Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 365 Home Premiumってなに?

Office 365の日本では提供されていない、個人向けバージョン「Office 365 Home Premium」。Office 365 Soloと何が違うの?という方に分かりやすくご紹介します。

f:id:officekun:20180106124912p:plain

目次

Office 365の日本で提供していないエディション

Office 365 Home Premium は、マイクロソフト社が、日本以外の国に提供しているサブスクリプション版の家庭向けOffice 365。常に最新バージョンの Office アプリケーションを1 ユーザにつき、 Windows PC や Macタブレットに5 台ずつ、合計15台までインストールできます。または、1TBのオンラインストレージ、毎月60分無料のSkype通話をまとめた「 Offce365 サービス」を利用できます。 1年間契約でOfficeを最大5台まで使えるので、多くのパソコンをお持ちの家庭にOfficeの利用コストを確実に削減します。

Office 365 Home Premium に何が入ってるの?何ができるの?

Office 365 の共通の特徴である、PC と Mac で新しい Office 2016 アプリケーションが利用できるうえ、いつでも最新のOfficeデスクトップアプリケーションを使うことができるので、 バージョンが変わるたびにOfficeを買い替える必要がありません。

利用できる機能
  • 1ユーザあたり15台のPC(Win/Mac)
  • 最新バージョンのアプリケーションにアップグレード可能
  • 1TB OneDrive雲のストレージスペース続いて獲得・更新
  • 日本語を含む世界各国の言語に対応
  • iPadAndroidタブレットiPhoneAndroid利用可能でも。
  • Microsoft Store」とは異なり、月額制はなし。1年版のみ。

Office 365 Home Premium の大きなメリットは、Office 365のすべてのサービスを利用できることと、Office 365 Soloよりお得に運用できることです。

1年間で9900円(税込み)は高いと思うかもしれないが、たとえば同じ個人向けOffice 365 Soloの購入は、1年間で1万2744円(税込み)で、Office 365 Home Premium より3744円も高いです。 さらに、PCまたはMac計2台しか使えないOffice 365 Soloに対して、Office 365 Home Premium は合計15台までも利用できると考えれば、むしろ安いと言えるだろう。

Office 365 Home Premium は日本で購入できるの?

日本マイクロソフトの公式サイトからOffice 365 Home Premium は購入できません。Amazon、ネットショップで販売されています。マイクロソフトアカウントでライセンス認証をしますが、日本から出来ませんということです。そしてどうやって、インストールして、認証するのでしょうか。

Office 365 Home Premium のインストールと認証方法

Office 365 Home Premiumについてはインストールできるように記事がありました。Office 365 Home Premiumをパソコンにインストールする場合は、マイクロソフトアカウントページ へサインイン、プロダクト キー入力し、言語を日本語に変化する必要があります。

記事で、Office 365 Home Premium のインストール方法を紹介しています。興味ある方参考してください。詳しくはこちら

最後に

Office 365 の個人向け製品Office 365 Home Premiumについて紹介しました。3台以上のデスクトップ、ノートPC、タブレットPCと持っていると日本限定で販売されているOffice 365 Soloより安く使えるんです。