Microsoft Office 2016 が登場しました!Mac版、Windows 版にWord、Excelなどのアプリをインストールしたい方におすすめします。 複数の購入形式に悩んでいる人のために、Office365 とパッケージ版の機能と価格を比較した 結果を紹介します。

Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

Office 2016 ダウンロード版とサブスクリプション版

マイクロソフト社は最新版のOffice 2016では、パッケージ版が廃止で、ダウンロード版とサブスクリプション版に分けて提供しました。以下、それぞれバージョンのOffice 2016機能と使い方を説明します。

f:id:officekun:20170504164908j:plain

Office 2016 ダウンロード版

 

最初のうち、Microsoft officeは「パッケージ版」と「ダウンロード版」がありました。

Office 2016はパッケージ版が廃止で、POSAとダウンロード提供になりました。

POSAとはプロタクトキーが書かれた紙のことです。

「ダウンロード版」とはプロダクトキーのみを購入する形です。

そしてマイクロソフトOffice本体はインターネットからダウンロードし、購入したプロダクトキーを入力すると使用可能になるわけです。

特徴は、数万円を一括払いしてofficeを永続に利用できる。

 

Office 365 サブスクリプション

Office 365 サブスクリプション版、購読版ともいえる。
最初のうち、Microsoft officeは数万円を一括払いしてofficeのパッケージとライセンスを購入する必要があり、2011年から大量PCを持つ企業に向け、「購読型」オフィスソフト——Office 365が発表されました。契約期間中に複数のPCにインストール可能です。

Office 365は最初個人バージョンのサービスを提供していなかったが、2015年10月から、office365は個人バージョン向けのサービス、office 365 soloを正式発売しました。

サブスクリプション版の特徴は、月額払い、年払いでオフィスを使える。複数のパソコンにインストールできる。常に最新のバージョンに無料アップグレードできる。

 たとえば、個人向けOffice 365 soloは使用契約期間中に、2台のPC又はMacに全ての最新officeアプリケーションをインストールと使用することが可能です。
特別な点として、1つの「購読アカウント」はMacwindows両方にて利用可能です。

 

office 2016 for mac ダウンロード版

Office 365 solo は、 mac版でもoffice 2016を利用できますがoffice 2016 for mac ダウンロード版も存在します。

バージョンのアップグレードにより、次々とOffice 2004 for MacOffice 2008 for Mac、Office for Mac 2011、office 2016 for mac の発売につれ、Macwindowsoffice 2016の操作方法も統一されました。

 Mac版のみで、永続使用可能なのは買切り型、つまりoffice 2016 for macダウンロード版をおすすめ。

 

まとめ 

Microsoft Office には、Office 2016ダウンロード版とOffice 365サブスクリプション版があります。

ではいったい購入形態によって、どんな 違いがあるのでしょうか?実際にマイクロソフト のオフィスソフトを選ぶとなったときに知っておきたいメリット を簡単にご紹介しました。

Office 2016の入手を考える際に、従来までの一括払いの永続型(ダウンロード版)にするか、それとも月額や年額による期間限定で課金する形のOffice 365 soloにするか は迷うところです。

ざっくりいうと、Office 2016 ダウンロード版は1 回支払うことで永久に使える代わりにアップグレード オプションはありません、
Office 365 solo は、常に最新バージョンの Office (現時点では Office 2016) を使える代わりに月単位または年単位でお支払いする、ということになります。

Office 365 soloは、使い続ける限り費用が掛かるので、Officeを永久に使いたい方はダウンロード版を選ぶとよいでしょう。