Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

ようやく分かった!Office StudentとBusiness 2016 for Macが違う3つのポイント

Office for Mac 2016を使うには、個人向けのOffice Home & Student 2016 for Macと個人でも仕事でも使えるOffice Home & Business 2016 for Macの二つの選択肢があります。

筆者は以下の三つのポイントから、Office StudentとBusiness 2016 for Macを比較しました。

Office 2016 for Mac価格 Microsoft Office Microsoft Office Home and Business 2016 for Mac  Home and Business 2016 for Mac
  Mac最大2台でインストール可能な永続ライセンス。
  Word for MacExcel for MacPowerPoint for MacOneNote for   MacOutlook for Macをインストール可能
  ご家庭での基本的な作業に加え、仕事でも使用する方に最適。
  価格は、¥ 12,050 税込

 

Office for Mac 2016は、買い切り型で、サポート終了まで(サポート終了期間は2026年)追加費用が発生しません。
Mac最大二台までインストールすることができます。ただし、Windowsにはインストールできません。
Microsoft社のオンラインストレージ「OneDrive」を15GB使用できるようになります。

Office for Mac 2016には、Office Home & Student 2016 for MacとOffice Home & Business 2016 for Macの二つの種類があり、
以下では、Office StudentとBusiness 2016 for Macが違う三つのポイントを並べました。

Outlookがあるか否か

Office Home & Business 2016 for Macは、Word2016、Excel2016、PowerPoint2016、 OneNote2016及びOutlook2016が利用できます。

Outlookとは、企業で使われるExchange Serverのクライアントソフトです。即ち、社内外のメール管理、スケジュール調整、連絡先管理等に使われるグループウエアです。

これに対し、Office Home & Student 2016 for Macの利用できるOfficeアプリはWord2016・Excel2016・PowerPoint2016・OneNote2016に限られる。

商用利用できるか否か

商用利用とは仕事に使うことです。会社員が会社で使う場合や個人事業主が仕事に使う場合は当然、商用利用になります。
さらに会社員が会社の仕事のファイルを家に持ち帰ってOfficeで編集するような場合も商用利用に含まれます。

Office Home & Student 2016 for Macは名前の通り、家庭と学生向けであり、商用利用ができません。

Office Home & Business 2016 for Macは、ご家庭での基本的な作業に加え、仕事でも使用する方に最適です。

価格による違い

価格的に、公式サイトではOffice Home & Student 2016 for Macを25,704円(税込)、Office Home & Business 2016 for Macを37,584円(税込み)で発売されています。

ネットでは、正規品のOffice Home & Business 2016 for Macを最安12,050円(税込み)で発売している店もあり、Office Home & Student 2016 for Macよりも安いです。

これから見ると、やはり個人でも仕事でも使え、かつ価格が安いOffice Home & Business 2016 for Macの方がお得でしょう。