Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

無料期間切れてもWindows 10へアップグレードすべき5のこと

Windows 10の一年間の無料アップグレード期限が切れましたが、お金を払ってアップグレードする必要がありますかという質問が多い。

筆者にして見れば、もちろん必要があります。

以下では、Windows 10にアップグレードした方がいいと思う五つのメリットをみんなにお伝えします。

f:id:officekun:20171108181139j:plain

 

OSのサポート期間が長くなる

Windows 10にアップグレートすると、OSのサポート期間が長くなります。

Windows 7→10なら5年半くらい、Windows 8.1→10なら2年半くらいサポート期限が長くなります。Windows 10のサポート期限は2025年10月14日までです。

「スタート」メニューが進化して復活

Windows 7で用意されているスタートボタンがWindows8.1ではなくなってしまい、それが使い難いというユーザーの意見が反映されたようで、Windows 10ではこの「スタート」が進化して復活しました。

Windows 10では、スタートメニューを開いたら即、検索バーへの入力が可能で、アプリを名前で呼び出して起動でき、使い勝手がよくなりました。

新ブラウザ「Edge」はとっさのメモに大活躍

Windows 10には、新ブラウザーの「Microsoft Edge」が標準のブラウザーとして搭載されます。これは、タブレットスタイルでの使用時には便利そうだと感じました。

画面サイズが限られるタブレットでは、「ブラウザの横にメモを表示して要点を書き込む」といった作業はしづらいですよね。しかし、Edgeに搭載されている「Webノート」という機能を使えば、表示している画面に直接メモやコメントを書き込むことができます。メモを書き込んだ画面に関してはそのままキャプチャーするもよし、お気に入りやリーディングリストに登録するもよしです。

「仮想デスクトップ」を切り替えながら作業できる

書類を作るときはWordやExcelを使ったり、息抜きするときはインターネットで映画を見たり音楽を聴いたりと、パソコンのデスクトップに起動するアプリは用途によって変わりますよね。

仕事タイムと息抜きタイムを上手に切り替えたいときには、新機能「仮想デスクトップ」が便利です。1つのパソコンの中に、複数のデスクトップがあるように切り替えられます。

Windows 10では、新しいデスクトップを追加して、それぞれにアプリのウィンドウを開くことができます。デスクトップ1は作業用、デスクトップ2は休憩用、といった具合に使い分けてみましょう。

ストアアプリ

Windows 10 でもフリーソフトや有料ソフトなどは変わりなく使用できます。

それに加えてストアアプリと呼ばれる、Windows 10 専用のソフトウェアを公開する場所があります。Google PlayApp StoreWindows 版です。
ゲームや音楽、映画など幅広く公開されており、無料と有料のアプリがあります。

以上、無料期間切れてもWindows 10へアップグレードすべき五つのメリットをまとめました。アップグレードするかどうか迷っている方の参考になればと思います。