Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

ExcelとGoogleスプレッドシートのどちらが表計算に便利なの?

今、事務仕事に欠かせないほど人気である、これまで表計算ソフトの代名詞であったMicrosoft 社のExcelと人気になりつつであるGoogleスプレッドシート。2つの機能を徹底比較して見ました!

ExcelとGoogleスプレッドシートの比較

ExcelGoogleスプレッドシートの比較

自分の仕事をサポートしてくれる理想的な表計算ソフトはどちらなのかしっかり理解してこの記事を読み終わる頃にはどっちが自分にあった表計算ソフトを選べるようになっているでしょう!

早速ですが以下の流れでExcelGoogleスプレッドシートをご紹介して行きます!

目次

Excel(エクセル)とは

Excel(エクセル)は世界最大のソフトウェア会社であるマイクロソフトMicrosoft)が開発した表計算ソフトであり、Excelが含まれているMicrosoft Office 製品を購入することですべての機能を使えます。または、マイクロソフトアカウントを登録していれば、誰でもExcel基本機能(有料に比較して機能制限があります。)を使えます。

Excel(エクセル)の代わりになる無料の表計算ソフト、Google社のGoogleスプレッドシートなどありますが、表計算で一番よく使われているのがやはりマイクロソフトのエクセルです。

Google スプレッドシートとは

Googleスプレッドシート検索エンジン最大手のグーグルが開発した表計算ソフトであり、グーグルのアカウントを登録しておけば誰でも簡単に使えるソフトです。

Googleスプレッドシートは、基本的に無料で使うことができます。そのため、Excelの代わりに使われています。

ExcelGoogle スプレッドシートを比較

  Excel Google スプレッドシート
費用 有料 無料
使える環境 PC アプリケーション WEB上のアプリケーション
共有機能 あり あり
表計算 できる できる
グラフ作成 できる できる
関数 使える 使える

上の表でExcelは有料ソフトになっていますが、無料でも使えます。マイクロソフトアカウントに登録すれば、マイクロソフトExcelをオンラインで無料で使えます。しかし、無料の オンライン版Excelは有料のExcelに比べて、機能制限があります。

それに対して、Google スプレッドシートはWEB上のアプリケーションであり、インターネット環境が必要です。PCにインストールできません。

Google スプレッドシートは「資料を共有して同時作業を可能にすること」で他の無料ソフトと比べて人気になっていますが、マイクロソフトExcelの一部の機能をオンラインで無料で使えるようになっています。

最後に

表計算ソフトといえば、やはりExcelは便利です。高度な表計算であれば、有料のExcelを使うしかありません。基本的な機能を使うなら無料のオンライン版のExcelを、インターネット環境さえあれば、 どこから、どのデバイスからでも使えます。

ということで、Excelはなかなか応用範囲が広いものなので、Excel表計算ソフト代表的なソフトとなり、ビジネスに欠かせないソフトとなっています。