 for Mac Office Home & Business 2019
Word 2019
Excel 2019
PowerPoint 2019
Outlook 2019  
提供形態 POSA版
ダウンロード版
POSA版
ダウンロード版
POSA版
ダウンロード版
参考価格(税込) 25,704円 18,144円 37,584円
インストール台数 2台のMac PC 2台のMac PC 2 台のWindows PC またはMac

ご家庭(個人)向けOffice Home & Student 2019 for Macとは

Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019の3つのアプリケーションが含まれており、2台のMacでインストールできる永続ライセンスです。価格(税込み)は25,704円です。

ご家庭や個人のMacのみで使うなら一番お得な製品です。

Outlook 2019が付いていません。Outlook 2019が必要であれば、ご家庭(個人)とビジネス(法人)向けの「Office Home & Business 2019」を選びましょう。

ご家庭(個人)とビジネス(法人)向けのOffice Home & Business 2019とは

Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019の4つのアプリケーションが含まれており、2台のWindows 10またはMacでインストールできる永続ライセンスです。価格(税込み)は37,584円です。

Windows またはMac両方にインストールできるがメリットで人気を集めている製品です。

以下の記事で「Office Home & Business 2019」について詳しく説明しています。

officekun.hatenablog.com

学生/教職員向け(アカデミック版)Office Academic 2019 for Macとは

学生と教職員の方のみが利用できるMac向けの永続ライセンスであり、購入時には学生証など証明できるものを提示する必要があります。

Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019、Outlook 2019の4つのアプリケーションが含まれており、2台Macでインストールできます。価格(税込み)は18,144円です。

最後に

Mac Office 2019永続ライセンスの変更点をまとめました。

Mac Office 2019では、新機能だけ追加されたことではなく、対応バージョンにも変更があります。

Office Mac 2019永続ライセンスの価格面で大きな変更は見られていませんが、Office Home & Business 2019はWindows PC または Mac に対応するようになりました。 これは一番大きな変更でしょう。これから、Windows PC、 Mac を両方お持ちの方は1ライセンスで2台でオフィスソフトを使えるようになるでしょう。

Microsoft Office を格安で手に入れる方法は?Office 非搭載PCがおすすめ

Microsoft Office を無料・格安価格で使える方法を紹介します。Office 搭載 PCを買えば、Microsoft Officeを安く購入したと思いますが間違いかも。じつは、WordやExcelなどのOffice アプリケーションをPCと別に買うのがお得です。

Microsoft Office を格安で手に入れる方法は?Office 非搭載PCがおすすめ

Microsoft Office を格安で手に入れる方法は?Office 非搭載PCがおすすめ

 

 目次

Microsoft Office 全種類の内容や価格比較

Microsoft officeの最新バージョンは「Office 2019」です。 販売形態には、プレインストール版、Office 365、パッケージ版(POSAカード版/ダウンロード版)の3種類があります。(法人向けは除いています。)

Microsoft Office は、どれを買えばお得なのか?PCとセットにしたOffice 2019プレインストール版の値段がマジ安いなのか?以下、3種類の価格や内容を比較してみます。

 

Microsoft Office の全種類の内容や価格比較表
種類 エディション 内容 価格
Office 2019プレインストール版 Office Personal 2019 Word、ExcelOutlookを搭載 PC 1 台のみ使える永続ライセンス PCの価格に含まれる
Office Home & Business 2019 Word、ExcelOutlookPowerPointを搭載 PC 1 台のみ使える永続ライセンス PCの価格に含まれる
Office Professional 2019 Word、ExcelOutlookPowerPoint、Publisher、Accessを搭載 PC 1 台のみ使える永続ライセンス PCの価格に含まれる
Office Professional Academic 2019 Word、ExcelOutlookPowerPoint、Publisher、Accessを搭載 PC 1 台のみ使える永続ライセンス PCの価格に含まれる
Office 2019パッケージ版 Office Personal 2019 Word、ExcelOutlookを2台のWindows 10 PCで使える永続ライセンス 32,184円
Office Home & Business 2019 Word、ExcelOutlookPowerPointを2 台のWindows PC またはMacで使える永続ライセンス 37,584円
Office Professional 2019 Word、ExcelOutlookPowerPoint、Publisher、Accessを2台のWindows 10 PCで使える永続ライセンス 64,584円
Office Home & Student 2019 for Mac Word、Excel、PowerPoinを2台のMacで使える永続ライセンス 25,704円
Office Academic 2019 for Mac Word、ExcelOutlookPowerPointを2台のMacで使える永続ライセンス 18,144円
Office Professional Academic 2019 Word、ExcelOutlookPowerPoint、Publisher、Accessを2台のWindows 10 PCで使える永続ライセンス 30,024円
Office 365 Office 365 Solo 常に最新のWord、ExcelOutlookPowerPoint、Publisher、Access、1か月/60分間、Skype無料通話OneDrive 1TBが使える。WindowsPC/Mac/iOS/Androidで無制限インストール、同時利用5台まで。 1,284円/1ヶ月。12,984円/1年間。

注意点は、アカデミック版は、学生、教職員、教育機関のみなさまを購入および使用対象とした製品です。購入時には在籍を証明する書類を提示する必要があります。

Office 2019パッケージ版(POSAカード版/ダウンロード版)を購入すると2台までインストールできます。以下の記事でOffice 2019パッケージ版の価格について紹介しています。

Office 2019プレインストール版の価格について

Office 2019プレインストール版とは、PCに予めインストールされている製品です。

PCとセットで購入しますのでパソコンの価格にOffice 2019の値段も含まれています。

では、同じメーカー製品のOffice 搭載 PCとOffice 非搭載 PCの価格を比較すれは、差額は、Office 2019プレインストール版の価格です。

ここ、プレインストールOffice Personal 2019の値段を調べてみましょう。

第9世代インテル Core i5搭載ミニタワーデスクトップPC 価格
SSD搭載+Office Personal 2019付属 75,960円
SSD搭載 61,980円
差額 13,980円

つまり、プレインストール版Office Personal 2019の値段は13,980円です。

その他に、Office Home & Business 2019、Office Professional 2019といった製品をPCとセットで購入することはできますが値段がもっと高くなります。2万円を超えるでしょう。

また、プレインストール版Office製品のデメリットは、インストールされたPCのみで使えます。PCが壊れると使えなくなります。

Office 搭載 PC を購入した場合のMicrosoft Officeの値段は安いものではありません。

Office 非搭載 PCを購入してMicrosoft Officeが必要になった場合、後ろから12,500円でOffice 2019ダウンロード版を付けることが可能です。

以下でOffice 2019の格安製品を紹介しています。

 次にOfficeソフトを無料で手に入る方法を紹介します。

Microsoft Officeを無料で使う方法

MicrosoftOfficeを頻繁には使わないので無料で使いたいという方は参考にしてください。

「Office Online」を利用する

Office Online に含まれる製品

Office Online に含まれる製品

 

マイクロソフトクラウドサービス版Office「Office Online」は、従来のWordやExcelと高い互換性を誇り 、家庭で使うなら十分な機能が備わっています。インターネットの接続環境があれば、さまざまなデバイスからも、無料でどこでも Word、ExcelPowerPointOneNote の ドキュメントを表示、編集、共有できます。

マイクロソフトの有料版と比べて、オンライン上でしか使えない、凝ったレイアウトや複雑な数式を使うケースでは使えないという制限はありますが、簡単な作業であれば問題なく利用することができます。オフィスを無料で使いたい方はぜひお試しください!

 

Office 365 Solo 試用版を使う

Office 365 Soloの料金は、従来のパッケージ版のOffice製品と比べると、利用期間に応じて料金を支払う、“サブスクリプション型”の製品となっています。

Office 365 Solo は、1 か月の無料試用期間が終了すると、¥1,274/月相当でのご利用となります。いつでもキャンセルできます。

 Microsoft Office365 Solo無料試用版は、1 か月無料で利用できるソフトです。しかし、1 か月の無料試用期間が終了すると、¥1,274/月相当でのご利用となります。体験版をダウンロードして放置しておくと有料料金が発生する仕様になっています。

 

大学生がOfficeソフトを割安で手に入れる方法

Microsoftのライセンスプログラムを利用している大学生であれば、Officeソフトを無料または特別価格にて手に入れることができるんですね。

大学で包括でランセンス契約を行い、学生は在学期間中、無償「Office」を利用できるケースが増えている!
無償で利用できる場合、入学時の案内資料などで説明があります。出費を抑えられますので、見逃さないように!

 最近のニュースに次の情報がありました。

 

株式会社内田洋行は、「Office Professional Plus」または「Office for Mac」を、4年制大学の場合で1~2年生向けに1万6800円、3~4年生向けには1万円(価格はいずれも税別)で提供する「学生向けMicrosoft Officeライセンス特別プラン」を4月1日より提供する。
 学生向けMicrosoft Officeライセンス特別プランは、日本マイクロソフト株式会社の協力により提供されるもので、大学法人の許諾のもと、内田洋行が提供するECサイト「U365」を通じて、学生個人に独自のライセンスを直接販売するプランとなる。

 

 しかも、社会人になっても、オフィスソフトを引き続けて利用できるようです。

 

最後に

ここまでの内容をおさらいしてみましょう。

パソコンを買うときには、パソコン本体とOfficeソフトを別々に買い、Officeソフトの料金を安くすることができます。

「Office Personal 2019」をパソコンと別々に買うと1万円程度節約できます。

「頻繁には使わないので無料で使う方法はないの?」と思う人は無料「Office Online」を簡単に利用できます。

Office 365 Solo を試したいという方は、無料版をインストールしてください。

大学生は、まずは自分の大学が、Officeソフトを安く手に入れることのできるラインセンスプログラムを提供していないかをチェックしましょう。

利用できるライセンスプログラムがあれば、それによって無料または格安でOfficeソフトを手に入れることができるので大満足ですね!

もしライセンスプログラムが利用できなければ、「株式会社内田洋行」をチェック。
お得にOfficeソフトを手に入れることができます。

パソコンを買うと、必ず必要となるOfficeのソフトですが、パソコンと別に買うだけで、全体的にかかる料金を節約することができますので、皆さんぜひ試してくださいね。