Office 365 と パッケージ版 Office 2016 の課金方法の違いや価格比較

高額のOffice 2016をOffice 365サブスクリプション版で手軽な値段で使える方法と格安価格で購入する情報を載せています。

MacにWindows 10を入れる方法は?Boot Campを利用する!

Boot Camp を使ってMacWindows 10をインストールできます。Macマシン1台でMac OSWindows OSも使えます。PCの購入にあたりMacWindows の選びに悩んでいる方は参考にしてください。

windows10

画像

目次

Boot Camp とは

Boot Camp とは、Mac 付属のユーティリティです。MacWindows をインストールして、macOSWindows を切り替えて使える便利な機能です。

Boot Camp

Boot Camp 画像

MacWindows 10をインストールするに必要なもの

MacWindows 10をインストールするには以下のものを準備します。

 

Windows 10 ライセンスについては、Windows 10 Pro のパッケージ版を購入すると2万円以上します。 そのため、パッケージ版と比べかなり価格が安く入手できる製品をお勧めします。Windows 10 Pro のDSP版かOEM版を安く入手が可能です。 こちらもWindowsの正規ライセンスです。特にパソコンを自分で組み立てるユーザーに、このWindows 10 Proのライセンスが良く使用されています。

非常に安価なので、おすすめです。詳細はこちらをご覧ください。

BootCampを使って Mac に Windows10 をインストールする

BootCampを使って Mac に Windows10 をインストールする手順を大きく分けると以下の3つの手順で行います。

  • Windows 10用の「メディア作成ツール」をダウンロードする
  • MacBoot Campアシスタントを使った設定
  • Windows 10のインストール

Windows 10の「メディア作成ツール」を入手する

マイクロソフトのWEBサイトから、Windows 10用の「メディア作成ツール」をダウンロードします。

Windows 10 のダウンロード

Windows 10の「メディア作成ツール」を入手するには、Windows10 ISO(ディスクイメージ)を使用する方法とWindows10セットアップファイルを使用する方法の2種類があります。それぞれの作成方法を紹介します。

Windows10 ISO(ディスクイメージ)を使用する方法

ISOファイルやDVD-Rを作成したい場合はこれを選択します。

手順①

マイクロソフトの「Windows 10 のダウンロード」から、メディア作成ツールをダウンロードします。

f:id:officekun:20181129155940p:plain

Windows 10

手順②

ダウンロードしたメディア作成ツール(MediaCreationTool.exe)を起動します。規約を確認し、【同意する】をクリックします。

【同意する】をクリック

【同意する】をクリック

手順③

『他のPC用にインストールメディアを作る』を選択し、【次へ】をクリックします。

他のPC用にインストールメディアを作る

他のPC用にインストールメディアを作る

手順④

Boot Campで使用するWindows 10のバージョン等を選択し、【次へ】をクリックします。

Windows 10のバージョン等を選択

Windows 10のバージョン等を選択する

手順⑤

『ISOファイル』を選択し、【次へ】をクリックします。

『ISOファイル』を選択

『ISOファイル』を選択

手順⑥

ISOファイルの保存先を指定するダイアログが表示されるので、適当なフォルダ名とファイル名(拡張子は.ISOにすること)を指定し、【保存】をクリックします。

保存

保存

手順⑦

Windows 10のダウンロードとメディアの作成が開始されます。

Windows 10のダウンロードとメディアの作成が開始されます。

Windows 10のダウンロードとメディアの作成が開始されます。

手順⑧

この画面が表示されたら、【完了】をクリックします。

完了

完了

これでWindows10 ISO(ディスクイメージ)のダウンロードと作成が完了しました。

 

(3)作成したISOファイルのパス名。これをクリックすると、エクスプローラーでこの場所が開かれるので、仮想マシンにマウントするなどして利用する。
(4)ISOファイルをDVD-Rに書き込むにはこれをクリックする。するとWindows標準の「ISOBURN」という書き込み用コマンドのヘルプが表示される。その指示に従うか、あるいはISOファイルを右クリックしてポップアップメニューから[ディスクイメージの書き込み]をクリックして、DVD-Rに書き込むこと。

 

 

Windows10セットアップファイルを使用する方法

USBメモリを作成する場合はこれを選択します。

手順①

マイクロソフトの「Windows 10 のダウンロード」から、メディア作成ツールをダウンロードします。

f:id:officekun:20181129155940p:plain

Windows 10

手順②

ダウンロードしたメディア作成ツール(MediaCreationTool.exe)を起動します。規約を確認し、【同意する】をクリックします。

【同意する】をクリック

【同意する】をクリック

手順③

『他のPC用にインストールメディアを作る』を選択し、【次へ】をクリックします。

他のPC用にインストールメディアを作る

他のPC用にインストールメディアを作る

手順④

Boot Campで使用するWindows 10のバージョン等を選択し、【次へ】をクリックします。

Windows 10のバージョン等を選択

Windows 10のバージョン等を選択する

手順⑤

『USBフラッシュドライブ』を選択し、【次へ】をクリックします。

『USBフラッシュドライブ』を選択

『USBフラッシュドライブ』を選択

手順⑥

Windows 10のセットアップファイルを保存するUSBメモリを選択し、【次へ】をクリックします。

Windows 10のセットアップファイルを保存する

Windows 10のセットアップファイルを保存する

手順⑦

Windows 10のダウンロードとメディアの作成が開始されます。

Windows 10のダウンロードとメディアの作成が開始されます。

Windows 10のダウンロードとメディアの作成が開始されます。

手順⑧

上の画面が表示されたら、【完了】を押します。クリーンナップが実行され、ツールの終了後USBメモリを取り外します。

【完了】

【完了】

MacBoot Campアシスタントを使った設定方法

手順①

Windows 10のセットアップファイルを保存した USBメモリMac に接続しておきます。 「Finder」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」を開きます。

「ユーティリティ」を開きます。

「ユーティリティ」を開きます。

手順②

Boot Campアシスタントをダブルクリックします。

Boot Campアシスタントをダブルクリック

Boot Campアシスタントをダブルクリック

手順③

Boot Camp アシスタント」画面が表示されたら【続ける】をクリックします。

【続ける】をクリック

【続ける】をクリック

手順④

実行したい作業の選択画面で、『最新のWindowsサポートソフトウェアをAppleからダウンロード』『Windows 7またはそれ以降のバージョンをインストール』にチェックをし、【続ける】をクリックします。

【続ける】をクリック

【続ける】をクリック

手順⑤

サポートソフトウェアの保存先ディスクがUSBメモリになっていることを確認し、【続ける】をクリックします。

【続ける】をクリック

【続ける】をクリック

手順⑥

サポートソフトウェアのダウンロードと保存が開始されます。

保存が開始

保存が開始

手順⑦

Windows用のパーティションを作成します。Windows 10を使用する領域のサイズを設定し、【インストール】をクリックします。

【インストール】をクリック

【インストール】をクリック

手順⑧

パーティション作成後、Windowsのインストールが開始されます。

Windowsのインストールが開始

Windowsのインストールが開始

注意

Boot Camp アシスタントが新しいヘルパーツールを追加しようとしています。」と表示されますが、「パスワード」を入力して、「ヘルパーを追加」をクリックします。

「パスワード」を入力

「パスワード」を入力

Windows 10のインストール方法

手順①

下記画面になりましたら各項目を確認の上、変更項目がなければそのまま[次へ(N)]をクリックします。

インストール言語の選択

インストール言語の選択

手順②

[プロダクトキーがありません]をクリックします。プロダクトキーを持っていても、ここに入れないでください。Windows 10のインストールは完了後にライセンス認証を行います。

[プロダクトキーがありません]をクリック

[プロダクトキーがありません]をクリック

手順③

インストールするOSが選択されていることを確認し、【次へ】をクリックします。

【次へ】をクリック

【次へ】をクリック

手順④

『同意します』にチェックを入れ、【次へ】をクリックします。

[同意します(A)]にチェックを入れて[次へ(N)]をクリック

[同意します(A)]にチェックを入れて[次へ(N)]をクリック

手順⑤

「BOOTCAMP」と表示されたパーティションを選択し、【フォーマット】をクリックします。データ消去の注意を促す画面が表示されたら、【OK】をクリックします。

フォーマットが完了し、手順⑤で選択したパーティションから『BOOTCAMP』の表示が消えたら、【次へ】をクリックすると、Windows 10のインストールが開始されます。

【OK】をクリック

【OK】をクリック

手順⑥

「簡単設定を使う」をクリックします。

「簡単設定を使う」をクリックします。

「簡単設定を使う」をクリックします。

手順⑦

しばらくするとWidonws10 のデスクトップ画面が表示されますが、「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリック

「次へ」をクリック

手順⑧

『使用許諾に同意します』を選択し、【インストール】をクリックします。その後インストールが開始されます。

「インストール」をクリック

「インストール」をクリック

手順⑨

インストールが完了したら、【完了】をクリックして終了します。

「完了」をクリックします。

「完了」をクリックします。

これで Mac に Windows10 をインストールしました。次に、Windows10 のライセンス認証をするだけです。

Windows10 ライセンス認証する手順は 「設定」⇨「更新とセキュリティ」⇨「ライセンス認証」と進め、プロダクトキーを入力しライセンス認証を行います。

 Windows10

Windows10

最後に

MacにBootCampを使ってWindows 10をインストールする方法を紹介しました。こちらは、安いため、Windows 10のOEM版を利用しました。問題なくライセンス認証もできました。 Windows 10ファイルのダウンロードも二つの種類がありますので自分の好きな方法を選んでください。