Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office で使用するMSアカウントを忘れてしまいライセンス認証ができなくなった!

パソコンのリカバリ後やOfficeアンインストール後などに最新のOffice(Office2016)を利用したい場合は、Officeをセットアップしたマイクロソフトアカウントを使用して、パソコンに再度インストールします。

ところが、マイクロソフトアカウントを忘れてしまった場合、ライセンス認証ができなくなります。今回、プロダクト キーを使用して、Microsoft アカウントの一部を表示する 方法を紹介します。

さて、カードに書かれているプロダクト キー使用してMicrosoft アカウントの一部を表示する方法を実行してみましょう。

手順①
以下のリンクからMicrosoft アカウントでサインインします。(Microsoft アカウントを入力するか、新規に作成する手順に従います。)

⇒「Microsoft アカウントにアクセスします。

マイクロソフトアカウントにサインイン

マイクロソフトアカウントにサインイン

手順②
サインイン後、Office のカードに付属していた 25 文字のキーを入力します。

プロタクトキーの入力

プロタクトキーの入力

手順③
[個人用 Office アカウント] ページに、Office の購入またはライセンス認証に使用したか、[マイ アカウント] に最初にサインインしたときに使用した Microsoft アカウントの一部が表示されます。

Microsoft アカウントの一部を表示する

Microsoft アカウントの一部を表示する

最後に、表示されたのは、マイクロソフトアカウント名の頭一文字とドメイン名だけです。そのヒントから正しい Microsoft アカウントを思い出せる可能性があるでしょう。 それでも Microsoft アカウントを思い出せない場合、個人用 Office アカウント ページの [サポートに問い合わせる (無料)] リンクを選んでサポートに問い合わせて、オプションを確認してください。