Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

無料(フリー)セキュリティソフトは本当に安全?

セキュリティソフト

無料のセキュリティソフトはスキルの高い人や限定されたところでPCを使う人に おすすめです。無料のウイルス対策ソフトの中には、有料のセキュリティソフトのウイルス検出率をしのぐ高機能なソフトも多くあります。

f:id:officekun:20170328124554j:plain

 目次

はじめに

無料のセキュリティソフトは、メールの送受信を監視したり、自動で最新のウイルス情報をアップデートしたりして常にウイルスに目を光らせてくれます。

しかし、無料のセキュリティソフトは、同じメーカーが販売する有料版のソフトに比べて機能が制限されている場合が多いです。

例えば、ビヘイビア検知機能、ドライブバイダウンロード対策機能、ネットバンキング保護機能、ランサムウェア対策機能がなかったりします。

最近のインターネットの危険は、ウイルスやスパイウェアなどのマルウェアだけではなく、金銭目的の詐欺や、ランサムウェアによる身代金要求など様々な危険があり、ウイルス検出率が良いだけでは、これらの危険を防げません。

そのため、機能が限定されない、ネットバンキング保護機能、フィッシング詐欺対策、ファイアウォール機能など様々な機能を持っている有料のセキュリティソフトで、広い範囲でセキュリティ対策を行えて、詐欺や情報漏洩からも守る対策をすすめします。

今回は、費用を抑えるために、無料のウイルス対策ソフト利用したいが、いったいどれが良いのかと悩んでいる方に無料のセキュリティソフトをご紹介します。

 

無料セキュリティソフト

無料セキュリティソフトとはいえ、気になるソフトも種類がわからないと見つからないかもしれないので、ここでは日本語版があるソフトを紹介しています。

Microsoft Safety Scanner

Microsoftの3 月のセキュリティ情報で公開した、最新のセキュリティ更新プログラムとしたMicrosoft Safety Scanner は無償でダウンロードできるセキュリティ ツールで、必要に応じてスキャンを実行し、ウイルスやスパイウェアなどの悪意のあるソフトウェアを削除するのに役立ちます。

このツールは、既存のウイルス対策ソフトウェアと連携します。

Microsoft Safety Scanner は、ダウンロードしてから 10 日間ご利用いただけます。最新のマルウェア対策定義を使用してスキャンを再実行するには、Microsoft Safety Scanner をもう一度ダウンロードする必要があります。

コンピューターをウイルスやスパイウェアなどの悪意のあるソフトウェアからリアルタイムの保護を実行するウイルス対策ソフトとして、Microsoft Security Essentials をダウンロードをオススメします。

WindowsMicrosoft Office を開発するマイクロソフト社が送り出す無料アンチウイルスソフトは見た目はシンプルで初心者でも簡単に利用できるのが魅力です。

avast無料アンチウイルス

どこの無料セキュリティの比較サイトに行っても紹介されている、日本では人気の高い無料セキュリティソフトです。マルウェア対策性能も良いです。

無料版としては機能も多く、ID/パスワードを一元管理する機能や、不正な広告などブロックするなどより安全にブラウジングできる「セーフゾーン ブラウザ」、セッションを外部から隔離し安全にネットバンキングを行う「バンクモード」などの機能を備えています。

デメリットといえば、起動が遅くなる、通知領域のアイコンが回りっぱなしなどの不具合も報告されているところです。

AVG AntiVirus FREE 無料アンチウイルス

このソフトは、利用登録などは必要ありません。マルウェア対策性能や動作の軽さについては普通です。

ウィルス、スパイウェア、ワーム、トロイの木馬からコンピュータを保護する「コンピュータの保護」、インターネット検索や閲覧を行っているユーザーをWebベースの攻撃から保護する「ウェブ閲覧時の保護」、リアルタイムでマルウェアをブロックして個人情報を保護する「Identity Protection」、送受信メールをスキャンしてスパムメールを除外する「メール保護」の基本機能を備えています。

ただ惜しい点は、以前脆弱性が発見され、閲覧履歴が漏えいしたり、攻撃を受けたりする可能性があることも報告されています。

aviraアンチウイルス 無料版

動作が軽い、使いやすく、安定性があります。

クラウド技術を利用した「Avira Protection Cloud」によるリアルタイム保護の強化で、検出率 99.99% を実現。アクセスする Web サイトに悪意がないかどうかをチェックできる「Avira URL Cloud」機能も搭載しています。

このソフトの場合は、1日1回、広告がでてきますが、これは人によりますが、個人的には特に気になりませんでした。PCの使い方によっては、集中しているときに画面に出てきたら邪魔という気がするのはわかる気がしますが。

KINGSOFT Internet Security 2017

シンプルで使いやすいインターフェースで、初心者方でもカンタンにセキュリティ対策ができる軽いソフトです。

メモリ、ダウンロード、USBデバイスの接続、迷惑ソフトの侵入、レジストリの変更、ネットワークの接続、ウェブカメラなどを監視し、外部からの攻撃を防止。フィッシング対策協議会と連携し、最新のフィッシング詐欺サイトへのアクセスを遮断します。フルスクリーン時には自動でサイレントモードとなり、動画鑑賞、ゲームプレイに最適化されます。

検出率は低め。広告が表示されます。

 

最後に

 個人的な所感としては、これらの無料ウイルス対策ソフトでは、どちらの場合でもメリット・デメリットの両方があります。

どちらが良いかと悩むより、とにかく実際にインストールしてみることだと思いますよ!